【七つの大罪】272話ネタバレで強すぎる魔神王の魔力とゴウセルの暗躍!

スポンサーリンク

七つの大罪272話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

煉獄からの脱出をはかるため、出口を抑えているであろう魔神王の元へ向かっていたバンとメリオダス、そして煉獄で出会ったホークの兄・ワイルド。

道中でメリオダスの兄弟話になったところで、唐突に魔神王が現れて戦闘に入ります。

圧倒的な力の差を見せつけられたところで、魔神王の方からある人物の暗躍について聞かされます。

「七つの大罪272話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

七つの大罪272話ネタバレの要点まとめ

「七つの大罪272話のネタバレの要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

激突、魔神王

突如姿を見せた魔神王の大きさに驚愕するバン。煉獄の生物を食べているうちに巨大化が進んだと解説を入れるワイルド。

魔物と成り果てていたメリオダスが再び人の姿に戻っていることにわずかな驚きを見せた魔神王は、感情と肉体を引き合わせるつもりはないと語ります。

そこへ問答無用で飛び掛かるワイルド。

しかし、バンさえも圧倒する速度のワイルドをいともたやすく弾き返し、手にした巨剣で一向のいる場所を薙ぎ払います。


(鈴木央「七つの大罪」272話より引用)

 

魔神王の魔力

バンは魔神王に向けて強奪を使いますが、奪えないどころか、逆に自身の力を吸い取られてしまいます。

2人を狙っていた隙を突いて魔神王の腹部に渾身の体当たりを当てるも効果はなく、再度吹き飛ばされます。

 

魔神王の雷撃をフルカウンターで返したのを無効化されたところで異様に感じたバンは、メリオダスに魔神王の魔力を聞きます。


(鈴木央「七つの大罪」272話より引用)

 

疑惑の人物

圧倒的なパワーとスピード、そして強力な魔力の前に勝機のない戦いを強いられる一向ですが、魔神王の方から会話を切り出されます。

煉獄に閉じ込められてからも過去の記憶を鮮明に覚えているのに、エスタロッサについて自身の中に残っている記憶だけが文章じみていることをメリオダスに確認する魔神王。

 

そして記憶に関する疑惑は、ある1人の人物へ向かいます。


(鈴木央「七つの大罪」272話より引用)

一方の現世では、エリザベス救出に動いた4人を追って、記憶の件の疑惑がかかるゴウセルがホークの背に乗る姿が……。

 

スポンサーリンク

七つの大罪272話 ネタバレの考察

七つの大罪272話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

魔神王はやっぱり強かった

凄まじい巨体の持ち主ながら、ワイルドの神速をいとも簡単に捉える反応を見せたり、巨剣を振るったりと、見た目通りの豪快な戦い方を披露しました。

さらには巨体に似合わぬパワーとスピードだけでなく、バンの強奪やメリオダスのフルカウンターを無力化する強すぎる魔力「支配者」を使うという隙の無さ。

やはりゼルドリスに渡していたのは一部でしかなかったのですね。

体格のことを差し引いても十分に一向を圧倒しています。

 

ただ、ところどころで甘い部分を感じ取れる戦闘でもありました。

いくら3人が強いといっても、本当にメリオダスたちを現世に行かせるつもりがないなら巨剣を振り下ろした一撃で終わっていたはず。

さらには腹部に突っ込んできたワイルドを指でつまんだ際にも、そのまま潰せたにも関わらずぶん投げておしまいでした。そもそも煉獄の生物を食べてきたという割に、ワイルドとは12万回も戦闘してあげているのも変です。

記憶の件を持ち出すためにあえてそういう戦い方をして、答えやすい状況にしたという見方もできますが、ワイルドに関してはその言い分は通じません。

やはり根っからの非情キャラなのではなく、立場上仕方なくという部分が大きいのではないかと思います。ワイルドを生かしているのは、弟をさらった後ろめたさではないかという予想もしています。

 

同じように、個人的には未だに「魔神王の巨体は鎧説」は捨てきれていませんし、今の姿と性格も鎧ありきのことだと見ているのですが……。

ゼルドリスにも恋人がいたことが分かっていますし、魔神族も悪人として生まれたわけではなさそうです。

むしろ自分たちを善だと信じている女神族の方が改心のしようがない分たちが悪そうですし。

聖戦の終盤で、魔神王と息子3人で共闘する場面なんかが描かれたらそれもそれで楽しいなと思っていますが、どうでしょうか。

 

ゴウセルの思惑とは

エスタロッサ本人のみならず、エリザベスやメリオダス、魔神王など、多くの人物にエスタロッサの記憶がない件について、今回ついに明かされました。

あまりにもショッキングな事件によって忘れているのか、あるいはエスタロッサが放った何らかの力によって記憶が欠落しているのかと思っていたら、普通にゴウセルの能力でしたね。

 

そして主犯と見られるゴウセルがホークの背に乗って秘かにエリザベス救出部隊の後をつけていました。

聖戦開始直後からほぼ出番のなかったゴウセルが、ここへきて急にエスタロッサの元へ動き出したことからも、記憶を解くのは間違いなさそうです。

それによってどんな影響が出るのか。

エスタロッサの暴走が止まるだとして、そこからどう動くのか気になります。

現世でエスタロッサに関する記憶を解放すると煉獄にいるメリオダスと魔神王も同時に記憶が戻るのかなど、一気に状況が変化しそうですね。

実はエスタロッサが長男だったという大どんでん返しもあるのか、なんて想像してしまいますが……。

 

七つの大罪272話 ネタバレのまとめ

今回は七つの大罪272話のネタバレを紹介しました。

一向の前に突如現れた魔神王。戦闘に入るも、ワイルドの体術は通じず、バンのハントも効果がなく、メリオダスのフルカウンターもダメージにはなりません。

魔神王の魔力・支配者に対抗できず、手詰まりになる2人と1匹。

そこで再度会話を切り出してきたのは意外にも魔神王の方でした。

エスタロッサに関する記憶について、メリオダスの記憶と自身のものを照合をしたかった魔神王。

そして2人の予想は記憶を操作することができるゴウセルに行き当たります。

一方の現世では、エリザベス救出に向かうデリエリ、サリエル、タルミエル、キングの4人の後ろを秘かにつけるゴウセルとホーク。

ゴウセルが魔神族に施したエスタロッサに関する記憶改ざんは、現世組の動きにどんな影響を及ぼすのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です