【ハイキュー!!】303話のネタバレで烏野高校ついにセットポイントへ!!

スポンサーリンク

 

ハイキュー!!303話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回のハイキュー!!では烏野高校と音駒高校の第一セットの終盤となり、攻撃的な烏野の攻撃を防御的な音駒が対応してきたところで終わりました。

東峰の強烈なスパイクも触り始めた音駒高校ですが、果たしてどちらがポイントを取るのでしょうか。

「ハイキュー!!303話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ハイキュー!!303話のネタバレの要点まとめ

「ハイキュー!!303話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

続くラリー!!

前回の続きにより今回のハイキューは、東峰の強烈なスパイクをブロックアウトにさせないように、少しだけ下がっていた山本がボールを拾ったところから始まります。

実況

「ブロックアウトかと思われたボール 音駒届いているー!!!」

「やー今烏野のブロックアウトを察知してましたね音駒!」

「古館春一「ハイキュー」第303話より引用」

この実況に解説を聞いて、自分も思っていた事をズバリ言ったことにテンションの上がる観戦者の天童。

音駒高校はボールが上がったので反撃に移ります。

福永がスパイクを打ち込みますが、烏野高校もタダで通さないようにと3人でブロックを作ってスパイクを触ります。

ワンタッチによって威力の弱まったボールを澤村がギリギリで拾い、セッターである影山につなぎます。

 

影山はもう一度、東峰にボールを上げました。

実況

「烏野レフトからもう一度東峰」

「古館春一「ハイキュー」第303話より引用」

音駒高校は烏野の強烈な攻撃の前にも、「来い!!」と臨戦態勢で待ちます。

 

東峰は緊張をしながらも、ジャンプしてボールを打つ姿勢になります。

そして、その時に白鳥沢と戦った時を思い出して、「強力なスパイクには相手が下がるのは当然の戦略だ」と判断します。

・・・が、だからこそ今度は、「前が空く」と読み前に落とし込みました。


「古館春一「ハイキュー」第303話より引用」

実況

「身構える音駒を見越したかのようなプッシュ」

「しかしそれさえ逃さない音駒―!!!」

「続くラリー!攻撃力が売りの烏野決める事ができない!!」

 

音駒高校もいきなりのフェイントに焦りますが、それでもしっかりと対応してボールをつなぎます。

 

音駒高校は東峰のフェイントを拾い、さらに反撃を試みます。

しかし、音駒高校のスパイクは、影山が正面で受け取り、何とかつなぐことに成功した烏野!!

 

田中が東峰に上げて、東峰が3度目のスパイクを打つことになりました。

実況

「烏野は三度!エース東峰へ託す!!」

「古館春一「ハイキュー」第303話より引用」

 

烏野高校セットポイントへ

田中から上がったボールを東峰は十分な助走距離をつけながら、どうした方がいいか必死で考えます。

それに対して、音駒高校も何度でも拾ってやるとばかりにしっかりと身構えます。

 

東峰は考えた結果、思いっきりスパイクを打ち込みましたが音駒高校はブロック!!


「古館春一「ハイキュー」第303話より引用」

しかし、「吸い込み」というボールがブロッカーとネットの間に入り込む状態になり、烏野高校にポイントが入りました。

 

実況

「長い長いラリーを制したのは烏野―!!」

「いやー最後体勢を崩しながらもよく打ちましたねー!決して打ち易いボールではなかったんですけどねー!」

「古館春一「ハイキュー」第303話より引用」

長いラリーでポイントを取られた音駒高校は、少なからずショックを受けます。

 

ですが、それを怒りに変えて、キャプテンである黒尾は叫びます。

黒尾

「ヤツラには「もう少し危なげ無い道を選ぶ」という選択は無えのかね!?」

「古館春一「ハイキュー」第303話より引用」

 

烏野陣営はポイントを決めた東峰にキャプテンの澤村が近づきます。

すると、東峰が今のラリーでの心境を語りました。

東峰

「・・・2本目は強打できたボールだった」

「フェイントが間違いだったとは思わないけど、いつも通り打ったら拾われる気がしてビビったのは確かだ」

「古館春一「ハイキュー」第303話より引用」

そして、これで烏野高校は25点、音駒高校は24点となりました。

先ほどはデュースであったために2点差が付くまではやることになるので、もう1ポイント烏野高校が取ればこの第一セットは烏野高校がとることになります。

こうして今回のハイキュー!!が終了します。

スポンサーリンク

 

ハイキュー!!303話のネタバレの考察

ハイキュー!!303話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

進化する烏野高校メンバー達

今回のハイキュー!!では、ほとんどの攻撃をエースである東峰が打っていました。

以前、東峰は伊達工業高校との試合で、徹底的にスパイクをブロックされてから、スパイクを打つのが怖くなってしまい、部活に顔を出さなくなってしまうこともありました。

また、元々気の弱い性格でもあるので、試合の前は緊張してしまうことも多かったキャラクターです。

しかし、今回は音駒高校のメンバーにいくらブロックをされようとも拾われようとも、めげることなくスパイクを打ち続けました。

 

また、白鳥沢高校という強敵と戦った経験を活かして、相手が自分のスパイクに対して一歩下がるという行動を見て、瞬時に前にボールを落とすなどの機転の良さも見せています。

今回は残念ながらフェイントは拾われていますが、以前よりも攻撃のバリエーションが増えているので、かなり進化していると言えます。

 

次回はどうなるのか

今回のハイキュー!!では長かったラリーを烏野高校が制したことで25点となって、セットポイントまで迫っています。

次のポイントを取れば、重要な第一セットを烏野高校が取ることができますが、果たして簡単に取ることができるのでしょうか。

音駒高校は、烏野高校の柔軟な攻撃にも対応し始めており、瞬時に対抗策を打ち立ててきます。

なので、このまますんなりと烏野高校にセットを渡すとは考えづらく、もう何点かはデュースになって試合が続くのではないでしょうか。

流れからして、烏野高校が第一セットを取ることは間違いないと思いますが、最後の決定打が誰になるのかは未だ謎です。

さらに、ここ数話では1話で1ポイントから2ポイントくらいしか入っていないので、第1セットが終わるまでにあと数話はかかるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

ハイキュー!!303話ネタバレのまとめ

今回はハイキュー!!の303話のネタバレ記事について紹介しました。

第一セットも佳境に迫ってきてはいますが、未だ均衡を保ったままで緊張感は高まるばかりです。

個人的には因縁の対決ですし、現在補欠であるセッターの菅原にも流れを変える場面などで出て活躍するのを期待しています。

次回ハイキュー304話に注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です