【ハンターハンター】371話のネタバレ!ヒソカ殺しに向けて幻影旅団始動!

スポンサーリンク

ハンターハンター371話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

久しぶりのハンターハンターの連載再開です。

「ハンターハンター371話のポイントを押さえてサクッと内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ハンターハンター371話のネタバレの要点まとめ

「ハンターハンター371話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

暗殺者を探すクラピカ

従者を殺した念能力の持ち主を探し出ために、クラピカは容疑者にあたっていくところから始まります。

 

第3王子私設兵のサカタは、第6王妃を提訴して拘束することを要請しますが、最高裁判官のクレアパトロによって却下されます。

最高裁判官クレアパトロ

「状況証拠は意図的な偽造が容易であり、王族特権の保護規定を超えない」

「1010号居住区に捜査官を派遣し72時間の監視聴取を実行する以上」

「冨樫義博「ハンターハンター」第371話より引用」

 

そのころ、クラピカは1014号室にて、今後の展開について話し合います。

そして、安全を守るために武器を渡すように要求されますが、最初から武器は渡さない条件だったこともあり、このまま続けるかどうかは各々の判断になりました。

クラピカは、その後も王妃を連れて事情聴取を続けます。

そして、クラピカは食事の用意している女性にいくつか質問をしますが、その女性もシロだということがわかります。

 

クラピカは、念獣の持ち主が第14王子という可能性も指摘しますが、タイプが違うことから完全否定します。

クラピカ

「王子達の念獣は全て儀式によって生まれた寄生型で普通の人間には視えない」

「対象者に憑依している霊みたいなイメージだ」

「一方今回の念獣はその場にいた全員が目撃している」

「具現化・・・つまり通常の物質の様なもので普通の人間にも視えている。」

「冨樫義博「ハンターハンター」第371話より引用」

 

そして、話していくにつれてクラピカは、継承戦から誰かひとりでも離脱した瞬間から、制約と誓約が崩れて全員の念獣が消える可能性に気づきます。

 

クラピカの念の講習

王子達の命令により棄権者はいなかったため、クラピカの念の講習が始まります。

クラピカ

「ここからの講習は基本的にグループ単位で行うことになる」

「祈り型は目を閉じて水をすくうイメージで、握手型は輪になって時計回りにオーラを流していくイメージで、片手主導型は空中で綿菓子を作るイメージで」

「冨樫義博「ハンターハンター」第371話より引用」

と各自、自分の手のつなぎ方によって、タイプを見分けて教えていくことになります。

 

幻影旅団登場

そのころ5層の大食堂連絡通路では、ブオール一家というものが食堂までいく道を封鎖しています。

食料を高値でぼったくろうとしているブオール一家のところにフェイタンやノブナガ、フィンクスなどの幻影旅団四人が現れます。

「冨樫義博「ハンターハンター」第371話より引用」

 

すぐにブオール一家を懲らしめたノブナガ達は、今の状況をブオール一家に話させて戦況を分析します。

ブオール一家

「新大陸での縄張りを決めるため、カキン系の3大マフィアがこの船に乗り込んでいやす」

「それぞれが王子と独自のパイプを持っていて、組長連中は1層のVIP待遇、下層の兵隊は上陸までの間いかに敵の戦力を削るか画策中って状態でやす」

「冨樫義博「ハンターハンター」第371話より引用」

 

状況を把握した時点で、ノブナガ達は上との連絡手段を取るために、なにやら計画の準備をするようです。

フェイタン

「身長が190以上あるヤツ見つけて、全員の部屋番控えて教えろ 今からそれがお前らの任務だ」

「冨樫義博「ハンターハンター」第371話より引用」

そして、また別の船内にてクロロとマチが対面します。

シャルナークとコルトピを殺したヒソカを殺すために少しもめますが、団長のクロロも、ヒソカは自分で殺したいと思っていることから、早い者勝ちでヒソカを狙いに来ることに決まりました。

スポンサーリンク

 

ハンターハンター371話のネタバレの考察

ハンターハンター371話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

クラピカは念能力の持ち主を発見できるのか

今回のハンターハンター371話では、クラピカがバリゲンを殺害した犯人を見つけるために事情聴取してまわります。

確実に今回のバリゲン殺害の犯人は、王子達ではないことはわかってはいますが、それ以外は全くの謎です。

しかし、側近や内部の者であることは間違いないと思われるので、クラピカの念能力の講習が進まることでより犯人はあぶりだされていくのではないでしょうか。

間違いなく暗黒大陸につくまでには、数人の犠牲は出るとしても、犯人が絞られてくることでしょう。

 

幻影旅団のたくらみとは

幻影旅団のノブナガ、フィンクス、フェイタン、フランクリンは達は、上との連絡を取るために食堂で計画を練ります。

そして、フィンクスがブオール一家に与えた命令は、身長が190センチ以上の人間の部屋を覚えて報告することです。

フェイタンたちがその人物になりすまして、内部に潜入するという作戦も考えられますが、フィンクスは190センチも身長がなさそうなので、他の作戦か何かに使われるのではないでしょうか。

 

もしくは、クロロとの対戦で顔がボロボロになったヒソカを見つけ出すために、身長190センチ以上の者を狙っているのが一番大きい理由だと思われます。

クロロとマチの会話でもコインで決めるのではなく、みんな殺したがっていることから、見つけたものから殺していくことに決まりました。

なので、また幻影旅団とヒソカの対決が暗黒大陸に入るまでにあるのかもしれません。

さらに、階は違っても幻影旅団に復讐を誓っているクラピカもいることから、数人クラピカによって幻影旅団のメンバーが死ぬことになる可能性も捨てきれません。

 

ハンターハンター371話ネタバレのまとめ

今回は久しぶりに連載再開したハンターハンター371話のネタバレ記事を紹介しました。

非常に謎が多いままで、まだわかっていることも少ないですが、ヒソカと幻影旅団の対決。

さらには、クラピカの継承戦の護衛の行方が、当分の間重要なものになることは間違いないので目が離せません。

いつまで連載が続くかはまだわかりませんが、続く限りは毎回楽しみのひとつですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)