【スラムダンク】珍プレー&好プレーをまとめてみた!名場面ランキングベスト5

スポンサーリンク

伝説のスポーツ漫画、スラムダンク。

読み終わる頃には誰もがランキングを組めるようになるくらい、印象的なプレーが数多く描かれました。

またギャグのレベルも高く、試合中に飛び出す珍プレーも秀逸でした。

今回はそんなスラムダンクの名場面を、珍プレーと好プレーに分けて、それぞれランキング形式でトップ5にまとめてみました。

 

スラムダンク珍プレー名場面集ベスト5

 

第5位 ゴリの頭にダンク

公式戦でのプレーではありませんが、スラムダンクファンの登竜門的珍プレー。

桜木に1オン1を持ちかけた赤木でしたが、桜木の抜群の身体能力により、赤木の巨体の遥か頭上から振り下ろされたボールは、リングではなく、赤木の頭に直撃します

もちろん、桜木は故意にやったわけではなく、初心者ゆえにリングとの目測を誤ったことと、持ち前のどこか抜けている性格が起こした不幸な事故です。

桜木へ対する愛着と愛嬌が一気に強まった名場面でもあります。

 

第4位 高砂にパス

白熱する王者・海南大付属戦の試合終盤、2点差を追う湘北は外れた三井のシュートを桜木がリバウンドし、ゴール下にいるゴリへとパスしますが、ボールが跳ねた先にいたのは、ゴリとよく似た海南大の高砂でした。

数あるスラムダンクの名場面の中の一つで、正直「珍プレー」と位置づけることすら憚れるような、スポーツ漫画史上最も悲しい幕切れでした。

しかし、パスミス自体はよくあるミスとはいえ、バスケットボールにおいて最も集中力の高まる終盤で、いくら高校生とはいえ、相手にパスしてしまうという「事故」はなかなか起きるものではありません。

悔しさから試合後に涙を流した桜木のことを思うと、珍プレーだと言うのは失礼な気もしますが、やはり珍しいことは珍しいため、珍プレーとしてランクインさせていただきました。

 

第3位 ルーズボールを追う桜木を襲った悲劇

インターハイ予選の神奈川県大会最終戦、巻ければ全国出場の夢が途絶えるという両者崖っぷちの試合で、珍プレー第3位に入る出来事が起こります。

ルーズボールに飛び込んだ桜木は目測を誤り、腹から覆いかぶさってしまいます。

さらに、勢い余って体が前へ進んだことで、ボールが股間を通過、もとい、痛過していきます。

これぞまさしく、正真正銘の「珍」プレー

痛みに悶絶する桜木、股間を通ったボールを触ることに尻込みする選手たち、笑う観客、そして一人理解が追い付いていない晴子というお笑い要素盛りだくさんの名場面でした。

 

第2位 顔面シュート

第2位は王者山王戦で桜木が成功させた顔面シュートです。

湘北のポイントガード宮城は、深津のディフェンスに苦戦しながらも、隙をついてドライブからシュートを放ちますが、それを山王のエース沢北が豪快にブロックします。

しかし、ボールが飛んだ先には桜木の顔面が…。

しかも跳ね返ったボールは奇跡的にリングの中へ入ってしまいます。

これにはブロックした沢北も大口を開けて驚愕します。

そこへ桜木の顔面シュート発言。

さらには桜木の冗談に乗っかった宮城の「計画通り発言」により、この珍プレーは名場面への一つへと昇華しました。

2重の奇跡が重なった、ちょっと痛い珍プレーでした。

 

第1位 頭上にダンク・アゲイン

桜木の記念すべき公式戦デビューの相手、三浦台のキャプテン村雨の頭上にダンクを決めた珍プレーが堂々の第1位です。

村雨のラフプレイに阻まれ、湘北で桜木ただ一人だけ得点のない状況にイラ立っていたとはいえ、このダンクもやはり故意ではなく、桜木の未熟さと滅茶苦茶さゆえ。

コート上で見ていた最初の被害者赤木も、「またやった」と呆れ顔。会場は大爆笑。そして桜木は退場。

スラムダンクに限らず、おそらく全てのスポーツ漫画の頂点に輝く最高の天丼珍プレーではないでしょうか。

スラムダンク珍プレー名場面集は以上になります。

次は好プレー名場面集ベスト5をご紹介します。

スポンサーリンク

 

