【ハイキュー!!】330話「エースのさだめ」ネタバレ!圧倒する貉坂高校エース!!

スポンサーリンク

2018年12月10日発売の「週刊少年ジャンプ2号」の古館春一『ハイキュー!!』330話「エースのさだめ」のネタバレです。

「ハイキュー!!第330話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

以下ネタバレありの考察と感想なので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

 

 

ハイキュー330話ネタバレの要点まとめ

ハイキュー329話のあらすじ

前回のハイキュー!!では、貉坂高校と梟谷高校の試合が始まりました。

序盤からエースである桐生を上手く使ってポイントを稼ぐ貉坂高校は、赤葦の考えが裏目に出てしまい防戦一方です。

そして、貉坂高校はリードを広げます。

そして、前回のハイキュー!!329話では、貉坂高校のエースである桐生の過去が描かれました。

桐生は中学時代から注目されていた全国的な選手であり、スパイクに関しては牛若もトップクラスでしたが、総合的に見れば桐生の方が上でした。

しかし、エースだからこそ牛若も桐生も対戦するたびに多くのブロッカーにマークされてしまいポイントを取れなくなっていました。

それに対して、工夫を凝らしてポイントを稼ぐ牛若。

一方の桐生はブロックされるのが怖くなってしまい、スパイクを打つことを辞めてしまいました。

その後、チームメイトに桐生だけに頼りすぎていたと謝られてしまいます。

そこから桐生は、どんなボールでも打つことを近い、フィジカルトレーニングに力を入れるようになっています。

桐生の強さが高いジャンプ力をパワーさらに、どんなボールも打つ器用さであることが前回でわかっています。

ストーリーは試合に戻り、桐生は再び力強いスパイクを打ち込みます。

それに対してなんとかレシーブを返そうとする梟谷高校のエースである木兎。

しかし、木兎はポジション取りを間違え、前に出すぎてしまいます。

そこで、胸でスパイクを受けて何とかレシーブしたところで前回のハイキュー!!は終了しました。

>>ハイキュー329話ネタバレはこちらから

 

狙われる木兎

今回の330話のハイキュー!!は、前回に引き続き木兎が胸で桐生のスパイクを受けたところから始まります。

トリッキーなレシーブに観客や相手も驚きます。

その流れで梟谷高校が打ち返し、ポイントを奪います。

現在貉坂高校が11ポイントで梟谷高校が10点です。

今の木兎のレシーブに対して烏野高校側もアップを済ませたメンバーは、観戦しながらも尊敬します。

しかし、流れをすぐに断ち切ろうと貉坂高校も黙っていません。

再び桐生の凄まじいスパイクでポイントを奪って流れを再び貉坂高校に引き寄せます。

実況

「相手を黙らせる様な一発 桐生八(きりゅうわかつ)」

「古館春一「ハイキュー」第330話より引用」

貉坂高校がポイントを取った後、サーブが変わり、桐生からのサーブになります。

桐生は強烈な高速サーブを木兎のいるストレートに狙ってサービスエースを奪います。

サービスエースが出たことで会場は一気に盛り上がり、貉坂高校は勢い始めます。

再び桐生からのサーブとなり、桐生はトスを上げながらあることを思います。

桐生

「他人の評価を気にしたり他人と自分を比べたり そげな雑念この世に有る事すら知らんようにバレーボールを ただバレーボールをしにくる牛島にも木兎にも負けてたまるか」

「古館春一「ハイキュー」第330話より引用」

再び強烈なサーブを打つも、今度は木兎もレシーブを受けます。

しかし、取りきれずに弾いてしまい再びサービスエース。

あっという間に4点差にまで広がってしまいました。

対木兎シフト

狙われ続ける木兎の姿を見て、観客席で見ていた仲の良い音駒高校のキャプテンである黒尾は、応援します。

また、エースだからこそ多くのブロッカーに真っ向勝負しなければならず、なおかつサーブでも狙われるプレッシャーがあることを考えます。


「古館春一「ハイキュー」第330話より引用」

貉坂高校が14点、梟谷高校が11点の場面で木兎にチャンスボールが上がります。

木兎は助走をつけて高く飛び込みストレートにスパイクを打ち込みました。

しかし、それを読んでいたように貉坂高校はブロックが立ちはだかって、ポイントを奪います。

実況

「こぉこで貉坂にブロックポイント―!!」

「ストレートに手が出てましたねー」

「”貉坂ツインタワー”の一人ミドルブロッカー雲南恵介」

「古館春一「ハイキュー」第330話より引用」

ブロックポイントを奪われた木兎を見て、音駒高校のセッターである研磨が黒尾に貉坂高校はストレート対策をしていることを指摘します。

それに対して、黒尾も同意見で木兎様に変えてあると推測し、ストレートだけでなく中に打たせるための誘導でもあると話します。

その証拠に木兎は、今度はインナーコースに打ち分けても、しっかりとリベロがいるような配置になっていました。

こうして貉坂高校が17点となり、5点ものリードを広げます。

再びサーブは臼利から始まり、コースをついたサーブを的確に打ち込みます。

それに対して梟谷高校は、何とかリターンしてセッターの赤葦にボールが渡ります。

そして、ツーアタックをしようとした瞬間。


「古館春一「ハイキュー」第330話より引用」

臼利が「ツー」と叫び、ツーアタックを完全に見破られてしまいました。

こうして、さらにポイントが開き、赤葦が不調であるような雰囲気を匂わせたところで今回のハイキュー!!は終わります。

>>ハイキュー330話ネタバレ考察&最新話331話展開予想はこちらから

スポンサーリンク

 

ハイキュー!!第330話ネタバレまとめ

今回は、ハイキュー!!の330話のネタバレ記事を紹介しました。

貉坂高校と梟谷高校の試合は白熱するも、徐々にリードされていっている梟谷高校。

このまま果たして梟谷高校は負けてしまうのでしょうか。

音駒高校や烏野高校と仲の良い学校だけに負けて欲しくはないと考える人も多いと思いますが、まだどちらの可能性もあることからも見逃せません。

また、桐生だけではなく、他の貉坂高校のメンバーも頭角を現してきています。

背の高いツインタワーと呼ばれる貉坂高校のミドルブロッカーに何今回の試合の鍵を握っていそうな雰囲気を持つセッター臼利。

もちろんエースは強力な桐生であることからも、まだ貉坂高校の押せ押せムードは続くかもしれません。

赤葦の不調はいつまで続いてしまうのか、この逆境を木兎はどのように乗り越えるかなどが今後の注目すべきポイントと言えるでしょう。

>>ハイキュー331話ネタバレはこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)