【七つの大罪】265話ネタバレで止まらないエスタロッサ、今度はエリザベスを攫う!

スポンサーリンク

七つの大罪265話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

ガランから奪った真実の戒禁を取り込み、サリエルとタルミエルが竜巻と大海の恩寵によって生み出した閉鎖空間から抜け出したエスタロッサ。

表情や口調すらも歪むほどの圧倒的パワーで大天使2人に初めてダメージを与えましたが、それでも及ばず、2つ目の戒禁に取り込み、さらなる強化を果たします。

強大な敵を前にリオネス軍はどう対処するのか。

そして自身をメリオダスと呼んだエスタロッサの真意とは一体。

「七つの大罪265話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

七つの大罪265話ネタバレの要点まとめ

 

エスタロッサの過去

自身をメリオダスと呼んだエスタロッサは、兄・メリオダス、そしてその恋人エリザベスに憧れていた若かりし頃のことを思い返します。

 

一瞬自我を取り戻したエスタロッサは、デリエリの戒禁を取り戻そうとしますが、再び戒禁の魔力に飲まれて自身をメリオダスだと思い込みます。


(鈴木央「七つの大罪」265話より引用)

 

リオネス軍の総攻撃

ギーラが攻撃の先陣を切ります。

渾身の爆炎をひたすら打ち込み、それに続いてディアンヌ、キングら七つの大罪も攻撃に参加します。

 

エスタロッサは、そんな攻撃ものともせずにデリエリを吹き飛ばし、ギーラを切り裂き、不意を突いてエスタロッサを攻撃したサリエルとタルミエルも即座に迎撃します。


(鈴木央「七つの大罪」265話より引用)

 

エリザベスがさらわれる

ひるまずにエスタロッサの背後から攻撃を仕掛けようとしたキングとディアンヌでしたが、エリザベスによって止められます。

 

すでに自己を失い、デリエリの戒禁を奪うという目的を忘れて、エリザベスを自身の恋人と勘違いしてしまっているエスタロッサの状態を鑑み、自分一人が犠牲になることを選びます。


(鈴木央「七つの大罪」265話より引用)

 

エリザベスを脇に抱え、エスタロッサはリオネス軍の元から満足げに飛び去って行きました。

 

スポンサーリンク

七つの大罪265話 ネタバレの考察

七つの大罪265話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

戒禁を取り込むリスク

1つ目の戒禁を取り込んだ時のニヤけ顔になり、2つ目の戒禁を取り込んだ後に逆に冷静になり、自身をメリオダスと呼んでいた前回ラスト。

エスタロッサの言うメリオダスとは次期魔神王のことで、戒禁を取り込んでさらなるパワーアップを果たして冷静さを取り戻したために自身をそう呼んだのか思いきや、むしろ精神崩壊が悪化していたが故の発言だったのですね。

 

突然の精神崩壊は兄・メリオダスへの劣等感と憧れが入り混じった底暗いコンプレックスのせいかもしれませんが、戒禁を取り込むのはかなりのリスクが伴うようですね。

強化と崩壊の両方が進んだエスタロッサの今後も気になりますが、もっと気になるのは5つもの戒禁を取り込んだメリオダスはどうなってしまうのかということです。

 

一応、デリエリの口からメリオダスとゼルドリスは、他人の戒禁を取り込んでも大丈夫という趣旨の発言はありました。

しかし、デリエリが言うように本当に戒禁を取り込んでも何のマイナスもなく、ただのパワーアップだけで済むものなのでしょうか。

これでメリオダスまで「この魔神王様にな」とか言い出すことはないと思いますが、いくらメリオダスといえど最初は力加減が効かず、魔力を上手く使えないなどの弊害があるのではないでしょうか。

 

エリザベスを失ったリオネス軍

周囲を助けるための決断を下し、一人エスタロッサにさらわれてしまったエリザベス。

このことによって、リオネス軍の今後の戦闘がかなり厳しいものになりました。

聖戦の開幕戦で下級魔神たちとの戦闘に苦労していたリオネスの聖騎士たちは、リュドシエルの錯覚とエリザベスの治癒によってほぼ無傷で初戦を乗り切っていました。

その最も大事なピースであったエリザベスを失ってしまったため、今後の戦闘はこれまで以上に七つの大罪と女神族頼みのものになってしまいます。

これで聖騎士たちの出番が一気に減ってしまいそうで怖いですが……。

 

さらには、デリエリも追ってきていたエスタロッサと、かばってくれたエリザベスが同時にいなくなったため、リオネス軍の元にいる理由がなくなりました。

 

当初の目的通りゼルドリスに会いに行き、自身の持つ純潔の戒禁を返すのか。

あるいはモンスピートの仇を討つべくエスタロッサを倒そうとするのか。

 

メリオダスの計画にとって、邪魔な存在でしかなくなったエスタロッサを排除するのに力を貸すことは、ゼルドリスとしてもやぶさかではないでしょうし、デリエリとの共闘はありえそうですね。

その場合、ゼルドリスはリオネス軍に向かって「行って確かめればいい、もうお前たちがどうこうできる強さじゃない」的なことを言い残して、リオネス軍は早めにキャメロットに到着するという流れになりそうです。

軍全体の流れとしてはさらなる足止めを食うか、それとも一気にメリオダスの元へ到着するのかの2択となるのではないでしょうか。

 

エスタロッサ劇場終了?

パワーアップのし過ぎによって、エスタロッサが壊れてしまうという予想外の展開になりましたが、今度こそエスタロッサ無双は終了となりそうですね。

これまで物語を動かし続けてきたエスタロッサが狂ってしまった後、次の展開は誰が動かしていくのでしょうか。

絶賛戒禁取り込み中のメリオダス、そのメリオダスと約束を交わして別れたゼルドリス、戦闘準備に入っていたチャンドラーとキューザックなど、まだ強力な敵が控えています。

 

一方のリオネス側も魔神3兄弟以外の最後の十戒デリエリがいますし、聖戦の黒幕を匂わせていたリュドシエルもまだ動きを見せていません。

魔神側は、ゼルドリスか老魔神2人のどちらかがリオネス軍の前に現れる可能性が高そうですが、対応するリオネス側が誰がどういう動きをするのか読めません。

エリザベスがいなくなったため、次席のリュドシエルが動き出すというのが有力そうです。

スポンサーリンク

 

七つの大罪265話 ネタバレのまとめ

今回は七つの大罪265話のネタバレを紹介しました。

同胞を殺して奪った2つの戒禁を取り込み、4大天使さえも圧倒するほどのパワーアップを果たしたエスタロッサ。

しかし、1つ目を取り込んだだけで自我を失いかけ、2つ目を取り込んだことで完全に自我を失い、自身をメリオダスだと思いこんでしまいます。

誰も敵わなくなってしまった代わりに、本来の目的を忘れ、エリザベスを連れ去ることが目的になったエスタロッサとの戦闘は、エリザベスの勇気によって幕を下ろします。

ここまでエスタロッサが物語を動かしてきた聖戦編は、次なる展開を迎えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)