スラムダンク好プレー名場面集ベスト5

 

第5位 仙道をブロック

https://twitter.com/tsuripooh/status/724525880282771456

全国の切符をかけた陵南戦。

魚住がベンチに下がった後も、必死にチームを支え続けた仙道の前に赤木が立ち塞がる名場面からのランクインです。

陵南の3人が速攻を仕掛けてきた場面で、一人自陣ゴール下に戻っていた赤木は、仙道のパスフェイクからのシュートを完全に読み切り、鮮やかにブロックしてみせます。

作中で仙道がブロックされた二回のうちの一回で、湘北が波に乗るきっかけにもなりました。

赤木が吠えるより前に、このプレーを見て吠えた読者も多いのではないでしょうか。

 

第4位 ダブルクラッチダンク

数々の名場面を演じてきた流川ですが、中でも群を抜いて凄いのは、海南大付属戦で見せたこのダブルクラッチからのダンクです。

リアルな難易度の話をするのもいささか無粋ではありますが、これ、本場アメリカのNBAの選手でもできる人はおそらくほとんどいません。

それを日本の高校生がやってのけるのですから、陵南の田岡監督の言う通り、末恐ろしい高校生です。

 

第3位 4点プレイ

 

https://twitter.com/maasaa2502/status/783608028822052864

王者山王工業との試合終盤、5点差を追う湘北高校は速攻の機会を得ますが、山王が誇る超高校級プレーヤーの深津と河田がゴール前に立ちはだかる名場面。

ドライブを封じられた宮城はしかし、サイドに走っていた三井へとノールックパスを通します。

とっくに体力の限界すら通り越していた三井ですが、自身を追ってきた松本に対してファウルを誘うフェイクをかけ、執念の4点プレイを成立させます。

三井によくぞ走っていたと心の中で称賛を送る木暮や、ベンチで泣いている石井を見て、もらい泣きしてしまったという方もきっと多いはず。

涙と興奮なしには見られない、胸の熱くなる好プレーです。

 

第2位 初めてのダンク

「絶対勝ぁつ」の叫び声と共に、スラムダンクの名場面の一つに度々挙げられるこのプレー。

得点が認められた桜木のダンクはわずかに3回ですが、その最初の一本が神奈川ナンバーワンの牧を吹っ飛ばしてのダンクでした。

しかも、牧のファウルによりバスケットカウントワンスローの機会を得たことで、湘北に逆転への望みを繋げてみせました。

結果として、このダンクによる得点が海南戦最後の得点となってしまいましたが、間違いなくこの試合の興奮度をピークに持って行った好プレーです。

 

第1位 左手は添えるだけ

https://twitter.com/copenhagen1983/status/800722082505994240

王者山王にトドメを刺した一本にして、物語最後の得点。

桜木のブザービーターシュートが栄えある名場面第1位に輝きました。

このプレーが心に残らない読者はいないと断言できるほどの名場面で、スラムダンクを知る人にランキングを組ませれば、まず間違いなく上位にランクインする究極の好プレーではないでしょうか!

バスケの神様と呼ばれるマイケル・ジョーダンが優勝を決めた時のシュート、「ザ・ショット」をモチーフにしたというこのシュート。

正直、実物より感動できるのではないかとさえ思ってしまいます。

スラムダンクを伝説に押し上げた名場面にして、最高の好プレーでした。

 

まとめ

以上、スラムダンクの珍プレーと好プレーの名場面をそれぞれランキング形式でご紹介しました。

今回紹介できなかった中にも、まだまだ隠れた珍プレーや好プレーがたくさんあります。

それを探しにスラムダンクをもう一度開いてみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)