【ブラッククローバー】156話のネタバレでリヒトとユノの激しいバトル開始!!

スポンサーリンク

ブラッククローバー156話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回のブラッククローバーでは、転生魔法によってエルフの魂が乗り移ってしまった多くの魔法騎士団員の中、ユノはアスタの声によって意識を取り戻し、アスタと共に戦いますが…。

「ブラッククローバー156話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ブラッククローバー156話のネタバレの要点まとめ

「ブラッククローバー156話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ついに動くもう一人のリヒト

今回のブラッククローバーでは前回のブラッククローバーに続いてユノとアスタの連携攻撃でエルフに魂が乗り移った魔法騎士団を倒す場面から始まります。

 

凄まじい威力の攻撃にライアも驚きます。

ライア

「反魔法の小僧もそうだが・・・転生で魔力が増えたのに目覚めきってないアイツこそ厄介だな・・・」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第156話より引用」

リヒトは転生魔法によって蘇った仲間が傷つけられている光景を見て、過去を思い出します。

 

そして、ついに動き出すと、マナだけでやられた仲間を浮かせて落下時のダメージを和らげます。

 
「田畠祐基「ブラッククローバー」第156話より引用」

その光景にユノも魔法ではないのに常に自分や仲間を浮かせられるほどのマナの密度にありえないと考えます。

 

リヒトはそのまま地面について、リヒトの物である大剣の前に行きます。

アスタ

「アイツは・・・白夜の魔眼の頭・・・!?」

「・・・それにあの剣・・・」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第156話より引用」

アスタがリヒトを見ているとネロがアスタの胸元から出てきて、思いっきりデコをつつきます。

 

リヒトは大剣を地面から引き抜くと、グリモワールからも剣を取り出します。

ユノ

「アスタ・・・!気をつけろよ・・・!」

アスタ

「ああ!わかってらー!」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第156話より引用」

どちらもリヒトの剣のマナの強さに圧倒されつつも警戒をします。

 

しかし、次の瞬間リヒトはアスタの目の前に現れます。

アスタ

「速い・・・とかじゃねー」

「空気に溶け込んだみてーな 気が読めねー」

「マナ感知が出来ない コイツそのものが自然のマナと一体化したみたいな」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第156話より引用」

アスタがリヒトの強さにあっけにとられているとリヒトは剣を振りかざします。

 

善戦するユノ

アスタはリヒトの速さに一歩も動くことができませんでしたが、ユノが風の魔法を使うことでアスタを吹飛ばし、リヒトの攻撃を無理やりかわさせます。

 

しかし、リヒトの攻撃も強く、斬撃が飛びました。なんとか避けることには成功したアスタとユノですが、リヒトはもう一つの剣で斬撃を飛ばして攻撃を仕掛けます。

 

2回目の攻撃を喰らったアスタはその場に膝をついて立つことができません。

アスタ

「つ・・・強ぇー!!つか白夜の魔眼の頭のヤツじゃねえ・・・!!?」

「オレの剣・・・どうなって・・・!!?一体何がなんやら・・・」

「チクショーこんな時に動かなくなってんじゃねーぞオレの体ァァー!!!」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第156話より引用」

アスタの状態を見て、ライアはもう限界であると判断します。

 

その一方で、ユノは魔力が上がっていることからもまだ戦えるようで、風精霊魔法”スピリット・ストーム”をリヒトに向かって放ちます。

 

ユノVSリヒト

ユノはリヒトに向かって風精霊魔法”スピリット・ストーム”を放ちますが、リヒトは宿魔の剣で魔法を切ることでその魔力を取り込みます。

そして、そのままその宿魔の剣によって斬撃を飛ばしました。

 

ユノはなんとか攻撃をかわしながらもリヒトに近づいて、死角からマナゾーン”スピリット・ストーム”を放ちます。

リヒトは再び宿魔の剣によって魔法を吸収しますが、一瞬の隙が生じます。

 

この一連の動きを見ていたライアはユノに大したものだと感心します。

ライア

「完全に覚醒してないとはいえリヒトくんにスキつくっただけ大したもんだよ」

「さすがリヒトくんのー」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第156話より引用」

ライアはここまで思ったところで考えが止まります。

 

それはなぜかというとアスタがリヒトに向かって再び攻撃を仕掛けていたからでした。

ライア

「アイツもう動けなかったんじゃー」

「示し合わせてたような絶妙なタイミング・・・!!何だコイツらは」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第156話より引用」

そして、アスタが「ユノは俺のライバルだッッ」と叫びながらユノと共にリヒトに攻撃を仕掛けるところで終わります。

 
「田畠祐基「ブラッククローバー」第156話より引用」

 

スポンサーリンク

ブラッククローバー156話のネタバレの考察

ブラッククローバー156話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

アスタの剣とリヒトの剣はどうなっているのか

今回のブラッククローバーではついにリヒトが動き出して、アスタやユノと戦闘をし始めました。

その時にグリモワールから宿魔の剣を出して戦っていますが、アスタとリヒトのでは何か違いがあるのでしょうか。

 

元々2本あったとするならば、ライアがアスタのは元はリヒトの物だというのも矛盾が出てきます。

時代が違って、転生魔法によって蘇った魂だからこそ断魔の剣や宿魔の剣も蘇ってきているのか。

今後転生魔法のより詳しい解釈が出てくることでアスタやリヒトの剣の違いや関係がわかるかもしれません。

 

ユノはリヒトのなんなのか?

今回のブラッククローバーではリヒトの攻撃の前に一方的なアスタに対して、転生魔法によって魔力も上がっているユノは風精霊魔法などを駆使して善戦します。

それによってリヒトに一瞬の作り出すことにも成功していて、その一部始終を見ていたライアはさすがユノと感心しています。

 

さらに「ユノはリヒトの」と何かしら関係があるように匂わせています。

これはもしかすると兄弟同士だったのか。

それとももっと他の関係だったのか、とにかくユノはエルフの時も重要なポジションにいたようです。
 

スポンサーリンク

 

ブラッククローバー156話ネタバレのまとめ

今回はブラッククローバーの156話のネタバレ記事について紹介しました。

今回のブラッククローバーでは新たな謎も生まれましたが、個人的にはアスタがボロボロになりながらもユノに敗けないためにとリヒトに切りかかる動きには若干の違和感を受けました。

あまりにも根性論というか、ご都合主義でかなりダメージを受けたのにもかかわらず、結局最後アスタは動いて攻撃できるというのは無理矢理感もでているような気がしました。

今後もしかしたらそこら辺のなぜ動けたのかという理由が説明されることもあるかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)