【エリアの騎士】美島奈々のかわいいシーン10選!

スポンサーリンク

「エリアの騎士」は57巻で完結してしまいましたが、まだまだ多くの人に読まれている人気サッカーマンガです。

そんな「エリアの騎士」作中に登場する人気キャラの美島奈々!

今回はそんな「美島奈々」のかわいいシーン10選をご紹介していきたいと思います。

 

美島奈々とは

「美島奈々」は、主人公である「逢沢駆」と同級生で、「江ノ島高校 サッカー部」のマネージャーをしていました。

「逢沢駆」らと幼馴染なことから「セブン」と呼ばれており、ピッチでは「リトルウィッチ」と言われています。

選手権で「江ノ島高校」が優勝した後に、女子サッカーの「東京キューティーズ」に入団しました。

なでしこジャパンとしても活躍しており、圧巻のサッカーセンスと特殊なフェイントの「ウィッチターン」や「ウィッチフィールド」を得意とする「ファンタジスタ」のような選手です。

 

エリアの騎士「美島奈々」のかわいいシーン10選

 

転校生としてやってくるシーン

これはエリアの騎士第1巻に登場するシーンです。

小学校時代に「逢沢駆」や「逢沢傑」と同じチームだった「美島奈々」は、そのチームではFW(フォワード)をしており、みんなからは下の名前の「なな」をもじって「セブン」と呼ばれていました。

しかし、「美島奈々」は小学5年生の時に、親がアメリカに転勤になり、離れ離れになってしまいました。

そして、中学生になった「逢沢駆」は当時、サッカー部のマネージャーをしていました。

そんな時、小学生時代は背が高く、男っぽかったセブンが女の子っぽくなってアメリカから帰ってきました。

そして、サッカー部のマネージャーを希望しているセブンが同じクラスに転校生としてやってきて、隣の席になった際に「ヨロシクね 駆!!」と言った奈々の最初の可愛いシーンではないでしょうか。

 

なでしこジャパンでゴールを決めたシーン

これはエリアの騎士第7巻に登場するシーンです。

「美島奈々」はアメリカでサッカーをしていた頃、アメリカのプロリーグで最年少デビューをし、いきなりハットトリックを決め、連続試合得点のリーグ記録を達成する直前で姿を消した天才少女「リトルウィッチ(小さな魔女)」と言われていました。

しかし、日本に帰ってきてからは公式戦などに出場していませんでしたが、当時のなでしこジャパンの「五島監督」とキャプテンである「一色妙子」が「リトルウィッチ」の力を貸してくれるように頼み、親善試合に出場しました。

そして、途中交代で投入された直後に、相手の意表をついた芸術的ループシュートを決めた際に「やった!!」と言ったシーンの奈々の可愛さは絶妙です。

 

代表合宿後の練習のシーン

これはエリアの第16巻に登場するシーンです。

インターハイ決勝「鎌学VS東京蹴球学園」を見た後、「逢沢駆」はU-16世代別日本代表合宿に選出されました。

日本代表合宿の最終日まで残った「逢沢駆」は、「U-16アメリカ合衆国代表」と親善試合を行いました。

後半に途中交代として出場し、いきなりチームメイトであった「荒木竜一」からパスを受け、早速φトリックで相手を抜きましたが、結果的に取られてしまいました。

そして代表合宿から帰ってきた日の練習で、セブンに「φトリックを進化させる」と言われ、戸惑っていた駆に「平気よ私なら信じてる 駆ならやれるって」と言ったシーンです。

 

江ノ島高校の文化祭でのシーン

これはエリアの騎士第16巻に登場するシーンです。

クラブ活動が盛んな「江ノ島高校」の文化祭はすごく盛り上がっており、サッカー部の出し物は「メイド喫茶」にしました。

不満を言っていた駆たちも嫌々ながらメイドの格好にしました。

そんな時、「江ノ島高校」のサッカー部のマネージャーたちもメイドの格好をし、「美島奈々」の格好を見た瞬間に来店していた客たちはかなり盛り上がっていましたね!

