【ヒロアカ】184話ネタバレでエリが雄英に預けられる!エンデヴァーが名実ともにNo.1に!

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア184話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回183話では、エリやA組を始め雄英生の多くが楽しみ盛り上がった文化祭が終わりました。

「僕のヒーローアカデミア184話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ヒロアカ184話ネタバレの要点まとめ

「僕のヒーローアカデミア184話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

エリが雄英に預けられることに!

11月下旬、エリが雄英に預けられることになりました。

唯一血縁の八斎會組長が意識不明で寄る辺がなく、「個性」の放出口となっている角がまた少しずつ伸び始めていることから、強大な力を監督するため教師寮で見ることになったそうです。

相澤はもちろん、休学中のミリオが積極的にエリの面倒を見るようで、天喰はエリの心と体が安定することでミリオの「個性」が戻ることも期待しているようです。

 

プッシーキャッツが活動再開!

A組のもとに、プッシーキャッツの4人が訪れました。

洪汰くんも居り、出久と同じ赤色の靴を好んで買ってもらうくらい出久に心を開いているようです。

今回プッシーキャッツは復帰の挨拶に来ていました。

まだ「個性」が戻らないラグドールは、事務仕事で3人をサポートしていくようです。

タルタロスのオール・フォー・ワン曰はく、「個性」を使えばラグドールにも「個性」を返せるようですが、どんなどれだけの「個性」を秘めているか分からない今、何もさせないようにするしか彼を抑える方法は無く、ラグドールの「個性」も戻らないままです。

それなのになぜこのタイミングで彼女たちが復帰するかといえば、現役ヒーロー番付ヒーロービルボードチャートJP下半期において、プッシーキャッツは411位だったからです。

全く活動していなかったにも関わらず3桁台であり、支持率の項目が突出していたことから、彼女たちは待ってくれている人がいることを強く感じたのです。

 

ビルボートチャート発表!

神野以降初めてのビルボードチャート。

その結果がとうとう公に発表されました。

No.10:ドラグーンヒーロー・リューキュウ

No.9:具足ヒーロー・ヨロイムシャ

No.8:洗濯ヒーロー・ウォッシュ

No.7:シンリンカムイ

No.6:シールドヒーロー・クラスト

No.5:ラビットヒーロー・ミルコ

No.4:忍者ヒーロー・エッジショット

No.3:ファイバーヒーロー・ベストジーニスト

No.2:ウィングヒーロー・ホークス

「そして!!暫定の一位から今日改めて正真正銘No.1の座へ」

「長かった!!フレイムヒーローエンデヴァー!!」

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」184話より引用)

 

スポンサーリンク

ヒロアカ184話のネタバレ考察

僕のヒーローアカデミア184話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

ヒーロービルボートチャートJPのヒーローたち

今回発表されたヒーロービルボードチャートJPは、事件解決数、社会貢献度、国民の支持率などを集計して発表されるヒーロー番付です。

今回は初めてオールマイトが居ないビルボードチャートということで、注目度も高いようです。

 

ドラグーンヒーローリューキュウ

No.10のリューキュウは、ねじれ、お茶子、梅雨をインターンとして受け入れてくれたヒーローです。

「個性」で巨大なドラゴンに変身し、エリ救出作戦のときには、入り口の鉄砲玉たちを一手に引き受けていました。

 

具足ヒーローヨロイムシャ&洗濯ヒーローウォッシュ

No.9のヨロイムシャ、No.8のウォッシュは初登場のヒーローですね。

 

シンリンカムイ

No.7のシンリンカムイは、まだ若手ながら大活躍中のヒーロー。

第一話から登場しており、樹木という「個性」で住民の避難や敵の拘束などをすることができます。

神野区でも活躍していました。

ちなみにチームメイトのMt.レディも新人ながら23位にランクインしている実力者です。

 

シールドヒーロークラスト

No.6のクラストも初登場のヒーロー。

司会の「正統派」という言葉や、オールマイトの引退を惜しんでいる様子から、彼もオールマイトに憧れてヒーローとなった口なのかもしれません。

 

ラビットヒーローミルコ

No.5はミルコというヒーローで、こちらも初登場です。

 

忍者ヒーローエッジショット

No.4のエッジショットは、ミルコとは犬猿の仲の様子。

彼もまた神野区でオールマイトらとともに敵連合のアジトへと乗り込みました。

紙肢という「個性」によって、相手の体内に入り込みその自由を奪います。

 

ファイバーヒーローベストジーニスト

No.3はベストジーニスト。

爆豪の職場体験先であり、ファイバーマスターという「個性」で繊維を自在に操り、拘束や避難させることができます。

神野事件でオール・フォー・ワンに腹を抉られ現在長期活動休止中ですが、支持率今期No.1で一刻も早い復帰を望まれていることが分かります。

 

ウィングヒーローホークス


(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」184話より引用)

No.2はホークスというヒーローで、常闇のインターン受け入れ先だったようですが、姿を見せたのは初めてですね。

恐らく彼が、ずっと謎だった元No.3なのでしょう。

184話でも意味ありげに触れられていますから、今後活躍するのかもしれません。

 

フレイムヒーローエンデヴァー

そして第1位はエンデヴァー。

オールマイトを超えられず長年No.2でしたが、ようやくこの座に収まることができました。

とはいえ、神野事件直後は納得していなかったようですし、補講編ではオールマイトに相談もしていましたね。

あれからエンデヴァーは何を考え、自身のヒーローとしての姿勢をどうしていくのか……。

次回インタビューなどがあればその胸の内を聞くことができるかもしれませんね。

 

雄英はエリを守り切れるのか?

184話では、エリが雄英に預けられることが分かりました。

「抹消」の相澤が居ることから、暴走時については安心できますが、セキュリティ的には正直怪しいところです。

USJ、林間合宿とたびたび敵連合に狙われており、その原因と思われる内通者問題も解決していません。

かつて治崎がしていたように、エリの個性は悪用されるとかなり厄介です。

加えて、インターン編のトガの発言から、敵連合はあのときエリを狙っていたことが分かります。

雄英がもしも再び狙われ、かつ生徒だけでなく今度はエリまで連れ去られれば、失態という言葉ではとても済まないでしょう。

今度こそ雄英の信頼は地に落ちるはずです。

もちろんそのことを雄英が覚悟していないわけはありませんから、これからさらなる警備強化や内通者発見に努めていくのでしょうが……。

スポンサーリンク

 
 

ヒロアカ184話ネタバレのまとめ

僕のヒーローアカデミア184話では、エリが雄英に預けられることになりました。

また、神野事件後初めてのヒーロービルボートチャートが発表され、エンデヴァーが正真正銘No.1に輝きます。

果たしてこれからのヒーロー社会はどうなっていくのか、今後の展開にも注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)