323-324『ハイキュー!!』ネタバレ考察【最新話】ついにゴミ捨て場の戦いクライマックス!?叫ぶ研磨!!画バレ解説

スポンサーリンク

『ハイキュー!!』323話「ラストバトル」のネタバレ考察&最新話324話の展開予想です。

以下ネタバレ&画バレありの考察と感想なので、未読の方はご注意ください。

なお、ハイキュー323話をまだ読んでいないあなたはこちらからご覧いただけます。

スポンサーリンク

『ハイキュー』323話ネタバレ考察

まずは、ハイキュー!!323話「ラストバトル」のネタバレ考察をしていきましょう。

なお、ハイキュー323話のネタバレはこちらでご覧いただけます。

>>ハイキュー323話ネタバレはこちら

烏野高校は加速している!?


「古館春一「ハイキュー!!」第323話より引用」

今回のハイキュー!! 323話「ラストバトル」では、烏野高校と音駒高校による試合の第3セットの終盤が描かれていました。

その中で烏野高校が攻撃するにあたって、音駒高校の山本の妹が、烏野高校が加速していると言っています。

これはテンポ的なものから攻撃スピード、精神的なものも含めて加速していると言う意味だと思われます。

というのも、烏野高校は昔から攻撃に特化した高校でした。

その中で攻める事を特に重要視していることからも、当たり前のことと言えば当たり前のことでもあります。

しかし、全国大会の大会であり、相手は宿敵の音駒高校。

ゼッタイに勝ちたいと言う気持ちもあることからも気持ちが急いて、攻撃のテンポが加速しているのは仕方が無い事でもあります。

加速していると良いことのようにも感じられます。

ですが、音駒高校の第1セットでは攻める気持ちが強すぎるあまりに不意をつかれて、音駒高校のセッターである研磨に裏を突かれて、セットを取られています。

なので、攻めるだけでは良くないということもあることから、烏野高校が加速していることで再びピンチに陥る可能性もあるでしょう。

特に日向は攻め急ぎがちなことからも最後の最後で敵に捕まる可能性もなくはないのではないでしょうか。

研磨の真意とは!?

今回のハイキューでは音駒高校が2回目のテクニカルタイムアウトを取っています。

その際に研磨は、疲れ切った自分をゲームの中の勇者と重ねて共感しています。

そして、瀕死になりかけている勇者や、すでに死んでいる勇者を生き返らせる時には「ごめんね」と思うようにすると笑いながらも言っています。

これは自分がまさしくその状態であり、もう戦えないようなキツイ状態であるということを意味しているのは確実でしょう。

また、試合の中で研磨は日向が思っていることを予想しています。

その予想とは自分が倒そうとしているのにもかかわらず、まだ倒れないでと願っているということです。

研磨は人見知りであることから、人の目を気にする分、人間観察に優れています。

そして、だからこそ相手の気持ちを深く読み取ることができます。

つまり、研磨が予想した日向の気持ちというのは概ね当たっていて、研磨も日向も相手を倒したい反面、まだ試合をしたい。

まだ戦っていたいと願っていることがわかります。

しかし、だからといって、手を抜くということは絶対にありえず、お互いの体力が尽きずに最後の最後まで全力の試合をしたいと望んでいるということでもあるでしょう。

研磨が怒ったことで他のメンバーに大きな影響を与えている!?


「古館春一「ハイキュー!!」第323話より引用」

今回のハイキュー!!323話「ラストバトル」の終盤で研磨は叫んでいます。

それは自分がとっさにブロックに向かい、リエーフと体がぶつかったことで吹き飛んだ際にリエーフがボールではなく、研磨を心配したからです。

研磨はボールを見るように注意します。

また、まだボールが落ちていないということを普段では絶対に見せない大声を出して叫んでいます。

このことから、研磨はボールが烏野高校の死角に飛んだとしても、烏野高校はまだ何かをしでかすと踏んでいるということがわかります。

また、実際に烏野高校のメンバーであれば、どのような状況でも諦めることなく、ボールに飛び込んでいくと思われます。

なので、ここからまだラリーが続く可能性は十分にあり、油断していると一気に音駒高校が敗けてしまうということを思わせています。

普段怒鳴らない研磨が怒鳴ったことで音駒高校のメンバーは今まで以上に気が引き締まっていることからも、ここから名プレー、好プレーが連発する可能性も高いでしょう。

スポンサーリンク

『ハイキュー!!』324話 展開 予想

ここまではハイキュー!!の323話の内容から様々な観点を考察してきました。

では、気になる次回の324話のハイキュー!!は、どのような展開になるのでしょうか。

あくまで予想ですが、見ていきましょう。

次回で烏野高校が勝利する!?

今回のハイキュー!!ですでに烏野高校はマッチポイントを迎えており、24点です。

そして、その一方で音駒高校はまだ21点と3点もの差が開いています。

普通に考えれば1点でも失えば試合終了という状況の中で、ガンガン攻めるというのはプレッシャーも大きくできないものです。

また、烏野高校の攻撃力に劣る音駒高校が一気に3ポイント連取するのは難しいでしょう。

そのため、次回の1ポイントで烏野高校が勝利する可能性は高いと言えます。

ですが、それではあまりにも普通という考えもあります。

普通は3点連取することが出来ない状況だからこそ、体力の少ない研磨の叫びによって他のメンバーが連携してポイントを奪っていくと言う展開も熱くて盛り上がると思います。

なので、逆転かデュースなどの再び均衡する試合展開か、一気に決まる可能性が多いのではないでしょうか。

研磨の体力が持たない!?


「古館春一「ハイキュー!!」第323話より引用」

前回のハイキューでは日向のロングプッシュを取れなかった研磨が「たーのしー」と言いながら倒れる描写がありました。

それ以降も体力が限界のようなことを匂わす言葉を研磨は言っています。

もちろん、他の選手も体力はピークを迎えていて、疲労度はマックスです。

しかし、体力的には研磨が一番少ないと思われることと、研磨は序盤からギアを上げて試合を作ってきています。

このことからギリギリになって倒れてしまうということもあるのではないでしょうか。

最後の最後で集中力と体力が全て切れ、意外とあっけなく終わってしまうという展開も研磨らしいと言えば研磨らしいでしょう。

最後のポイントは日向で終わるのか!?

音駒高校と烏野高校はライバル校だけに因縁の関係のキャラクターは非常にたくさんいます。

日向と研磨、山本と田中、月島と、黒尾などポジションなどによっても様々です。

しかし、中でも日向はリエーフや研磨など多くのキャラクターとライバル心があり、主人公ということもあって最後にスーパープレイで決める可能性が高いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)