【ヒロアカ】182話ネタバレでA組の出し物でエリが笑顔に!

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア182話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回の181話では、ジェントルが自首をし、出久が何とかA組の出し物に間に合い、これからA組のステージが幕を開けます。

「僕のヒーローアカデミア182話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ヒロアカ182話ネタバレの要点まとめ

「僕のヒーローアカデミア182話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

A組の出し物スタート!

ジェントルとの戦いで怪我をした出久は、リカバリーガールに急いで治療してもらってからステージへと上がりました。

A組のステージを見に来た他科や2、3年生の中には、A組に不満を向けている者も存在します。

バンドやダンスを上手にやっただけでは、結局彼らの自己満足に過ぎない……。

そんな冷たい目で見る客もいる中、幕が上がります。

 

まずは爆豪の爆破でド派手にスタートし、エリのためにと作った青山と出久の見せ場がやってきます。

ふたりでダンスを披露し、出久がレーザーを纏った青山をぶん投げ人間花火を見せ、出久は舞台裏へと引っ込みます。

轟の氷と瀬呂のテープ、峰田のもぎもぎが会場中に伸ばされ、梅雨の舌で客席まで飛んだお茶子が客とハイタッチをすることで客を氷まで浮かせます。

ダンス隊も空中に伸ばされた氷の上でダンスを披露したり、上鳴も空中でギターを披露したりと会場全体が大きな盛り上がりを見せます。

ステージ上で歌う耳郎が思い出すのは、音楽家の父と母に、音楽ではなくヒーローの道に進みたいと告白したときのことです。

 

そのとき父は「好きにやっていい」、母は「自分の仕事で他人に何をもたらせるかという意味では、ヒーローも音楽も一緒」だと言っていました。

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」182話より引用)

思いっきり好きに歌いベースを奏でる耳郎に、A組を白い目で見ていた生徒も盛り上がります。

 

エリの笑顔!

そして、エリも……。

ミリオ

「(見えるかい 緑谷くん!!サー・ナイトアイ!!)」

エリ

「わあぁ!!」

エリ・ミリオ

「わあぁあ!!」

ミリオ

「(笑ったよ 笑ったよ!!)」

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」182話より引用)

スポンサーリンク

 

ヒロアカ182話の考察

僕のヒーローアカデミア182話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

耳郎の変化

今回ベースとしてライブ全体を引っ張っていた耳郎。

182話は彼女の「オリジン」とも呼べる回でしたね。

音楽家の両親のもとに生まれ、音楽を好いていたものの、ヒーローを目指すことに決めた耳郎。

ヒーローを目指すと決めたときは両親に対して申し訳なく思っていたり、自分の趣味である音楽がヒーロー活動に生かせないことを恥じていたりもしました。

 

しかし、今回のライブでヒーローも音楽も諦めなくていい、本質は同じなのだと気づいたのでしょう。

生き生きとアドリブまで加えて、自分が好きでやっていることで他人を楽しませる彼女はヒーローであり音楽家です。

恐らくこれから、耳郎はヒーローを目指しながらも、そこに音楽を積極的に取り入れていくことでしょう。

プレゼント・マイクだってラジオのDJをやりながらヒーローをやっていますし、好きなことをして人を楽しませながら、ヒーローとして人を救う道はいくらでもあります。

耳郎の原点と成長が見えた182話でした。

 

他科の反応は?

今回無事に大盛り上がりを見せたA組の出し物。

自己満足では終わらず、観客をめいっぱい楽しませることを考えた演出でした。

その甲斐あって、当初は冷やかし半分で見に来ていた他科の生徒たちも、刺々しい態度ではなく純粋に楽しんでくれていたようです。

爆豪の「音で殺る」が実現できた形ですね。

相澤も心配していたようですし、これを機に、A組、またはヒーロー科への不満が少しでも改善されるといいのですが……。

 

エリの今後

今回、A組の出し物を楽しみ、笑うことができたエリ。

笑い方が分からないと言っていた彼女が自然に笑うことができたのは、間違いなく出久を始めA組のおかげです。

音楽で、演出で、気持ちでエリを笑顔にした彼らは、将来有望なヒーローですね。

危険な「個性」があるため、普通の女の子のように暮らすのには時間がかかるかもしれませんが、182話で治崎の呪縛から解き放たれたエリは、これからも色んなことで笑えるようになるでしょう。

 

この後エリとミリオは、B組の劇やミスコンも見に行くようなので、そこでも驚きや楽しさといった様々な表情を見せてくれることでしょう。

B組の劇とミスコンの間にはお昼休みが挟まるようなので、A組のライブやB組の劇の感想を笑顔交じりで出久に話すエリが見られるかもしれません。

エリの笑顔こそ、A組の出し物が大成功した証ですね。

 

B組の劇は?

A組の出し物が終われば、次はB組の劇が始まるようです。

準備期間中、物間が自信たっぷりに今度こそA組に勝つと意気込んでいましたから、かなりのクオリティが予想されます。

 

B組の劇は、「ロミオとジュリエットとアズカバンの囚人~王の帰還~」。

どこかで聞いたタイトルがこれでもかと盛り込まれていますが、物間によると完全オリジナル脚本であり、超スペクタクルな劇となっているそうです。

正直スペクタクルで今回のA組に勝てるとは思えませんが……。

 

しかし、A組と同じように、「個性」をふんだんに使った劇となっているでしょうから、今まであまり出てこなかったB組の生徒の「個性」がたくさん見られるのかもしれません。

物間が主人公、拳藤が不在ということでやや不安が残りますが、こちらもかなり楽しみですね。
 

スポンサーリンク

 

ヒロアカ182話ネタバレのまとめ

僕のヒーローアカデミア182話では、A組がド派手な演出で会場を沸かし、ライブは大いに盛り上がりました。

演出とライブの楽しさに、治崎に囚われていたエリも笑顔を見せます。

大成功したA組のライブですが、文化祭はまだまだこれから。

B組やミスコンが気になる次回も注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です