【約束のネバーランド】78話ネタバレでルーチェを撃破!新たな武器登場!

スポンサーリンク

約束のネバーランド78話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

「約束のネバーランド78話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

約束のネバーランド78話ネタバレの要点まとめ

「約束のネバーランド78話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ジリアンとナイジェルがルーチェを撃破!

ルーチェを追い詰めたジリアンとナイジェル。

ルーチェは「たかがGV」の食用児であり、何も知らなかったはずのふたりに追い詰められたことに動揺し、かつて自分が食用児たちにそうさせてきたように逃げ惑います。

とうとう逃げられなくなったルーチェは、バイヨン卿の匂いが向かってきていることから、時間を稼ぐためジリアン達に「話し合おう」と持ち掛けます。

そんなルーチェに、ジリアンとナイジェルは冷たい目を向け、言い放つのです。

「10秒あげるよ なんてね」

「諦めな 仲間は来ないし助けも呼べない」

「お前にやる時間なんて一秒もない」

(白井カイウ・出水ぽすか:「約束のネバーランド」78話より引用)

みっともなく命乞いするルーチェの急所を、ジリアンは憎悪を込めて撃ちぬきました。

 

ソーニャとサンディが「奥の手」を使う!

一方、ソーニャとサンディが狙うノウス&ノウマは、ルーチェのように動揺するわけでもなく、冷静にこの「鬼ごっこ」を楽しんでいました。

しかし、自分達を狙う食用児はGF出身者ではないことから、ノウス&ノウマはソーニャとサンディを殺さず弄ぶことに決めます。

ノウスが木を切り裂き、その陰に隠れていたサンディの銃を破壊します。

食用児たちは、「鬼」たちを殺し得る手段を持ち得ません。

殺し方を知らない、たとえ知っていても仮面が硬く、支給された武器では倒せない……。

やりようによって殺せるのは、身体能力の劣るルーチェだけです。

まずソーニャとサンディは、罠を仕掛けて敵の動きを止めます。

普通なら、動きを封じたところでどうしようもないと思うだけであり、ノウスとノウマもそうです。

しかし、食用児たちには「奥の手」があります。

彼らは与えられた武器から、「鬼」たちの硬い面を壊せる武器をつくっていたのです。

(白井カイウ・出水ぽすか:「約束のネバーランド」78話より引用)

8年かけて出来たのは、特殊弾5発と専用銃3挺。

つまり、一撃で「鬼」たちを仕留める必要があります。

「一撃で叩き割る この銃で…」

「そして必ずあの二匹を仕留めるんだ!!」

(白井カイウ・出水ぽすか:「約束のネバーランド」78話より引用)

ソーニャとサンディ、ふたりの戦いの行方はいかに……。

 

約束のネバーランド78話の考察

約束のネバーランド78話を読んだ上での考察をまとめました。

 

ジリアンとナイジェルはどこに向かった?

ジリアンとナイジェルがルーチェを殺すのにかかった時間は6分22秒。

打倒レウウィスの時間まで残り約8分半といったところです。

ジリアンとナイジェルは「次」に向かうようですが、この「次」とは何を指しているのでしょうか?

ここで、今「鬼」を担当している食用児たちをまとめておきます。

  • ルーチェ…ジリアン、ナイジェル(撃破済)
  • ノウス&ノウマ…ソーニャ、サンディ
  • バイヨン…ザック
  • レウウィス…エマ、オリバー

今のところ「鬼」たちは二人組で対処するところが多いのですが、バイヨンの担当だけザック以外未だ明かされていません。

オリバーをリーダーとする集団は、エマを含めて10人。

現在所在が不明なのは、ヴァイオレット、ペペ、ポーラの3人です。

この3人がすべてザックと共にバイヨンを担当していると仮定すると、頭数的にジリアンとナイジェルはノウス&ノウマを相手取るソーニャとサンディの加勢に行く可能性が高いです。

しかし、78話のサンディの様子は、この後加勢が来る予定があるようには見えません。

8分半後にレウウィスを全員で倒す予定があるので、ジリアン達は一足先にそちらに向かったとも考えられます。

 

「鬼」が狩りで殺せる人数は決まっている?

78話でノウスとノウマは、ソーニャとサンディを殺してしまうと本命であるエマを殺せないからと、ふたりを殺さず弄ぶことに決めています。

この発言から、「猟場」の狩りに参加する「鬼」たちは一日に狩ることのできる人数を決めていると予想されます。

68話において、狩りで殺される人数は大体一定して4人程だと分かっています。

エマが初参加した狩りで、レウウィスは2人殺しています。

これらのことを考えると、「鬼」は一回の狩りで殺す人数を1~2人に絞っているように思えます。

仮に「鬼」たちが全員2人までしか殺せないとなると、ソーニャかサンディのどちらかは殺すという選択肢をとった方がやりやすいと思われます。

とすると、ノウス&ノウマは二人一組で1人しか殺せないということになるでしょうか。

もしかすると、「鬼」によって一回の狩りで殺せる人数が違うのかもしれません。

ルーチェやノウス&ノウマは1人、「猟場」の主であるバイヨンやレウウィスは2人と定められている可能性もあります。

恐らくその理由は、「猟場」に食用児を補給するペースの問題でしょう。

「鬼」たちがその身体能力のままに何人も殺してしまえば、「猟場」は狩る対象を失い、保たれなくなってしまいます。

そのため「鬼」たちは、今日はどういった食用児を狩るのかをあらかじめ決めておき、狩りを楽しんでいたのです。

そう考えると、全員がエマを狙っていることは、オリバー達9人の命が狙われにくいということに繋がります。

ノウス、ノウマ、バイヨンは、ルーチェのように短絡的ではないようですから、エマを狙う以上、他の子どもを殺すことは無いでしょう。

 

専用銃と特殊弾の割り振りは?

78話で明かされた、オリバー達の奥の手である特殊弾と専用銃。

専用銃は3挺、特殊弾は5発です。

ルーチェについては奥の手無しで殺したので、専用銃はノウス&ノウマ、バイヨン、レウウィスを狙う組に分けられているはずです。

特殊弾は5発で、狙う「鬼」の数は4匹。

恐らく一番手強いレウウィスに2発残しておくのでしょう。

つまり、ノウスとノウマ、バイヨンは、それぞれ一撃で仮面を割らなければなりません。

相当な射撃の腕前と集中力が必要となりますが、サンディはノウスとノウマの面を割ることができるのでしょうか?

 

約束のネバーランド78話ネタバレのまとめ

約束のネバーランド78話では、ジリアンとナイジェルがルーチェを殺し、ソーニャとサンディがノウスとノウマに挑みます。

8年かけて作った、専用銃と特殊弾。

果たしてノウスとノウマに浴びせることができるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)