【ジョジョ】心に残る!名バトルランキングベスト10

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険では、主に「スタンド」という守護霊のような存在であるそれぞれの精神力から生まれた特殊能力を使って戦うバトルが魅力です。

また、ジョジョの奇妙な冒険では、どの敵も非常に強力で、自分の力を最大限に発揮できるような状況を作り出してから戦いに挑むプロフェッショナルが多く登場します。

そんなジョジョの奇妙な冒険の中でも、特に激しく迫力のある「名バトル」をランキング形式でご紹介します。

 

ジョジョの奇妙な冒険名バトルランキング

第10位 プッチ神父VS空条徐倫

このバトルは、ジョジョの奇妙な冒険第6部「ストーンオーシャンズ」でのプッチ神父が操るシームーンと空条徐倫のバトルです。

重力を操ることができるシームーンによって攻撃されれば、皮膚が裏返ってしまう状況に陥る徐倫。

普通ならば勝てない相手であり、実際に徐倫もかなりの痛手を負いますが、それでも自分の能力を最大限に発揮して、糸の能力を持つストーンフリーというスタンドで、自分の体を裏表のないメビウスの輪のような形にすることで回避します。

ジョジョの奇妙な冒険では、能力自体が一発喰らえば死んでしまうのもおかしくないものも多いですが、信念と覚悟で乗り越えているところが魅力であり、このバトルはその中でも他の漫画ではできないような策なため、第10位としてランクインさせました。

 

第9位 テレンス・T・ダービーVS花京院典明

このバトルは、ジョジョの奇妙な冒険第3部「スターダストクルセイダーズ」でのダービー兄弟の弟と花京院のバトルです。

このバトルでは殴り合いの勝負ではなく、純粋にテレビゲームのカーレースで勝負するというジョジョのバトルの中でも異質なものであることとそれでもお互いの心理の読みあいが出ている激しい戦いが魅力の名バトルです。

やっていることはただのテレビゲームですが、スピード感や心理戦の部分、そして最後の大どんでん返しなど手に汗握るバトルであることからランクインしています。

 

第8位 ブルーノ・ブチャラティーVSセッコ

このバトルは、ジョジョの奇妙な冒険第5部「黄金の風」のコロッセオでのブチャラティとセッコとのバトルです。

コロッセオで待つポルナレフを保護するために、コロッセオに向かおうとするブチャラティと、その目的を見破るためのセッコの激しいアクションが魅力です。

また、ボスにやられたことで、一度死んでいると思われるブチャラティーの限界が近づいているというピンチもあることからも、非常に緊張感のあるバトルと言えます。

 

第7位 ファニー・ヴァレンタイン大統領VSジョニー・ジョースター

このバトルは、ジョジョの奇妙な冒険第7部「スティール・ボール・ラン」のラスボスであるヴァレンタイン大統領とジョニィー・ジョースターによる最終バトルです。

ジャイロの命をかけての最後のレッスンを受けて、やっと馬の力を利用した回転を撃ち込むことに成功するなど、今までのすべてのスティール・ボール・ランのレースは遠回りのようで遠回りじゃなかったことが伝わる名バトルです。

どちらにもそれぞれの正義があり、どこまでも信念を貫き通そうとするヴァレンタインの気高さも、敵ながらカッコいいのでランクインさせています。

 

第6位 ディアボロVSジョルノ・ジョバーナ

このバトルは、ジョジョの奇妙な冒険第5部「黄金の風」のラストバトルです。

ギャング組織であるパッショーネのボスのディアボロとジョルノの強力なスタンド勝負が手に汗握ります。

時間を吹き飛ばし、結果だけしか残らないという強力なスタンドに対して、ゴールドエクスペリエンスレクイエムで、最後は死を繰り返させるという他の漫画ではなかった勝利を見せるなど、かなり個性的でカッコいい終わり方だと言えるでしょう。

ディアボロによって、次々と仲間が殺されていくのは辛く悲しいですが、その分、勝った時の爽快感は凄まじいと言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

