【アイシールド21】最強キャラ決定!強さランキングベスト10!

スポンサーリンク

 

アイシールド21はアメリカンフットボールを題材とした漫画です。

アメリカンフットボールは様々なポジションがあり、それぞれ求める強さが違いますが、今回は総合的に考えた時の最強キャラを独断と偏見で決定してみました!

アイシールド21に登場する全キャラクターの強さランキングベスト10」をご紹介します。

作中での活躍やパワー、スピード、タクティクスなど、あらゆる面でチームとして重要なキャラクターを上位としていきます。

アイシールド21キャラの強さランキング

 

10位 栗田良寛

栗田良寛は泥門デビルバッツに所属する選手です。

ポジションは、主にセンターとデフィンシブタックルを務めているラインマンです。

体重145kgという作中ではトップクラスの巨体でもあり、40ヤード走6秒間5と作中では一番スピードは遅いですが、その代わりパワーが強くベンチプレスは160kgを持ち上げることができるパワー型のキャラクターです。

性格は優しく、メンタル面は試合前には、緊張して跳び箱の中に隠れてしまったり臆病になるなど、あまり強いとは言えませんが、仲間を守る時においては素晴らしい力を出して活躍します。

中学時代からの練習量や仲間を思う気持ちの強さなど、チームワークが重要となるアメリカンフットボールではとても必要なキャラクターと言えるでしょう。

 

9位 峨王力哉

白秋ダイナソーズに所属する選手で、ポジションはディフェンシブタックルを務めています。

1年生ながら日本最強のベンチプレスを誇り、他の人とはいは比べものにならないくらいの巨体の持ち主で、他のキャラクターと比べると大きさがほぼ倍はあります。

40ヤード走を5秒4で走り、ベンチプレスを210kgまで持ち上げることができるなど、パワーがとにかく優れています。

単純な力では最強であり、力のないものがぶつかれば触れただけで骨折するなど、トップクラスの実力を持ちます。

 

8位 大和猛

https://twitter.com/02hyuga07/status/857221634633064452

帝黒アレキサンダーズのエース選手であり、ランニングバックとフリーセイフティのポジションを務めています。

実際のアイシールド21と呼ばれた男でもあり、かつてアメリカのノートルダム大附属中学においてエースランナーとして活躍もしています。

パワー、スピード、メンタルなどあらゆるものにおいて万能な選手あり、オールラウンダーなアメフト選手と言えます。

大和猛は『シーザーズチャージ』という何人がぶつかろうと倒れずに突進できる能力をもっていながら、スピードにおいても4秒2の人間の限界のスピードも出せることから作中で1番バランスとれた選手と言えるでしょう。

ただし、全てが万能だけに1つのことを極めているアイシールド21のキャラクターと比べると、それぞれの能力においては負けてしまうこともあり得るためこの順位にしてあります。

 

7位 蛭魔妖一

泥門デビルバッツに所属し、主将を務めている金髪の頭とつり目が特徴の選手です。

ポジションはクォーターバックで40ヤード走5秒1、ベンチプレスは75kgと脚力やパワーは他の選手に比べて人並みレベルと言えます。

しかし非常に頭が良く、作戦を考えて実行させる点においては、どの選手にも負けない能力を持っています。

蛭魔は戦術眼、知識量、記憶力、実行力といった様々な面に優れておりブラフによる心理作戦や奇襲、トリックプレイなどを巧みに操ることで相手の意表をつくことができます。

アメフトにおいては作戦がかなり重要な要素でもあり、撹乱させることで大量得点につなげていることが多いのでこの順位としています。

蛭魔はクォーターバックとしてもトップクラスであり、どんな強風でもブレないコントロール性を持っています。

 

6位 クリフォード

クリフォードはアメリカ代表選手として選ばれている実力の持ち主であり、ポジションはクォーターバックを務めています。

クォーターバックでありながら、40ヤード4.2秒という高速の足を持っており、レーザービームと呼ばれる速くて絶妙なコントロールのパスを繰り出すことからもクォーターバックとしては1番の実力の持ち主と言えるでしょう。

また、クリフォードは蛭魔にも劣らない頭脳の持ち主であり、心理戦を得意としていて『不敗の勝負師』という異名を持っています。

スポンサーリンク

 

