【ヒロアカ】200話ネタバレ!八百万vs拳藤!?

スポンサーリンク

2018年10月1日発売の「週刊少年ジャンプ44号」の堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』200話「智将!!」のネタバレです。

「ヒロアカ200話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

以下ネタバレありの考察と感想なので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

ヒロアカ200話ネタバレの要点まとめ

 

ヒロアカ199話のあらすじ

ヒロアカ199話では、ホークスのもとでインターンを経験した常闇が黒影(ダークシャドウ)によって飛ぶ「黒の堕天使」を編み出し、B組からの刺客・黒色支配を出し抜きました。

さらにそこから、青山のネビルレーザーによって、影の形がめちゃくちゃになり、「黒に溶け込むことのできる」個性の黒色はほとんど無力化されてしまいます。

姿を現した黒色を、八百万・葉隠が捕らえようとしますが、その行く手を阻んだのは、八百万の鼻に生えたキノコでした。

光れば黒色を軸としたプランAは失敗、なれば次の手は、個性「キノコ」を持つ小森希乃子が仕掛けるプランB。

委員長・拳藤をブレーンに据えたB組チームのプランBとはいったいどのような策なのでしょうか…!?

【ヒロアカ199話の詳細はこちら】

 

小森の急襲!

八百万、そして透明になっている葉隠の体にポムポムと生えていくキノコたち。

彼女たちだけではなく、空中にいる常闇や青山の体にもキノコは生え、地上に至っては多種多様なキノコが配管も地面も覆い尽くしてしまいました。

これが小森希乃子の個性「キノコ」。

体から胞子を飛ばし、瞬時にありとあらゆる場所にキノコを生やします。

単体で見ればかわいらしい個性のようにも思えますが、地面を覆い尽くし、人の体にすら生えてしまうキノコはもはやグロテスクといえるでしょう。

このキノコは2~3時間ですべて消えるらしいですが、そうと分かっていても体にキノコを生やされたとしたらたまったものではありませんよね。

地面を覆うなど物理的効果はもちろんですが、精神的にも追い詰められそうな個性です。

ちなみに、このキノコの大量発生により、A組チームから逃げおおせた黒色は、黒いキノコに溶け込んでいました。

拳藤はA組チームが黒影で自分たちを探しにくることを予想し、黒色に黒影を操って誰か捕まえるよう指示を出していたのです。

黒色が失敗しても、光でもって居場所が分かり次第、拳藤たちがA組を包囲し畳みかけるのがプランB。

拳藤の実力はこれまであまり見る機会がありませんでしたが、鉄哲が太鼓判を押すだけあって先を読む力もリーダーシップも強いですね。

黒影の偵察に黒色への対策など、拳藤の予想通りですから、たしかにこれは「上手」といえます。

 

吹出が畳みかける!

八百万がチームメイトに呼びかける前に、次なる刺客が姿を現します。

B組・吹出漫我の個性は「コミック」。

オノマトペを具現化できる個性で、「ゴンッ」「ガンッ」「ズドッ」など、オノマトペが岩のようになってA組チームに襲い掛かります。

さらに吹出は「ジメジメ」というオノマトペを具現化し、湿気が多いほどキノコを増やせる小森をサポートします。

これもまたなかなか強烈な個性ですね。

文字の具現化だけでもかなり強いのに、「ジメジメ」という効果まで与えられるとは……。

遠距離攻撃も近距離攻撃も可能、弱点らしい弱点も特に思いつかない強個性です。

そんな個性攻撃によって、葉隠が若干ピンチに……。

前回の考察では、葉隠がキノコの天敵になりうるのでは?と予想しましたが、まったくの逆でしたね。

体にキノコを生やされた葉隠は、透明化という隠密性を失ってしまいました。

 

拳藤vs八百万!

オノマトペの壁によって、八百万だけがチームから分断されてしまいます。

そこに現れたのは拳藤。

とっさに創った八百万の盾を物ともせずに、個性「大拳」で八百万に迫ります。

ここまでなんとも鮮やかな拳藤の作戦。

B組チームは統率も取れていますし、畳みかけ方がうまいですね。

B組全体が堅実に力を蓄えてきたというのもうなずける話です。

しかし、相手の有利な状況に追い込まれた八百万は諦めていません。

八百万は、いまだ未熟者である自分を「上」だと言ってくれた拳藤に情けない姿は見せられないと感じていたのです。

一方、観戦している轟は、八百万を警戒しての分断なら見誤ったかもしれないと分析します。

「窮地からの組み立てこそ 八百万百の得意分野だ」

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」200話より引用)

轟は本当に八百万の実力を買ってますね。

たしかに、期末試験といい、林間合宿といい、窮地でこそ最善を推し量れる傾向にあった八百万。

その二度とも八百万に助けられている轟は、彼女の得意分野を本人以上に分かっているのでしょう。

しかし、この状況で八百万は何を創り出すのでしょうか?

こちらについては、ネタバレ考察&展開予想の記事で予想していきますね。

>> ヒロアカ200話のネタバレ考察&最新201話の展開予想

 

ヒロアカ200話ネタバレまとめ

僕のヒーローアカデミア200話では、小森の急襲、吹出によるサポート&八百万分断というB組の畳みかけにより、A組が追い詰められていきました。

これにより、八百万がチームメイトから切り離され、拳藤と一対一で戦うことになります。

一対一、パワーでは勝てない拳藤相手という圧倒的不利な状況の中で、それでも不敵にほほ笑む八百万は、いったい何を作り出すのでしょうか?

>> ヒロアカ201話のネタバレはこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)