【ジョジョ】第4部心に残る名言&名シーンベスト10

スポンサーリンク

 

ジョジョの奇妙な冒険の第4部である「ダイヤモンドは砕けない」ではジョセフ・ジョースターの息子にあたる東方仗助という高校生が主人公のストーリーです。

非常に人気なシリーズで人気キャラクターも多く、名言もたくさん存在します。

しかし、その中でも4部の名言はなんなのでしょうか。

個人的に印象的な名言をランキング形式で紹介します。

スポンサーリンク

ジョジョ第4部名言&名シーンランキング

 

第10位 深い理由なんかねぇよ。なにも死ぬことはねーさっきはそー思っただけだよ

このセリフは、敵であった虹村億泰が兄の虹村形兆に殺されそうになった時に助けて、なぜ助けたのかと億泰本人に聞かれたときに言ったセリフです。

敵であったのにもかかわらず、つい体が動いて助けてしまった仗助の優しさが見られるセリフであり、後に親友同士となる二人の友情シーンでもあります。

 

第9位 スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによぉー

このセリフは、東方仗助がハイウェイスターという時速60キロで追ってくるスタンドから逃げながら本体を探し、ついに噴上裕也を倒した時の名言です。

長いこといろいろな道を走り回り、やっと病院で本体である噴上裕也を見つけて仕返しできた時の仗助の心の晴れやかさを表現したセリフです。

このかわった独特な言い回しによる例えがかなり特徴的で、印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

 

第8位 ひょっとしたら康一かもしれないと思ったら…万が一でも康一だっつー可能性があるのならその『紙』を助けに行かねぇわけにはいかねぇだろう。

このセリフは、エニグマという紙になんでも封印することができるスタンド使いに、広瀬康一が人質にとられてしまった時の東方仗助のセリフです。

親友である広瀬康一が人質として紙に封印されてしまったことから、仗助があえて囮だとわかっていても飛び込んだ時のセリフであり、仗助の友達思いの優しさと漢気のあるかっこやさが際立った名言です。

スポンサーリンク

第7位 質問を質問で返すなぁー

このセリフは、殺人鬼である吉良吉影が川尻浩作という男に成り代わって殺人衝動を抑えている時に、電車であった生意気なカップルを殺した時の吉良吉影の名言です。

電車でいちゃもんを付けられて腹が立ったことで尾行して、家の前で彼氏をすぐさま爆殺します。

そして、吉良が彼女の名前を聞いた際に彼女の方は「か、彼、あたしの彼を、いったい?」と言ったことで吉良吉影が激怒しながら言ったセリフです。

吉良吉影の異常性や、きっちりしている几帳面な部分などがよく出ているセリフでもあり、よくネットなどでも「パロディー」として真似られることがあります。

 

第6位 もっとも難しいことは、いいかい、もっとも難しいことは自分を乗り越えることさ。ぼくは自分の『運』をこれから乗り越える。

このセリフは、漫画家のスタンド使いである岸部露伴が「じゃんけん」によるスタンドバトルで運に見放されているときに、自分がピンチを乗り越えるために言った名言です。

ジョジョの奇妙な冒険では、普通の殴り合いのバトルだけでなく、ポーカーやジャンケンなど変わった戦いもあります。

しかし、それでもしっかりと心理戦の駆け引きが面白くなっており、今回のこのセリフでは岸部露伴の強い意志とあきらめない気持ちが伝わる言葉でもあります。

スポンサーリンク

 

第5位 お前はバカ丸出しだっ。あの世でお前が来るのを楽しみに待っているぞっ

https://twitter.com/risisuwb/status/899988768370733057

このセリフは、杜王町に住む殺人鬼の吉良吉影の正体をついに突き止めた広瀬康一の名言です。

顔と名前を割り出すことに成功して、さらにスタンドバトルによって吉良吉影に対して有利に立ったものの反撃にあい、殺されそうになっているときの発言です。

広瀬康一は勝負には負けていますが、高校生の自分が吉良を殺人犯として断定できたならば、他の人も絶対に気づくときが来ると吉良に精神的なダメージを与えることに成功しています。

