【ワンピース】906話のネタバレで謎の麦わら帽子が出現!?聖地に隠された秘密とは!?

スポンサーリンク

ワンピース906話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回のワンピースでは各地から王族が聖地マリージョアに集まって世界会議にむけてボンドラに乗り込みました。

そして、その王族の中には革命軍の一人であるサボも紛れ込みます。まもなく始まる世界会議は果たしてどうなるのでしょうか…。

「ワンピース906話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ワンピース906話のネタバレの要点まとめ

「ワンピース906話のネタバレ要点をまとめみましたので、サクッと知りたい方はこちらからからどうぞ!

 

マリージョアへ向かうしらほし姫

今回のワンピースではしらほし姫やゴア王国の王子が聖地マリージョアに向かうところから始まります。

ナレーション

「”赤い土の大陸”(レッドライン)の頂上付近に「ボンドラ」は着港し乗客はそこから長く大きな階段を登り世界の海の中心に位置する最も高く最も巨大な大陸に到達する。」

「ここは世界の創造主の末裔達が暮らす場所」

「荘厳なるその土地の名は”聖地”「マリージョア」」

「尾田栄一郎「ワンピース」第906話より引用」

しらほし姫たちは、マリージョアに着くと勝手に地面が動き出します。

それに違和感を持ったフカボシは、普通の歩道を歩くように提案して魚人族たちはゆっくりと歩いてマリージョアの中に向かいます。

マリージョアの動く歩道では見た目は優雅ですが、実は地下では奴隷が鞭で叩かれながら動かしているだけであり、マリージョアの恐ろしさを物語ってもいます。

 

そして、普通の歩道を歩くしらほし姫をある男が望遠鏡でのぞいます。

その男は、2年前シャボンディ諸島にてオークションで人魚のエイミーを買おうとしてルフィに殴られたチャルロスでした。

チャルロス

「・・・!!人魚だえ 特大の・・・」

「尾田栄一郎「ワンピース」第906話より引用」

 

マリージョアで集結するルフィに関わった者達

マリージョアの城内に着くと、世界各国の王族たちが集まり談話していました。

そこでは武器は没収されていますが、護衛がついており、なにか問題があればすぐに国際問題となるような緊張感があります。

 

そして、しらほし姫は見た目が美しく大きく目立つことからも、他の王族がぜひ結婚するようにと迫ります。

しかし、正直者のしらほし姫は「タイプじゃないんです」と答え、問題になりかけますがフカボシによりなんとか場は収まります。


「尾田栄一郎「ワンピース」第906話より引用」

 

そのころ違う場所では、アラバスタ王国の王女であり、かつてルフィ達と旅をした仲間でもあるビビがルフィによって国を救われたドレスローザの侍女レベッカと話します。

レベッカ

「”世界会議“に来てこんなにルーシーの話題が通じるなんて思わなかった」

「そうだよね彼らは世界を冒険してるんだ」

ビビ

「ええ 英雄にはなりたくない人達だから懸賞金に噂がくっついて悪名ばかり上がってくけど・・・きっと変わらないんだろうなみんな!」

「尾田栄一郎「ワンピース」第906話より引用」

 

こうして、レベッカとビビは意気投合してルフィの話をしていると、その話を聞きつけた「しらほし姫」が話に入ってきます。

しらほし姫

「今ルフィ様のお話していらっしゃいました?」

「尾田栄一郎「ワンピース」第906話より引用」

こうして、レベッカもビビも「しらほし姫」も「麦わらの一味」には恩がある関係ということで、意気投合して話は盛り上がります。

 

そこには、それからもかつてドレスローザーで一緒に戦って「麦わらの一味」の傘下になった八宝水軍13代棟梁のサイも現れます。

さらには、以前ルフィにやられたワポルやチョッパーの故郷であり、ルフィと親交のあるドルトンやドクターくれはも登場しました。

 

海底監獄インぺルダウンでのドフラミンゴ

場所が変わり、インぺルダウンのレベル6では、ルフィに敗れた元七武海の一人であるドフラミンゴがマゼランと話します。

ドフラミンゴ

「何だこの独房は・・・!!淋しいじゃねェか・・・!!」

「もしかしておれを守ってんのか?マゼラン!!」

「フッフッフッフッフッ!!」

「来たのか?上から刺客が」

「おれがマリージョアの秘密の「宝」の事を誰にもバラさねェ様に!!」

「口封じの殺し屋を送り込んで来たか!? フッフッフッフッ!!」

「もうバレてもいいだろ・・・権力は足が早い」

「すぐに腐っちまうモンさ・・・!!!」

「尾田栄一郎「ワンピース」第906話より引用」

 

こうして場所は変わり、マリージョアに移ると何者かがルフィの懸賞金の張り紙を持ちながらどこかの地下に降りて、厳重な扉の中に入ります。

 

するとそこには薄汚れた大きな麦わら帽子があり…、


「尾田栄一郎「ワンピース」第906話より引用」

今回のワンピース906話は終わります。

 

スポンサーリンク

ワンピース906話のネタバレの考察

ワンピース906話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

狙われるしらほし姫

今回のワンピースでは、「しらほし姫」が歩いてマリージョアの城内へ向かう途中、チャルロス聖という天竜人がしらほし姫に興味を持っていました。

このチャルロス聖は、かつてシャボンディ諸島で人魚を奴隷にしようとしていた人物であり、非常に嫌な奴でもあります。

このことからチャルロス聖が「しらほし姫を奴隷にしたい」と言いだすのは非常にあり得る話であり、そこから大問題に発展することも考えられます。

 

また、今回の世界会議では、ルフィに関わった人物たちであるビビやレベッカなどが仲良くなっていることからも、仲間が集結してきてはいますが、その分この仲間で天竜人などと対立する可能性も高く、怪しい伏線とも言えます。

 

麦わら帽子は誰のものなのか!?

今回のワンピースの最後のシーン…。

マリージョアの地下に何者かがルフィの懸賞金の張り紙をもって行くと、そこには大きな麦わら帽子がありました。

 

黒づくめの人物が小さいのか、もしくは麦わら帽子が大きいのかはわかりませんが、張り紙が普通の大きさであることからも、おおそらく「麦わら帽子が大きい」のだと思います。

しかし、そうなると「麦わら帽子はなんなのか!?」という謎と、「なぜ麦わら帽子がが保管されているのか!?」という2つの謎が浮かびます。

さらに、ルフィの懸賞金の張り紙の他にも「もう一枚」持っていたので、そこらへんでなにか謎が隠されているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

ワンピース906話ネタバレのまとめ

今回はワンピースの906話のネタバレ記事を紹介しました。

ラストに非常に大きな謎があったことからも、物語においても非常に重要な伏線につながっていると思われます。

近々「Dの名のつくものの秘密」や失われた100年についても語られる可能性もあるので、次週も要チェックです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)