第5位 川尻早人VS吉良吉影

このバトルは、ジョジョの奇妙な冒険第4部「ダイヤモンドは砕けない」の戦いです。

バトルと言っても川尻早人はまだ小学生であり、自分の父親が本当の父親ではないことに気づいて、その正体をなんとか他の人に知らせようとする懸命な対抗であり、他のバトルとは一味違います。

吉良の新しい能力、バイツァ・ダストによって、吉良の正体を教えようとすればするほど被害は広がり、何度も同じことを繰り返してしまうという最悪のループを小学生一人でなんとかしようとする姿がかっこよく応援できます。

 

第4位 吉良吉影VS広瀬康一

このバトルは、ジョジョの奇妙な冒険第4部「ダイヤモンドは砕けない」の吉良吉影の正体を突き詰めた広瀬康一と吉良吉影のバトルです。

自分の判断ミスによって承太郎を怪我させてしまう広瀬康一でしたが、スタンドが進化したことで吉良を追いつめます。

結果的に、吉良には敗北して殺されかけそうになりますが、自分が吉良のことを見つけられたならば絶対に他の人にもバレると断言する姿がかっこよく、広瀬康一の成長がわかる名バトルです。

 

第3位 ヴァニラ・アイスVSイギー&ジャン=ピエール・ポルナレフ

https://twitter.com/57SGE/status/947755615136268290

このバトルは、ジョジョの奇妙な冒険第3部「スターダストクルセイダー」でのディオの館でのイギーとポルナレフとヴァニラ・アイスの名バトルです。

不意打ちの攻撃によって、ポルナレフとイギーをかばって死亡したアブドゥル。

暗黒空間から攻撃してくるという最強の敵に、ポルナレフとイギーが協力をして戦う姿は非常に熱い展開です。

また、このバトルではイギーも最終的にポルナレフを守ることで死亡してしまうなど衝撃的な内容なので、ジョジョの奇妙な冒険の名バトルの中でも、トップクラスに悲しく切ないバトルと言えるでしょう。

 

第2位 吉良吉影VS東方仗助

このバトルは、ジョジョの奇妙な冒険第4部「ダイヤモンドは砕けない」の吉良吉影と東方仗助の最終バトルです。

吉良吉影のスタンドであるキラークイーンの爆発する能力によって、親友の虹村億泰がやられてしまいます。

友の仇を討つために、吉良と対峙する仗助が非常にかっこよく、まさしくギリギリの死闘のひとつでしょう。

吉良を追いつめるところまできて立てなくなる仗助に、意識を取り戻した億泰がスタンドで助けるシーンは感動的でまさしく名バトルと言えます。

 

第1位 ディオVS空条承太郎

このバトルは、ジョジョの奇妙な冒険第3部「スターダストクルセイダー」での最終バトルです。

母を救うために日本からエジプトまで来た承太郎や、ジョセフ・ジョースターの旅もこの闘いに勝つことで達成するという最終局面であり、ジョジョの奇妙な冒険のなかでも一番有名なバトルです。

時を10秒止めることができるディオによって、仲間が次々と倒れていく中、承太郎も時を2秒だけ止めることに成功して反撃する姿は最高にカッコいいです。

最後の空条承太郎の「テメーの敗因はただ1つ。お前は俺を怒らせた」という言葉は、承太郎の多くを語らない男のかっこよさが出ており感動します!

 

まとめ

今回は「ジョジョの奇妙な冒険の名バトル」をランキング形式でご紹介しました。

ジョジョの奇妙な冒険では、どの戦いも主人公たちは死にかけるほどのピンチに陥ります。

それでもあきらめずに信念を貫いて勝ちきるところがかっこよく、深い内容だと感じるのでしょう。

全ての行動に無駄がなく、プロフェッショナル同士の極限のバトルだからこそ、こういった緊迫感のある名バトルが生まれるのではないでしょうか!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)