【スラムダンク】最強メンバーで最強チームをつくってみた!

スポンサーリンク

 

神奈川の一校だった湘北高校が、数々の強豪と戦い、そして全国最強の山王工高との試合も果たしました。

スラムダンクでは神奈川のプレイヤーや、全国の選手など、多くのキャラクターが登場してきましたが、そのメンバーで最強チームを作るとどのような構成になるでしょうか。

C(センター)、PF(パワーフォワード)、SF(スモールフォワード)、PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)の5つの部門で最強メンバーを選出し、「スラムダンク最強チーム」を作ってみましたのでご覧ください。

 

スラムダンクの最強メンバーで最強チームをつくってみた!

 

C(センター)河田 雅史

主人公チームのキャプテン赤木は、大学でも活躍するほどの実力があるセンターだと言われています。

しかし、高校バスケットで頂点に位置する山王工高のセンター河田は、大学でトップスリーに入ると評価されていました。

また、もともと身長が低くスモールフォワードをしていたことから、ゴール下からでなく遠い位置からでもシュートをキメることができます。

スリーポイントシュートも打ち外しますが、自らリバウンドし得点にしました。

赤木曰く、神奈川の花形、高砂、魚住といった猛者たちとは別次元のセンターだそうです。

 

C(センター) 次点 森重寛

スラムダンク後半で登場した謎の新人です。

中学2年にバスケを始めたばかりであるにも関わらず、すでにトッププレイヤーの頭角を表し、数々の試合で活躍してきました。

桜木の、流川とはまた別のライバルのようなポジションでしょう。

 

PF(パワーフォワード)桜木花道

本作の主人公、桜木花道です。

バスケを始めたばかりの素人であるにも関わらず、身長とパワー、ジャンプ力で強い選手たちと戦って来ました。

陵南の魚住に対しては、バスケット関係なく、ただ自身の身体能力に任せた「フンフンディフェンス」でボールを奪っています。

また、彼は自分のことを「天才」だと信じて止まないという、高い自己評価を持っています。

山王工業戦の朝にも、赤木、流川、三井、宮城というチームメンバーが緊張している中、一人だけリラックスしていました。

仙道など強いプレイヤーが出てくるたび「俺が倒す」と言い、全国最強の山王に対しても「俺が倒す」と演説を始めます。

さらにその自信は拍車をかけ、バスケを始め四ヶ月ほどしかないのにも関わらず、沢北や流川の影響でアメリカを目指し始めるほどです。

しかし、その自信に実力がものすごいスピードで追いついていき、湘北では欠かせないメンバーになりました。

試合を制するというリバウンドを得意とし、「リバウンド王」という称号を持ちつつあります。

安西先生が直々に指導した谷沢という天才プレイヤーがいますが、彼曰く桜木は谷沢をも凌ぐ逸材だそうです。

 

PF(パワーフォワード) 次点 野辺将広

山王のパワーフォワードです。

山王には河田弟という、魚住以上の巨体を活かしたもう一人のパワーフォワードがいます。

しかし、野辺はサイズは小さいですが、経験を積んで来ており、河田弟以上の実力者と言えるでしょう。

 

SF(スモールフォワード)沢北栄治

現時点で日本No.1の高校生プレイヤーです。

生まれた時からバスケットに触れ、日本の高校生で誰よりもバスケをしてきた人物でもあります。

彼と同等のプレイヤーが日本にいないため、常に退屈と戦って来ました。

アメリカなら沢北レベルのプレイヤーが存在するため、湘北高校との試合後は渡米すると言っています。

片手で下からボールを投げ、ディフェンスを回避するシュート、桜木曰く「へなちょこシュート」を打ちますが、河田が言うに日本では沢北が初めてこの技を使ったようです。

神奈川のエース仙道が、自分より上のプレイヤーだと認めています。

スポンサーリンク

 

SF(スモールフォワード) 次点 流川楓

日本一のバスケットプレイヤーを目指している湘北高校のエースです。

中学の時にすでに活躍していた日本で有名なバスケットプレイヤーであり、またその恵まれた容姿からファンクラブができています。

「日本でNo.1プレイヤーになる」というとても高い目標と、桜木と同じくらい高いプライドを持っています。

そのため、桜木のライバル的なポジションでありますが、桜木が一方的に噛み付いているように見えるところも多々見受けられます。

沢北との1on1では、彼に勝てば日本一になることができると燃え上がり、最終的には沢北を翻弄するプレーを見せています。

沢北のへなちょこシュートを即コピーし、赤木には底が知れんと驚かれました。

安西先生曰く、桜木と同じく谷沢以上の逸材だそうです。

 

PG(ポイントガード)仙道彰

陵南のエースであり、神奈川ベスト5でもあります。

湘北戦では、圧倒的に不利な状況にも関わらず「仙道ならなんとかしてくれる」という信頼を持たれ、その期待通りに試合を逆転させました。

流川に「全国にはお前以上の選手がいるのか」と聞かれ、唯一出した名前が「北沢」でした。(彼は名字を覚えておらず、「沢北」と間違えています。)

 

PG(ポイントガード) 次点 牧紳一

神奈川の王者、海南大付属のキャプテンです。

海南は、神奈川で常に予選で優勝しているチームであり、仙道がいる陵南にも当然勝利しています。

牧が神奈川のトッププレイヤーと言われていましたが、陵南戦では、仙道が自分の地位を抜かしつつあると予感していました。

 

SG(シューティングガード)神宗一郎

海南のシューティングガードであり、難易度の高いスリーポイントシュートを次々と決めていきます

実はその精密性は、才能からくるものではなく反復練習による努力で作られたものであって、簡単には崩せない安定感があります。

 

SG(シューティングガード) 次点 諸星大

愛知のスターである諸星が次点になります。

愛和学院の監督曰く、山王の沢北を倒せるのは彼しかいないとのことですが、彼はその自信がない模様です。

湘北が山王で力を使い果たし、続く試合ではボロ負けしましたが、その時湘北と対戦したのが、彼率いる愛和学院でした。

 

まとめ

以上「スラムダンクの最強メンバーで作った最強チーム」をご紹介しました。

安西先生が、湘北メンバーに「君たちは強い」と言い、それは「赤木や桜木など一人一人のメンバーが機能した時、チームとして最強になる」という意味だと、陵南戦で発覚しました。

スラムダンクに登場した全ての選手から、強豪プレイヤーでとりあえずの最強チームを作りましたが、まだそれぞれの選手がチームのメンバーとして役割を果たすことができるのかわかりません。

しかし、一人一人が機能しチームワークが保たれれば、とても強いチームになると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)