【ブラッククローバー】157話のネタバレでクローバー王国大ピンチ!!

スポンサーリンク

ブラッククローバー157話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回のブラッククローバーでは転生魔法によって魔力の上がったユノがリヒトと善戦する中、アスタはダメージを受けて立てなくなってしまいます。

しかし、アスタは持ち前の気合と根性でユノに負けじとリヒトに立ち向かい二人で攻撃しました。果たしてどうなるのでしょうか…。

「ブラッククローバー157話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ブラッククローバー157話のネタバレの要点まとめ

「ブラッククローバー157話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

届かぬ刃

アスタとユノの渾身の一撃はリヒトに剣を使われて防がれてしまいました。

そして、リヒトはもう一度ユノやアスタを殺そうと無言で剣から魔法を放出し攻撃を仕掛けます。

 

その攻撃にいち早く凄まじい魔力を感じ取ったユノは風による魔法で防ごうとします。アスタの方も魔力を無効化しようと剣をふるいます。

リヒトの攻撃は凄まじく白夜の魔眼のアジトを一瞬で貫きました。

そして、アジトには大きな穴ができます。

 

終わる戦い

リヒトの凄まじい攻撃によってアスタとユノの姿は見えなくなって吹き飛ばされたと思われます。

 

その一部始終を見ていたライアは一応リヒトに確認を取ります。

ライア

「派手に大穴あけたねリヒトくん~良かったの?グリモワールと剣2本一緒にぶっ飛ばしちゃって」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第157話より引用」

 

ライアの質問にリヒトは無言のままなので、ライアもまだ会話は出来ないのかと思い込みますが、その時ついにリヒトがしゃべります。

リヒト

「・・・あのグリモワールは・・・もう私のものじゃない・・・」

「行こう・・・ライア・・・」


「田畠祐基「ブラッククローバー」第157話より引用」

リヒトの言葉に驚くライアでしたが、そのままリヒトとともにその場を去ります。

その時に魔法による扉が現れて他の転生魔法によって魂が乗り移ったエルフたちも合流し始めます。

 

こうしてラックなどの魔法騎士団員の数人がエルフとしてライアやリヒトの元に集まりました。

そして、白夜の魔眼のアジトは動き出します。

ライア

「じゃー行こうか」

「他の仲間を迎えに・・・人間を滅ぼしに・・・!!」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第157話より引用」

 

合流する仲間達

白夜の魔眼のアジトが動き出して時は経ち、アスタは目を覚まします。

そこには未だエルフ化しているユノやミモザが居ました。

気絶から起きてすぐ、もうるさいアスタに注意するユノ。

アスタは、他にもゾラやメレオレオナも一緒にいることがわかります。

メレオレオナは気絶はしていますが、命は助かりました。

 

そして、他にもキノコの人や銀翼の団長も無事でいることがわかり、安心するアスタ。

ノゼルはアスタがメレオレオナを窮地から救ったことを見極めて、ユノやアスタに魔導具”エイリーアの小部屋”を使います。

ノゼル

「肉体の自然治癒力を爆発的に高める魔導具だ・・・お前達で使うがいい」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第157話より引用」

こうしてアスタやユノが回復しているとノエルとキルシュもアスタ達の元に合流しました。

そして、ノエルと一緒にいたラックもエルフになってしまったことを聞いて、アスタは同じ黒の暴牛団の一員としてショックを受けます。

 

暴れるエルフたち

魔法騎士団員たちがお互いの安否を確認していると、ノゼルの通信魔導具に連絡が入ります。

通信魔導具からの報告

「団の数名が突然暴れだして・・・!!「我々はエルフの民だ」とか妙なことを・・・」

「どういうワケかいつもとは違うとてつもない魔力で・・・我々だけでは手に負えませんー・・・!」

「どうやら他の団でも同じことが起こっているらしく・・・今国中で何かがー」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第157話より引用」

こうしてエルフたちによってクローバー王国がピンチに陥っていることが判明しました。

 

そして、すぐにでも駆けつけなければならない状況だと悟ります。

ノゼル

「・・・我々は魔法騎士だ」

「何があってもクローバー王国を救わねばならない」

「たとえ・・・魔法騎士の同胞を殺すことになっても・・・!」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第157話より引用」

ノゼルが皆に覚悟を決めさせる言葉を言うと、ノエルは白夜の魔眼のアジトにてラックの攻撃は当たらなかったことから、ラックがそうしてくれたんだと推理し、皆に伝えます。

そして、「エルフの魂が宿った他のメンバーも戦っていて取り戻す方法があるはずだ」と叫びます。


「田畠祐基「ブラッククローバー」第157話より引用」

こうして残った魔法騎士たちで、急いでクローバー王国に戻って、エルフたちを止める事を決意しました。

これで今回のブラッククローバーは終わります。

スポンサーリンク

 

ブラッククローバー157話のネタバレの考察

ブラッククローバー157話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

アスタのグリモワールや剣の秘密とは!?

今回のブラッククローバーでは、リヒトによってアスタとユノは外に放り出されました。

その後にリヒトは、アスタのグリモワールや剣を奪いに行こうとはせずに、「あのグリモワールはもう私のものじゃない」と言っています。

「もう」と言っていることから、以前はリヒトのグリモワールであることは確定と言っていいでしょうが、もしかしたら所有権か何かがあってアスタが使っているうちに、正真正銘のアスタのグリモワールになったのかもしれません。

アスタの宿魔の剣や断魔の剣も、今後どうなるのかが非常に注目すべきポイントと言えるでしょう。

 

次回はどうなるのか!?

今回のブラッククローバーのラストでは、エルフたちがクローバー王国に向かって復讐を始めています。

これにより集まった魔法騎士団達は、クローバー王国に向かって仲間を殺す覚悟と、自分が殺されるかもしれない覚悟を持って進み始めました。

次回はおそらく、クローバー王国についての現状の確認が主になると思いますが、誰が人間で誰がエルフになって知るのかという部分も注目です。

スポンサーリンク

 

ブラッククローバー157話ネタバレのまとめ

今回はブラッククローバーの157話のネタバレ記事を紹介しました。

リヒトとの戦いは思ったほど長引かず、ここからクローバー王国に戻ることからヤミや他のメンバーとも合流してエルフになった人物たちと戦うことになるでしょう。

今まで以上に激しい戦いになることは間違いないと思うので、来週も注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)