【食戟のソーマ】292話ネタバレ!司たちの異能の片鱗開花!創真は異能にどう立ち向かう?

スポンサーリンク

2018年12月17日発売の「週刊少年ジャンプ3号」の附田祐斗・佐伯俊『食戟のソーマ』292話「持つ者話と、持たざる者」のネタバレです。

「食戟のソーマ292話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

以下ネタバレありの考察と感想なので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

食戟のソーマ292話ネタバレの要点まとめ

食戟のソーマ291話のあらすじ

第三の関門の番人がノワールのひとり・サージェとなった291話。

サージェの牛フィレ肉を食べた大泉は、その品を「必殺料理級」の美味さだと評します。

食べるとその料理人の顔が浮かぶほどの究極の独創性を持つ、自分のアイデンティティ全てを載せた一品、「必殺料理(スペシャリテ)」。

つまり第三の門を突破するためには、この場で「必殺料理」を創り上げなければならないのです。

「表」の料理人たちが絶望する中、ノワールたちは次々と合格。

それもそのはずで、今回のBLUEにノミネートされたノワールは、全員その個性的すぎる調理スタイルで、どこでどんな食材を使っても必殺料理級の品を創ってしまう「異能」を持つ者たちなのです。

そんな中、「表」の中でも手を止めないのは、司、田所、タクミ。

アンに「異能の片鱗を持つ者」と言わしめた彼らが出すのは…?

食戟のソーマ291話のネタバレはこちら

 

司、田所、タクミがそれぞれ身に着けた技

司が取り出したのは、チーズやレモンなどを細かくおろすのに使うグレーター。

それも通常のサイズではなく、かなり長く剣のようなサイズのものです。

司はまるで剣道の突きのようにして、グレーターで肉の塊をおろしていきます。

(附田祐斗・佐伯俊:「食戟のソーマ」292話より引用)

第三の試練の様子を見ている仙左衛門が指摘した通り、この「剣技」を習得した司はノワールたちにも引けをとらないでしょう。

今回司が見せた「長大なグレーターで塊肉をおろす」という調理法は、その技術力もさることながら、通常の調理法としては考えられないという点でノワールたちのスタイルに似ています。

そして田所も成長を見せました。

十傑に入ってから諸外国に渡った田所は、どうやらただその土地や文化の「故郷の味」を学んできただけではないようです。

たとえば和食を食べる習慣のない人に食指を動かしてもらえるよう、料理を「魅せる」必要に迫られました。

といっても、パフォーマンスのように調理している姿を見せるのではなく、あくまでも料理自体を華やかにする技術のようですね。

綺麗な盛り付けや火入れの仕方によって、「美味しそう」という気持ちを自然と湧きあがらせるための術。

これは、「馴染みのないものでも美味しそうだと思えるように」という気遣いと、「料理を目でも楽しんでほしい」という思いやり、つまり田所のホスピタリティが開花した形になります。

一方タクミが取り出したのは、半月包丁・メッザルーナ。

秋の選抜で美作に奪われ、創真が取り返し、しかし自分の力で取り戻すからと創真へと預けておいた道具です。

創真との直接勝負で取り返したのでしょうが…そのエピソードがカットされたのは残念ですね。

それにしても、メッザルーナを取り返すほどの真剣勝負でタクミが創真に勝利できたということは、意外と現十傑メンバーたちは恐ろしいスピードで成長しているのかもしれません。

そしてタクミの「異能の片鱗」ですが、残念ながら「メッザルーナを使ったタクミだけの技術」を磨いてきたとしか明かされていません。

田所とはまた違った形で料理を「魅せる」のだと思われますが…このへんは考察記事で詳しく予想していきます。

スポンサーリンク

創真に「異能」は無い!?

城一郎ははっきりと「創真には異能など存在しない」と断言しています。

城一郎はあくまでも創真のことを「仙左衛門にしつこく言われていなければ、遠月に入学させようとも思わなかった凡人」だとしているようですね。

田所やタクミにさえ「異能の片鱗」がありながら、創真にはそれが無いというのもなかなか納得できない話ではありますが…。

まあたしかに、創真は特別なことは何もしませんからね。

特別な道具を使うわけでも特別な技術を磨くわけでもなく、あくまでも「創意工夫」の域を出ない料理人です。

普通ならば、彼がノワールと渡り合える道理はありません。

しかし、第三の試練中、サージェは創真の雰囲気に驚きの表情を見せます。

 

まさかのバトルスタート!サージェvs創真

第三の試練から数時間後、なんと舞台は大勢の観客に囲まれたバトルフロアになります。

第一から第三の門をくぐりぬけてきた猛者たちしか立ち入れないステージとのことですが、天守閣で行われる最終決戦でもなさそうな様子?

というかこの観客はどこのどちら様たちなのでしょうか?

正直かなり急すぎる展開ですが…恐らくてこ入れによるものなのでしょう。

第一・第二の試練では審査員を満足させる形式のものであり、あぶなげなく進んでいくため単調に感じてしまう人も少なくなかったのでしょう。

やっぱりそれよりは一対一のバトル形式の方が盛り上がりますからね。

そのバトルフロアの第一戦は、サージェvs創真。

どうやらサージェは第三の試練で創真の「何か」を見たらしく、「何者なのだ…?」と困惑している様子。

果たして創真はサージェの「異能」にどのように立ち向かっていくのでしょうか?

>> 食戟のソーマ292話のネタバレ考察&293話の展開予想はこちらから

スポンサーリンク

食戟のソーマ292話ネタバレのまとめ

食戟のソーマ292話では、司、田所、タクミがそれぞれ「異能の片鱗」を見せつけました。

その一方で城一郎にはっきりと「異能がない」と断言された創真。

しかし「異能」の持ち主であるサージェは、第三の試練で創真に何か困惑を覚えた様子。

そんなふたりがぶつかるバトルフロア第一試合、果たしてどうなるのでしょうか?

>> 食戟のソーマ293話のネタバレはこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)