 

男子更衣室でのシーン

これはエリアの騎士第20巻に登場するシーンです。

「φトリック」の成功率を上げるために自主練習をしていた「逢沢駆」のところに、最近なでしこジャパンで浮いていた「群咲舞衣」が来て、シャワーを浴びたいと言い、男子更衣室のシャワーを浴びることになりました。

そんな時、「美島奈々」が駆を呼びに来て焦った駆は「群咲舞衣」にトイレに隠れてもらい、セブンの話を聞きました。

セブンの話は、「群咲舞衣」がチームで浮いているが、なでしこジャパンが勝つためには必要な選手との話でした。

そして、帰る時にセブンが「トイレに舞衣ちゃんいたでしょ?」と言い、完全にバレていましたときのシーンです。

スポンサーリンク

 

久々に海でみんなが揃うシーン

これはエリアの騎士第52巻に登場するシーンです。

関東で開かれたインターハイ決勝を見にきた「逢沢駆」たち。

「鎌倉学館VS鳳凰学園」との試合は6-0で「鎌倉学館」が勝利しました。

その後、海で久々に「逢沢駆」と「中塚公太」、「美島奈々」、「佐伯祐介」の中学時代の仲間が揃いました。

先に着いていた駆と公太のところに、セブンが「おはよー、今日も暑いね」と言ったシーンです。

公太の弟はセブンを見れて嬉しそうでしたね。

 

優勝した夜に駆が帰宅した時のシーン

これはエリアの騎士第54巻に登場するシーンです。

2部リーグの優勝をかけた試合で、「逢沢駆」が決勝点を決め、優勝し得点王に輝きました。

そして、優勝祝賀会でかなり盛り上がった駆たちは、家に帰るのもかなり遅くなりました。

しかし、家の玄関を開けた瞬間に家族全員が優勝を祝ってくれ、なんと「美島奈々」も家にきてくれ祝ってくれました。

その際に「おめでとう 駆」と言ったシーンです。

駆はセブンを見て涙目になっていました。

 

駆と砂浜で話すシーン

これはエリアの騎士第57巻に登場するシーンです。

病院に心臓のことで検査に行った駆は、心臓の状態がかなり良くなっているのを聞き、砂浜でセブンに報告しました。

そして小学生時代からセブンが夢だった「日本代表のユニフォームを3人で着られますように」と言い、そして「3人でワールドカップ」と言ったシーンです。

めちゃくちゃ可愛いですね!

 

駆が公園でセブンに告白するシーン

これはエリアの騎士第57巻に登場するシーンです。

昇格一年目にして1部リーグを優勝した「湘南ブルーインパルス」の駆は、「佐伯祐介」との約束でセブンに告白することを決めました。

そしてその日の夜の公園で、駆は「セブン キミがです」と言い、セブンは「私の片想いじゃなかったんだ」と泣きながら喜んでいました。

このシーンは美島奈々の可愛さもさることながら、エリアの騎士の作中でも、とても素晴らしいシーンだと思います。

 

ワールドカップ決勝前に駆と話すシーン

https://twitter.com/ssiknt/status/854636502239723520

これはエリアの騎士第57巻の最後に登場するシーンです。

何年後かに日本代表のエースになった駆は、ワールドカップ準決勝でブラジル代表に勝利しました。

そして、決勝戦ドイツ戦に向けて、動画を見ていた駆にセブンが寄り添い、「ここまで来たね とうとう」と言うシーンです。

この美島奈々の言葉を聞き、駆はモチベーションを高めていました。

 

まとめ

以上「エリアの騎士の美島奈々のかわいいシーン10選」をご紹介いたしました。

この他にも作中にはたくさんの「美島奈々」のかわいいシーンがたくさんあると思います。

もう一度、漫画を読み返して見てみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)