そんな第4部での最強の敵に一泡吹かせた広瀬康一のかっこよさが伝わる名シーンです。

 

第4位 だが断る

このセリフは、ジョジョの奇妙な冒険の中でも1、2を争うほど有名なセリフであり、「パロディー」として使われることもあることから名言としました。

「だが断る」というセリフは、ジョジョの奇妙な冒険の第4部「ダイヤモンドは砕けない」に出てくる漫画家の岸辺露伴が発言したものです。

トンネルに現れたスタンド「ハイウェイ・スター」の罠にハマってしまい、養分を吸い取られている時に「仗助を誘い込めば命は助けてやる」という交換条件を出されたときに言っています。

岸辺露伴の「仲間は裏切らない」かっこよさと、自分より上の立場だと思っているやつを苦しめたくなる「ひねくれた性格」が表されている名言です。

スポンサーリンク

第3位 ぼくは生まれて初めてマジに心の底から神様にお祈りした。どうかこの僕に人殺しをさせてください。

このセリフは、川尻浩作という普通のサラリーマンになりすまして生活をする吉良吉影の正体を、元の川尻浩作の息子である川尻早人が感づいてなんとかして吉良を殺そうとしているときの名言です。

この時、吉良義景は一度川尻早人を殺してしまいピンチに陥ったのですが、時間を巻き戻す能力を手に入れることで最強となってしまいました。

その能力をなんとか自分一人で解決しようとする川尻少年のシーンであり、小学生が「神様に人殺しをさせてください」と祈るのはとても奇妙であり、深い言葉ということからも名言としています。

 

第2位 やかましい!生きたんならよォ~さっさと目を醒ませ~コラァ~ッ

このセリフは、殺人鬼である吉良吉影によって虹村億泰が致命傷を負ってしまい、東方仗助のスタンド能力でも治らなかったと思っていたところで、時間がたって生きていたと分かった時の仗助のセリフです。

一度死んでしまったと思っていたところで、仗助がピンチになった時に助けに入るという熱い演出が非常に印象的であり、感動したという読者も多いのではないでしょうか。

仗助の億泰に対する友情がわかる大事な名言です。

 

第1位 だしな・・・テメーのキラークイーンを

https://twitter.com/gurukaruLOVE/status/724245999791661057

このセリフは、ジョジョの奇妙な冒険第4部「ダイヤモンドは砕けない」での東方仗助の吉良吉影の最後のバトルでの東方仗助が吉良吉影に向かって言った名言です。

東方仗助は、顔を変えて姿をくらました吉良吉影を追い詰めるところまで行きますが、吉良のスタンド能力により親友の虹村奥泰は致命傷を受けてしまいます。

そして、さらに吉良の父親の指示によって空気の爆弾を遠隔操作されて攻撃してくるため、なかなか射程圏内に入れずに攻撃できない仗助。

しかし、仗助の機転により父親を倒し、吉良吉影に攻撃を喰らわせることでボロボロになって射程圏内に近づきます。

このセリフは、第四部の最終局面にふさわしい戦いであり、絶妙な駆け引きと友達を殺された敵をついに追いつめたというところが非常にかっこよく名言と言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上「ジョジョの奇妙な冒険第4部の名言&名シーン」をご紹介しました。

ジョジョの奇妙な冒険第4部では主人公が高校生ということもあり、友情にまつわる名言が多いような気がしました。

また、4部では岸部露伴や吉良吉影などの人気キャラも多く、それぞれが特徴的な名言を残しているので非常に選ぶのが難しかったです。

あなたはどの名言が一番心に残っているでしょうか。

自分なりのランキングを作ってみるのも面白いかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)