【約束のネバーランド】88話ネタバレでエマがレウウィスの動きを読む!

スポンサーリンク

約束のネバーランド88話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回の87話では、エマがレウウィスと戦わない道を提案するもすげなく却下され、エマはナイジェルと共にまずはレウウィスの面を割ることを決意しました。

「約束のネバーランド88話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

約束のネバーランド88話ネタバレの要点まとめ

「約束のネバーランド88話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

エマがレウウィスの動きを読む!

無人乱射による弾丸をレウウィスに食らわせたところで、エマのもとにペペが到着。

レウウィスは次のエマ達の一手が、自分の面を壊しにかかってくることだと分かっていました。

バイヨンたちが殺されていることから、レウウィスは面を壊す武器をエマ達が所持しており、かつその数が少なく貴重なものであると推測していたのです。

エマたちがどんな手で来るのか……狩り狩られる状況に、レウウィスは笑みを見せます。

事前にオリバー達と練っていたレウウィスの面を割る方法は、レウウィスを止める術が存在する村で罠を張ってレウウィスの動きを封じ、そこを狙撃するというものでした。

しかし、この作戦は本来10人で行うはずだったもの。

そこでエマは、屋内に姿を隠してレウウィスを誘導し、その間にペペが罠を張り、そこにかかったレウウィスを狙撃手のナイジェルが仕留めることにします。

しかしレウウィスはそれを見破り、まずペペとナイジェルの方を殺しに向かいます。

それでエマが出てくればエマを殺し、出てこなければふたりを殺す……どうしようもない状況に、ペペは逃げるしかありません。

そこで現れたエマが、レウウィスに電気を浴びせます。

レウウィスは先を読むことで、ルーカスやオジサン、エマは守りたかった人たちを殺してきました。

エマは幼い頃、先を読むことに長けたノーマンやレイにアドバイスされた、「自分がされて一番嫌な手を考えろ」という言葉を思い出し、それをもとにレウウィスの動きを読んだのです。

「(今度は負けない 誰も絶対に死なせない)」

(白井カイウ・出水ぽすか:「約束のネバーランド」88話より引用)

エマの危機にオジサンがレウウィスの面を割る!

電気で動きを封じられたレウウィスに、ナイジェルが特殊弾を撃ちます。

(白井カイウ・出水ぽすか:「約束のネバーランド」88話より引用)

しかし、その状態でもレウウィスは手で特殊弾を防いでみせました。

レウウィスの爪がエマに届くギリギリのところで、新たに特殊弾がレウウィスの面に着弾します。

「久し振りだな レウウィス」

(白井カイウ・出水ぽすか:「約束のネバーランド」88話より引用)

レウウィスを撃ったオジサンと、レイ。

ここからいよいよ反撃です。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド88話の考察

約束のネバーランド88話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

エマの学習能力

88話で先を読むことを覚えたエマ。

レイやノーマン、イザベラやクローネ、そしてレウウィスなど、多くの「先を読む人」を見てきたことを生かし、見事レウウィスを罠に嵌めることに成功しました。

これは、エマの「学習能力が高い」というスペックが生かされた形になります。

教わったこと、経験したことを吸収して自分のものにしていくエマは、今回の「猟場」編で最終的にどのような成長を遂げるのか、注目ですね。

オジサンが撃ったのはサンディの予備

88話で、エマの危機に間一髪間に合ったオジサンとレイ。

レウウィスがオジサンの狙撃に反応できなかったのは、恐らく前々話86話でのオジサンの狙撃技術によるものでしょう。

電気で鈍っていた、エマに夢中になっていた、久々の「狩り」で勘が鈍っていた……という理由も挙げられますね。

レウウィスの面が割れていますから、オジサンが撃ったのは特殊弾でしょう。

恐らくサンディが持っていたものをヴァイオレットがオジサンに渡したのだと考えられます。

予備が一発だけあって本当に助かりましたね。

レウウィスに「次は無い」と思わせたことも、彼の油断に繋がったのでしょう。

対レウウィス戦の行方は?

13年ぶりの再会となるレウウィスとオジサン。

ルーカスが生き延び、反乱を企てていたことにあれだけ歓喜したレウウィスですから、オジサンの生存と、今この場で彼と狩り狩られる状況となっていることにも喜びを示すのは間違いありません。

オジサンにとっては、レウウィスは仲間を全滅させた仇です。

冷静に狙撃できていることから、激昂して隙になることは無いと思われますが……。

何にせよ、これでエマ、ナイジェル、ペペ、オジサン、レイの5人。

じきにヴァイオレットも到着するでしょうから、計6人でレウウィスを相手取ることになります。

人数的には10人に満たないですが、実力的に考えれば当初の予定と同じくらいと言っていいでしょう。

面を壊したのですから、あとは目を狙えばいいだけです。

とはいえ、レウウィスは先を読んでくることに加え、化け物級のスピードを持ちます。

目を狙うには面を狙ったとき同様、彼の動きを止めるしかありません。

電気は多少動きが鈍る程度のダメージにしかならないと分かった現状、レウウィスの動きを止める手立てはあるのでしょうか?

また、レウウィスは狩りを楽しんでいるからなのか、まだまだ本気ではないようにも思われます。

彼が本気になれば、少なくとも88話でペペは死んでいたでしょう。

電気も効かず、まだ余力を残しているレウウィスに、果たして勝ち目はあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

約束のネバーランド88話ネタバレのまとめ

約束のネバーランド88話では、ペペが合流し、エマたちは3人でレウウィスを罠にかけます。

ナイジェルの特殊弾が防がれ、エマが絶体絶命のピンチに陥ったとき、レウウィスの面を割ったのはオジサンでした。

さぁここからどう巻き返すのか、次回も注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です