5位 金剛阿含

https://twitter.com/y_k_slave/status/927153688388366336

金剛阿含は神龍寺ナーガに所属する高校2年生であり、ワイドレシーバーとクォーターバックを兼任するエース選手です。

40ヤード走やベンチプレスは真面目に練習をしないので不明ですが、4秒2で走ることができるセナに後ろから追いつくことができることとほとんどの敵を薙ぎ払ってたおしていることからパワー、スピード、頭脳においてもかなり強力な選手と言えます。

金剛阿含は 『100年に1人の天才』と呼ばれるほどの才能ですが、その才能があるがゆえに練習を怠ることもあるため、そういう点でのメンタル面などは弱いと言えます。

また『神速のインパルス』という人間における極限の反応速度により、どんな攻めにも対応できる特性を持っており、反応速度は普通の人間とは比べものにならない速さであるため、アメフト以外のスポーツであっても活躍することができる才能の持ち主です。

 

4位 進清十郎

王城ホワイトナイツに所属し、ポジションはラインバッカーを務める選手です。

進清十朗は脚力、腕力、瞬発力、判断力など様々な能力が完璧な持ち主で、超高校級の選手と言えます。

40ヤード走を4秒4で走り、ベンチプレス140kgを持ち上げられるためスピードもパワーも兼ね備えた万能な選手と言えるでしょう。

弱点という弱点はなく、日常生活においてのみ機会音痴ですぐに機械を壊してしまうことくらいしかありません。

才能もさることながら努力を惜しまず、常に自分を高めるために練習をしているので、そういった点で金剛阿含よりメンタル面などでも上と言えるでしょう。

必殺技である相手のボールもろとも捕まえる『スピアタックル』は強力でリーチの長さからラインとして最強クラスです。

 

3位 小早川セナ

アイシールド21の主人公であり、泥門デビルバッツに所属する高校一年生の選手です。

主にランニングバックを務めていますが、物語後半ではクォーターバックも務めた経験もあります 。

40ヤード走では4秒2で走ることができ、スピードにおいてはトップクラスです。

しかし、試合中に進を腕で弾いた加速によって4秒1を記録したことがあり、本作では一番のスピードを持つ選手となりました。

パワーや体格は他の選手に比べると極端に劣りますが、ランニングバックとしては「パシリ」で鍛えた足の速さで日本最強と言えます。

クリスマスボウルでは大和を倒し、真のアイシールド21と認められ、クリスマスボウル最優秀賞を取っています。

 

2位 パトリック・スペンサー

https://twitter.com/ffasyura/status/883468853241495552

アメリカのNASAエイリアンズに所属する選手であり、物語後半ではアメフトのワールドカップでアメリカ代表選手にも選ばれる実力の持ち主です。

通称はパンサーと呼ばれており、他にも『無重力の足を持つ男』という異名を持っています。

パンサーは滑らかに重力を感じさせないような速さで走ることができ、試合中では人を縫うようにスルスルと走り抜けます。

人類では達しないと言われている4.2秒の壁を破った数少ないキャラクターであり、普通に走った時のスピードにおいてならば最強と言えます。

 

1位 ドナルド・オバーマン

アメリカの代表選手であり、アメリカの大統領の息子です。

ポジションはセンター兼ディフェンシブタックルを務めていて、大きな巨体と貫禄のある風格からは高校生と信じられません。

ドナルド・オバーマンは、父親の政治にも口を出すなど高校生らしからぬ言動が目立ち、日本の代表メンバーを「凡才」と侮辱するほどの実力の持ち主です。

筋肉量がすごいため、パワーでは栗田や峨王よりも強く、複数の言語を扱うなどパワーだけでなく頭も良いまさに「完璧な選手」と言えます。

選手として個人の能力はトップクラスであり、作中では峨王と大和の2人がかりでやっと止めることができるなど、個人の能力で見るとまさしく最強のキャラクターと言えるでしょう。

まとめ

今回は「アイシールド21のキャラクターの強さ」をランキング形式で紹介しました。

やはりアメリカ勢は個人的な能力が高く、上位を独占してしまいますが、日本の選手はチームワークや作戦で連携することでより力を発揮します。

またアメリカンフットボールはそれぞれポジションによって違った強さが求められるため、なかなか全てにおいての総合的な強さで考えた時にランクインしてこないキャラクターも出てきてしまうのが残念なところです。

ポジション毎のランキングを考えながら読んでみるのも楽しいかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)