【進撃の巨人】110話ネタバレ!エレン脱走、さらにピーク登場で戦争か!?

スポンサーリンク

2018年10月9日発売の「別冊少年マガジン11月号」の諫山創『進撃の巨人』110話「偽り者」のネタバレです。

「進撃の巨人110話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

以下ネタバレありの考察と感想なので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

進撃の巨人110話ネタバレの要点まとめ

 

進撃の巨人109話のあらすじ

進撃の巨人109話では、世間はエレンをエルディアの英雄のように考え、幽閉されている彼の解放を叫んでいました。

国民だけでなくフロックなどの兵士達もエレン解放を望んでいます。

しかし、エレンは未だ幽閉されたままです。

そして、ガビ、ファルコの話に移ります。

二人はある農場に居候していました。

農場の管理人カヤは二人を自分の家に連れていき、自分の母がこの家で巨人に食われ、苦しんで死んだことを二人に教えました。

そして、なぜ母がそんな目にあったのか、エルディアの滅亡を望んでいる二人に説明してほしいと詰め寄ります。

エルディア人の悪行の歴史があっても、母には罪がないはずだと。

ファルコは、母は戦争に巻き込まれ被害にあったと説明しました。

理不尽な世界の事情を聞いてもカヤは落ち込まず、かつて自分を助けてくれたサシャのことを思い出します。

サシャに強さを教えてもらった彼女は、二人を本来の国に返そうとマーレ人に会わせる決意をしました。

エルディア人とマーレ人の関係が複雑に交わりあい、国内では暴動が起こるなどパラディ島は混沌としています。

世界から狙われているパラディ島は今後どうなるのでしょうか。

【進撃の巨人109話の詳細はこちら】

 

イェレナは何を考えているのか

ジークがある「ガス兵器」について話しています。

そのガスは村を覆うことができ、少しでも吸い込んだユミルの民は意識を失う。

実はこのガスはジークの脊髄液をを含んだものでした。

ガスを吸ったユミルの民はジークの支配下になり、彼の命令のまま動きます。

 

この話を聞いたリヴァイは、罪悪感なくペラペラ話すジークに怒りを見せます。

しかし、ジークはスパイであることがバレないようにするため、村を襲うのは仕方なかったと返します。

 

そして、エレンと会って実験を開始するのはいつになるのか、ジークはリヴァイに聞きました。

しかし、それを決めるのはリヴァイではなく本部です。

ジークだけでなく、リヴァイも本部の決断が遅いと感じていました。

 

次に、ジークの影響で義勇兵を作り上げたイェレナと、ピクシスの会話の場面に移ります。

彼女はエレンに隠れて会っていたことを話しました。

彼女は、エレンに自分を知って欲しかった、と話します。


諫山創「進撃の巨人」第110話より引用

彼女はかつて圧倒的強さのジークによって希望を見て戦う決意をしています。

そしてエレンも巨人であり、とても強力です。

戦争ではエレン一人でマーレに大打撃を与えましたが、それはイェレナの想像を超えたほどでした。

それほど強いエレンが、巨人の力でも頂点である「始祖」を持っています。

これは歴史が変わる瞬間とも言えるくらい凄いことだと彼女は話しました。

ジークとエレンによって世界が変わる、それを近くで見たいという「好奇心」も密会を行った理由だと言います。

しかし、そのような軽率な理由で行動したのは、拘束されても仕方がないとも話しました。

そして、それでもエルディアの復権を願っていると言います。

そのように、密会など隠れた行動の理由を言うイェレナの話にピクシスは、「上手な嘘は真実を散りばめるものだ」と返します。

イェレナを疑っているようです。

 

さらに、ハンジとオニャンコポンもイェレナの話をしています。

ハンジは彼女について知っていることを話せと彼に言いました。

オニャンコポンは彼女について以下のように話します。

  • イェレナは義勇兵を作った本人である
  • 突然反マーレ派のメンバーを集めたので、初めは疑心暗鬼だった
  • その中で、目的のため自ら殺人をし手を汚していたのはイェレナだった
  • 仲の良かった友ですら、敵になりそうなら葬ってきた

目的のためなら冷酷になりきるイェレナ。

しかし、そんな彼女がこの島に来てから急に義勇兵の人権を守り始めます。

彼女には色々と不可解な点が多くあります。

 

エレン脱走!

国民は拘束されているエレンを解放するよう叫び、兵団に対する不満を爆発させていました。

兵団支部の建物に国民が群がり、暴動を起こしています。

 

ミカサとアルミンは本部のザックレー総統と会い、エレンの件を話します。

ザックレーから返って来たのが、「エレンとは面会させられない」ということでした。

エレンが義勇兵と絡んでいることが明るみになったこと、そしてエレンが黙秘を続け真意がわからず信用できないということが理由のようです。

そしてザックレーは、エレンはジークに操られているのではないかと疑っています。

 

納得できないアルミンは、「エレンが黙秘するのなら仲の良いミカサとアルミンが面会した方が良いのではないか、そうすれば口を割るのでは」と話しました。

しかしザックレーは何故か承諾せず、部屋から退室させられました。

アルミンは、兵政権はもうエレンを諦め、「始祖」を他の誰かに継承させようとしているのではないかと考えます。

 

その後、新兵たちがザックレーのいる本部の部屋に入室しました。

ミカサはザックレーが何を考えているか部屋の盗み聞きをしようとします。

すると、突然部屋が爆発しました!

ザックレーは部屋から外へ投げ出され、死亡します。


諫山創「進撃の巨人」第110話より引用

兵政権に不満が多い国民は、政権が爆撃にされたことに一瞬困惑するも「怒りが届いた」と喜び騒ぎ始めます。

 

兵団の会議室でなぜザックレーが爆殺されたか会議が始まります。

アルミンは本部の部屋から逃げる怪しい調査兵団の新兵の話をしました。

調査兵団はエレンの情報を漏らし懲罰を受けたりしていたりなど、政権に不満がありそうです。

そういう話をしている途中、ニュースが入ります。.

なんと、エレンが巨人の力で地下から脱走しました!

 

エレンの逃げた先にはエレン派のメンバーが集まっています。

彼らのメンバーは多く、中にはザックレーを爆殺したものいるかもしれません。

エレンはジークに会いに行くとだけ話しました。


諫山創「進撃の巨人」第110話より引用

 

内紛でパラディ島は大変騒がしくなっています。

その中に、フードをかぶった謎の女性がいました。

彼女はマーレのピークです。

敵もすでにパラディに到着し、襲撃が始まろうとしています。

スポンサーリンク

進撃の巨人110話ネタバレのまとめ

本部からの命令が遅く、ジークは未だエレンに会えません。

イェレナはエレンと密会した理由を色々と話し、自分はエルディア側の人間だと話しますが、ピクシスやハンジに疑われています。

 

本部では、エレンの解放をしないザックレーが何者かに爆殺されます。

その後、エレンが巨人の力で地下から脱走しました。

エレン派のメンバーがエレン救出のためにザックレーを爆撃したようです。

 

パラディ島で内紛が起こっているところ、ピークが登場します。

国内で大変なことになっているなか、他国とも戦争が始まりそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)