【火ノ丸相撲】190話ネタバレで本場所前のひと時の休息!

スポンサーリンク

 

火ノ丸相撲190話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

巡業初日に蜻蛉切と荒い相撲を取ったことの罰として火ノ丸が数日間の謹慎をさせられたものの、他に目立った事件もなく巡業の全日程を終えた大相撲。

そして迎えた番付発表の日。火ノ丸は上位と総当たりとなる番付まで昇格していました。

「火ノ丸相撲190話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

 

火ノ丸相撲190話ネタバレの要点まとめ

 

火ノ丸、上位と総当たりの番付に

夏巡業の全ての日程を終え、後は本場所を待つだけの柴木山部屋に新番付表が届きます。

発表された火ノ丸の新しい番付は西前頭3枚目。

 

倒すべき横綱・刃皇やライバルの大関・草薙や童子切を含めて、番付上位者全員と当たる番付でした。

他の所属力士たちも小さい文字列の中からそれぞれ自分の番付を確認します。

 


(川田「火ノ丸相撲」190話より引用)

 

祖父母の元を尋ねる火ノ丸

本場所へ向けて柴木山部屋総出で準備をしている中、火ノ丸はレイナの運転する車に乗り母親の墓参りに出向き、その足で祖父母の家にも顔を出します。

相撲とは関わりのない、つかの間の休息。

 

しかし、楽しい時間を送っていてもレイナの頭の中は火ノ丸の今後のことでいっぱい。

そんなレイナを気遣った祖母は、2人のためだと「火ノ丸の」と書かれたDVDを手渡します。

 


(川田「火ノ丸相撲」190話より引用)

 

注目力士が語る抱負

それから数日後、月刊相撲道の名塚景子が火ノ丸の取材のため柴木山親方を訪れます。

 

火ノ丸が緊張しながら受けたインタビューが放送されるのを楽しみにしている面々からタイミングの悪さを揶揄されます。

 


(川田「火ノ丸相撲」190話より引用)

 

しかし、名塚はそこで放送される火ノ丸以外の力士たちの抱負を聞いた感想を取材するべく訪れたと語ります。

 

スポンサーリンク

火ノ丸相撲190話 ネタバレの考察

火ノ丸相撲190話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

火ノ丸の番付は前頭3枚目でした

前回終了時点の考察で、火ノ丸の番付はギリギリ横綱と当たらない前頭4枚目ぐらいになり、その後、本場所中にハプニングがあって横綱と当たるようになるのではないかと予想しましたが、外れてしまいました。

そこまで奇をてらっても仕方がないということですね…。勉強になります。

 

さて、上位と「総当たり」とは言っても、火ノ丸が1番取り終えるまでに短くても2、3話はかかるため、全員との戦いが描かれるわけではないのは間違いなさそうです。

となると気になるのは、誰との相撲が濃密に描かれるのか

横綱刃皇との戦いはマストだとして、高校相撲編からのライバルである草薙と童子切もマスト。

そして因縁の蜻蛉切や、他2人の天下三名槍もマスト。

この時点で6人。

 

15日間で行われる本場所の3分の1以上。高校相撲編の団体戦よりも多いです。

後は三日月宗近や大典太、数珠丸などの夏合宿に参加した若手力士たちですが、どうにも引き立て役として短い相撲で終わりそうな匂いがします。

 

他には、これまで一度も長丁場の相撲が描かれていない火ノ丸の兄弟子・冴ノ山関も1番はしっかりと描かれるでしょうし、火ノ丸以外のライバル同士の相撲も描かれるはず。

もしこの通りだとすると、ハプニングがなくとも次の本場所だけで3年近くは続きそうですが・・・果たして。

 

それはそうと、今回の番付発表、個人的には部長こと太郎太刀の番付も知りたかったのですが、残念ながらおあずけとなりました。

 

手渡されたDVDの中身は?

相撲のこととなると常に危なっかしい火ノ丸との付き合いは気苦労が絶えないだろうと、レイナを労う気遣いを見せた祖母は、2人のためにと「火ノ丸の」と書かれたDVDを渡していました。

「火ノ丸の」の下にも何か文字が書いてあるようでしたが、光りが邪魔で見えませんでした。

かろうじて見えている一文字目の左下の形から、「あ」ではないかと思いますが、火ノ丸のあ……なんなんでしょうか?

 

「火ノ丸のあたらしい家族へ」、という火ノ丸の母親からのビデオメッセージなら、2人のためという意味も通りますが、それだと文字が多すぎて隠れていた部分に収まりきりません。

「火ノ丸のあゆみ」、という中学生までの火ノ丸の記録映像ならタイトルが短いので隠れていた部分にも収まりますが、レイナがそれを見てどうするのか謎ですし…。

もう全然分かりません。そもそも「あ」でさえないかもしれないので完全な想像ですが、もう今から気になって仕方がありません。

もっと想像力のある方、意見お待ちしております!

 

今度こそ2横綱登場か!?

本場所を直前に控え、力士たちが抱負を語るテレビ番組が入るそうです。

当然注目は、先場所の千秋楽で刃皇に敗れて優勝を逃した草薙、同じく大関で巡業編で刃皇の弱点を探っていた童子切など、打倒刃皇を掲げる若手力士たちの抱負です、

しかし、それは物語上での話。

大相撲力士には、引退阻止という目標を持った彼ら若手力士以上に優勝を義務付けられている力士がいます。

 

そう、刃皇と同じ現役横綱である残る2人の横綱です。

例え刃皇の1強時代であろうと、横綱である以上は常に優勝を求められます。

そんな2人を差し置いて、若手にだけ取材しているなんてことはないでしょう。

 

特に先場所は千秋楽の優勝争いの土俵に若手大関の草薙が立っていたということで、心中穏やかではないはず。

いつ登場するかとワクワクしながら読み続けていましたが、いよいよ登場となりそうです。

おそらくは復活を期す2人の横綱としてかなりの尺が用意されているのではないでしょうか。

というより、用意されていて欲しいのですが…。

 

火ノ丸相撲190話 ネタバレのまとめ

今回は火ノ丸相撲190話のネタバレを紹介しました。

新番付が発表され、先場所の大勝が評価され、上位と総当たりの西前頭3枚目まで番付を上げた火ノ丸。

レイナの運転する車に乗って新しい番付を母の墓前に報告し、祖父母の元でつかの間の休息を得ます。

柴木山部屋に戻った後、テレビの前でライバル力士たちの本場所への抱負を見ることになります。

 

他の力士たちは何を語ったのか、ついに刃皇以外の2人の横綱が登場するのか。

そしてテレビの前に集まった面々が言うように、本当に火ノ丸はガチガチに緊張しているのか。

本場所前最後の幕間編、今後一体どんなことが描かれるのでしょうか。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)