【ブラッククローバー】154話のネタバレでアスタさらわれて大ピンチ!!

スポンサーリンク

ブラッククローバー154話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

「ブラッククローバー154話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ブラッククローバー154話のネタバレの要点まとめ

「ブラッククローバー154話のポイントを押さえてサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

捕まるアスタ

前回のブラッククローバーでは、アスタとゾラのコンビプレーにより、決死の戦闘をして殺されそうになっていたメレオレナを助けることにしました。

 

今回のブラッククローバーではメレオレナを救出して、逃げ出すところから始まります。

作戦が上手くいったことでテンションの高いアスタですが、ゾラは調子に乗っているアスタを冗談交じりに注意します。

 

そんな二人の後ろには、転生したライアがボロボロになりながらも追いかけてきます。

ライア

「オマエは逃がさねーよ」

「このままリヒトくんのとこに同行願おうか・・・!」

「田畠裕基「ブラッククローバー」第154話より引用」

 

突然のライアの登場に攻撃が間に合わないアスタとゾラ。

 

アスタはとっさの判断でメレオレナをゾラに託して、さらわれます。

アスタ

「オレも生きて絶対戻る!!だから先に帰っててくれ!!」

「田畠裕基「ブラッククローバー」第154話より引用」

「三人で生きて帰ると決意した」と宣言したアスタでしたが、あっさりと連れて行かれてしまいます。

 

ミモザのピンチ

その頃、リヒトやユノのいる場所ではミモザが磔にされており、クラウスやハモンは転生魔法によってエルフの人格が乗り移っています。

ユノも黙ったままで何もしないことから、エルフであるクラウスやハモンは「まだ自我がハッキリしていないのだろう」と予測します。

 

その時にライアによって、アスタも同じ場所に連れてこられました。

驚くミモザとミモザを助け出そうとするアスタ。

 

しかし、エルフに転生したクラウスが止めに入ります。

クラウス

「待て その咎人の末裔を降ろすことは許さん」

「田畠裕基「ブラッククローバー」第154話より引用」

 

クラウスの様子が違うことで、やっとアスタはクラウスとハモンが転生魔法によって変わっていることに気づきます。

 

そして、同じく後ろにいるユノにも「異変」が起きていることに気づきました。

 

アスタがユノに話しかけようとすると、クラウスは「アスタの事など知らない」と叫んで攻撃を仕掛けてきます。

 

アスタはガードしながらも叫びます。

アスタ

「・・・やめてくれ、クラウス」

「同じ魔法騎士団の仲間だろォー!!?」

「田畠裕基「ブラッククローバー」第154話より引用」

 

アスタの言葉にクラウスの体が一瞬反応しますが、エルフの意思が勝って叫びます。

クラウス

「フン!!貴様等の繋がりなどより・・・我々の怨みの方が遥かに強い!!!」

「田畠裕基「ブラッククローバー」第154話より引用」

 

クラウスの攻撃の前に、アスタは防戦一方であり、傷を負います。

 

傷つきながらも奮闘するアスタに、ライアは殺すことを宣言します。

ライア

「オイオイそんなに無理したら死んじゃうぜ・・・メンドくせーなー・・・」

「・・・まぁグリモワールと剣さえ手に入ればオマエはいらねーんだけどさ」

「じゃあその素敵な王族のお仲間守って死にたきゃ死ね」

「田畠裕基「ブラッククローバー」第154話より引用」

 

圧倒的戦力の前に大ピンチのアスタですが、気合を入れて叫びます。

アスタ

「まだだ・・・!!オレはまだ・・・死なねー・・・」

「仲間に生きて帰る約束をした・・・!!仲間に仲間を殺させねー・・・!!」

「生きて・・・生き抜いてオレは魔法帝になる・・・!!!」


「田畠裕基「ブラッククローバー」第154話より引用」

 

アスタの言葉に今まで自我のなかったユノは反応します。

しかし、それよりも先にクラウスとハモンが一緒に攻撃を仕掛けてきました。

 

もうどうにもならないと思った状況ですが、意識を取り戻したユノが助けて魔法を打ち消します。

ユノ

「・・・何言ってる・・・アスタ」

「魔法帝になるのはオレだ」


「田畠裕基「ブラッククローバー」第154話より引用」

 

こうしてユノが意識を取り戻して助けに入ったところで、今回のブラッククローバー154話は終わります。

スポンサーリンク

 

ブラッククローバー154話のネタバレの考察

ブラッククローバー154話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

ユノはなぜ意識を取り戻したのか!?

今回のブラッククローバー154話の最後に、ユノは転生魔法から意識を取り戻して、アスタやミモザをクラウスの魔法から助け出しました。

では、なぜユノは意識を取り戻したのでしょうか。

 

あくまで推測ですが、ユノはまだ転生魔法を受けましたが意識がもうろうとしていたことから、かかりきっていなかったのだと思われます。

また、多くのキャラクターが声によって、何かしらの人間の時の反応を起こしていることもあるので、エルフの意識が支配していても耳は聞こえている状態だとわかります。

ここで、アスタの魔法帝になるという声を聴いたことで、負けず嫌いでアスタのライバルでもあるユノが目覚めたと考えられます。

しかし、この展開ではあまりに御都合主義にもなりえてしまうので、もしかしたらもっと他に目覚める秘密が隠されている可能性もあります。

 

今後の展開はどうなっていくのか!?

アスタがさらわれて、リヒトがいる場所に連行されてしまいました。

ピンチの時になんとかユノが意識を取り戻して助けてくれましたが、今後はどうなっていくのでしょうか。

いかにユノが強いとしてもリヒトやライア相手には勝てないと思われることから、次回はユノがクラウスとハモンを倒すところまではいくのではないでしょうか。

そこでリヒトと戦うことになるのか、もしくはユノが再びエルフの意思が強くなってしまいアスタと戦うと言う展開も熱いのではないでしょうか。

 

ブラッククローバー154話ネタバレのまとめ

今回はブラッククローバーの154話のネタバレ記事を紹介しました。

転生魔法によって一気に不利になった魔法騎士団のメンバーですが、声によって意識を取り戻せる可能性もあるので、戦いながらも話しかけることで、エルフの行動を若干ながら抑えることもできるのではないでしょうか。

ここからより激しい戦闘があると思われるので、次回も期待大です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)