【ボルト】最強の技はこれ!技の強さランキングベスト10!

スポンサーリンク

『BORUTO-ボルト-』も新しい展開を見せ、すでに多数の戦闘が繰り広げられている、忍びの漫画。

皆さんご存じの「NARUTOーナルトー」の続編という形ですが、今回はそんな「BORUTO-ボルト-」に登場する技で最強の技を勝手にランキング形式でまとめてみました。

では、「ボルト!技の強さランキングベスト10」を早速発表したいと思います!

スポンサーリンク

ボルト!技の強さランキングベスト10

 

10位 千鳥

千鳥は、カカシが考案した技で、チャクラを手に集中させ、高速で突進して相手に直接攻撃をしかけます。

ミナトに、早く動きすぎて相手のカウンターを見切れないという通り、相手の動きを読み取る写輪眼のときにのみ使用。

そこで、サスケにこの千鳥を伝授しました。

今作でも、サスケが使用しており、相手にあてることができれば攻撃力はかなり高い技となっています。

 

9位 蛙呑み

これも果心居士の技です。

大きな岩の支柱を4つ出現させ、その中にいるものの動きを封じる技です。

木ノ葉丸含むボルト達全員の動きを封じる描写がありました。

本気で倒そうと思っていたら果心居士であれば、動きを封じたこの一瞬で全滅させることもできるくらい、強力な技だと思います。

木ノ葉丸は、胸に仕込んだ忍具で封印術を解きましたが、なければ為す術がなかった技です。

 

8位 口寄せ(蝦蟇)

前作ナルトで登場し、契約者はミナト、自来也、ナルト、木ノ葉丸で、契約の巻物は木ノ葉丸が現在管理しています。

これもなぜか果心居士が使用でき、経緯はわかりませんが、蝦蟇と契約している一人です。

口寄せの術で呼べる相手の強さや大きさは、術者の実力次第で変わり、術者が強ければ強いほど、より強い相手と契約して口寄せができます。

果心居士は蒸気蝦蟇(ボイラーガマガエル)を呼んでおり、これは大蝦蟇であることから、かなりの実力者ということが読み取れます。

 

7位 三昧の真火

ここから連続してある忍(?)が使用した忍術が続きます。

まず、7位になったのは三昧の真火。

謎多き組織“殻”のメンバーである果心居士の技です。

再生術を持っている同じ“殻“のメンバーに、再生がおいつかないほど身体を燃やしつくすまで燃え続ける技です。

木ノ葉丸もこの技を食らいましたが、ボルトのカーマによって助けられています。

もし、カーマや術の吸収がなければ、倒されていた可能性があるほど、攻撃力が高い技です。

 

6位 螺旋丸

前作ナルトから登場している技です。

螺旋丸は元々、ナルトの父親であるミナトが考案し、自来也、カカシ、ナルト、木ノ葉丸を経て、ボルトも使用できる相手を倒す際に使用することが多い大技です。

しかし、不思議なことに、今作では敵であるはずの果心居士も使用しています。

これは術の科学忍具ではない正真正銘の螺旋丸で、このことから様々な考察がありますが現時点では不明です。

モモシキもこの螺旋丸で倒されており、前作でもこの螺旋丸は大活躍しました。

攻撃力はすさまじく、直撃すれば相手を吹っ飛ばし意識をなくすことも可能なため、6位にランクイン。

 

5位 犬飼健命

これはモモシキが使用した術です。

土遁の応用で、地中の土を使い蛇や獣に変え、大きな生物的な何かで相手に攻撃します。

五影を圧倒した技で、作中では大きさは九尾と同等まで変化させており、九尾に対しても力では応戦できるほどパワーがあります。

地面に手をつけて繰り出す技で、口寄せにも似ていますが、詳細は不明です。

ナルトとサスケの威装・須佐能乎に倒されておりますが、逆に言えばそれほど強力な技だったという証拠です

 

4位 科学忍具

ボルトから登場した新たな忍具。

前作ナルトで登場した忍具とは桁違いに技術が進歩した道具です。

これもまた術や技ではありませんが、作品中、重要な役割を果たしています。

使い方は様々で、「小手」を用いて相手の術を吸収し、自分の術として放出する高御産巣日神と似たような使い方ができます。

また、霧隠れの青が使用していた銃から火遁弾を放つ科学忍具や、義手に剣のような忍具を隠して接近戦ができる科学忍具、研究所等で登場した様々な科学忍具があります。

カタスケが用いた術の吸収は、カーマや高御産巣日神と似ていますが、道具なため、許容オーバーでオーバーヒートもすれば、壊れる危険性や術の大きさによっては吸収できない可能性もあるため、3位としました。

また、体術や瞳術には対応できないため、この忍具を活かすも殺すも術者の基礎戦闘力次第と考えられます。

 

3位 威装・須佐能乎

前作のナルトではマダラが柱間と戦っている際に発動させた技です。

九尾に須佐能乎を鎧のように纏わせることで、九尾の戦闘力の向上を図っており、また、サスケは、九喇嘛モードのナルトに使用して援護する描写もありました。

ボルトでは、モモシキとの戦闘時に使用し、モモシキが五影を圧倒した技に対して、ナルトとサスケは威装・須佐能乎で応戦して、倒しています。

防御力と攻撃力が格段に向上する技です。

 

2位 禊(カーマ)

今作、一番のキーワードであり、技名ではありませんが、2位にランクイン。

このカーマはカワキとボルトに刻まれており、忍術を吸い込むことができます。

現段階では、モモシキのような吸収した忍術を放出する描写はありませんが、自分のチャクラにできるようなことが可能であれば、無尽蔵にチャクラを捻出することができます。

技の吸収という点では、モモシキの高御産巣日神と同等であることから、防御力は特化しているため、現時点で2位となりました。

 

1位 高御産巣日神

大筒木カグヤの血縁である、大筒木モモシキが使用。

両目は白眼、両掌には輪廻眼があり、右手で術を吸い込み、左手で威力を増強させて放出させます。

あくまで忍術のみの吸収なので、体術は吸収できません。

しかし、あらゆる忍術を吸い込むことが可能であると予想して、尾獣玉レベルでも威力を増して反撃することも可能。

防御力と攻撃力が合わさった技なので1位となりました。

 

まとめ

以上、「ボルト!最強の技ランキングベスト10」をお送りいたしました。

独断と偏見で決めた1位~10位でしたがいかがだったでしょうか?

まだまだ物語序盤ということもあり、今後のボルトたちの成長次第では、新しい技がでてくるかもしれません。

また、前作ナルトからの技も多く、現在登場している技よりも、サスケやナルト、五影や他の忍たちが使用する技の方が強かったりするかもしれません。

そして、カーマという未知な能力と、科学忍具という技術の進歩に伴って発展しそうな忍具にも注目すると面白いかも知れません。

登場はしていても戦闘がないキャラクターもいますので、今後の展開に期待したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)