【ナルト】最強忍術決定!忍術の強さランキングベスト10!

スポンサーリンク

 

ジャンプの大人気忍者漫画「NARUTO -ナルト-]。

原作は2014年に完結しましたが、その人気は絶大で「BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-」という続編が作られるほどです。

忍者というだけあって「NARUTO」の作中では様々な忍術が登場します。

今回はそんな忍術の中で「最強だと思われる忍術」をランキング形式で紹介していきたいと思います。

なお、今回のランキングではボルトのキャラクターはランキングの対象外になりますが、ナルトで登場しているキャラクターのボルトでの設定や描写は参考にしてランキングを作成しました。

ナルト最強の忍術ランキングベスト10

 

10位 求道玉(ぐどうだま)

血継限界を超えた血継淘汰さえ超えた術で、六道仙術を開花した者のみが使える忍術です。

風火土雷水陰陽の性質を持つ変幻自在の玉を出しそれを自由に操ることができます。

触れた物を消し去ることができるので防御、攻撃共に最強クラスの忍術です。

最強クラスの忍術ですが六道同士の闘いでは決め手にならないのでこの順位になりました。

 

9位 六道・地爆天星(りくどう・ちばくてんせい)

対象に強力な引力を持たせ、周りの岩などを引き寄せて閉じ込め封印する術です。

規模が凄まじく、この術をかけられた者は、最終的に月の大きさの岩に閉じ込められることになります。

圧倒的な力を持つ大筒木カグヤでさえ封印できる術なのでこの順位になりました。

 

8位 イザナギ

うちは一族の血継限界「写輪眼」の瞳術の中でも、究極の幻術と呼ばれている術です。

通常は相手にかける幻術ですが、この術は術者自身に幻術をかけて、自分にとって不利な出来事を夢に、有利な出来事を現実に変えてしまう術です。

最強クラスの忍術ですが弱点もあり、時間制限があり(写輪眼によって個人差がある)その時間を過ぎるとイザナギを使用していた写輪眼は失明してしまいます。

ですが、作中の志村ダンゾウのように、複数の写輪眼をストックして使用すればリスクのない忍術になるのでこの順位になりました。

 

7位 別天神(ことあまつかみ)

シスイの両目の万華鏡に宿った瞳力で、幻術にかけられた自覚すらないまま相手を幻術にかける最強の幻術です。

通常幻術は自身や他人によって解除することができるのですが、幻術にかけられた自覚が無いので幻術を解除しようとすら思えないのでかけられたら解除不可能の術です。

弱点は一度使用すると特定の方法を使用しないと十数年のインターバルが必要になることです。

万華鏡写輪眼の開眼者にすら効果があり、向き合った状態の一対一なら最強の忍術なのでこの順位になりました。

 

6位 天之御中(アメノミナカ)

https://twitter.com/snka1010/status/764081996507193346

大筒木カグヤの術で異空間に対象を自由に転移させることができます。

移動させることの出来る空間は、始球空間、溶岩の海の空間、氷漬けの空間、産の海の空間、超重力の空間、の6つの空間です。

移動場所を自由に決めることができ、移動にかかる時間も一瞬で、その瞬間も相手に察知されることも無く、移動先に相手だけ置いてくる事も可能で脱出するには、相当のチャクラと神威のような特別な力が必要です。

一部を除く者を確実に倒せる術なので、この順位になりました。

スポンサーリンク

 

5位 うちはサスケの完全体須佐能乎(かんぜんたいすさのお)

「永遠の万華鏡写輪眼」によってのみ到達できる須佐能乎の完全体です。

山を切り裂く程の攻撃力と十尾の尾獣玉すら受けきる程の防御力を持ちます。

それに加えサスケの完全体須佐能乎は、無限月読を受けない能力があり、幻術に対する防御力もあるのでこの順位になりました。

 

4位 神威(かむい)

オビトの両目の万華鏡に宿った術で、独自の時空間を発生させそこに自由に物を転送したり、その時空間から物を転送することができる術です。

自身を時空間に送り相手の攻撃を躱したり、相手の一部を時空間に送ることでその部分をねじ切ったり、武器に神威の力を乗せたりなどかなり万能な術です。

この術によって発生した時空間には、神威を持つ万華鏡写輪眼を持った者しか入ることができません。

自身に対してオートで神威による攻撃回避がついているので、幻術以外はまず攻撃を受けることがなく、攻撃面も最強クラスなのでこの順位になりました。

 

3位 金輪転生爆(きんりんてんせいばく)

https://twitter.com/DuniaNarutoID/status/867365216345923586

大筒木トネリが使用した術で金色のチャクラ刀を生み出す術です。

このチャクラ刀は月を真っ二つにするほど強力な物です。

破壊対象の規模が今までの術とは桁違いで、神威で回避しても地球を破壊することで時空間から出てこれなくしたり、そもそも認識できない位置からこの術で攻撃されたら、対応の使用がないのでこの順位になりました。

 

2位 無限月読(むげんつくよみ)

https://twitter.com/aquataka007/status/907538038481227777

十尾のチャクラを利用して自らの眼を月に投影して、地球の全ての者を幻術にかける術です。

サスケの「完全体須佐能乎」や「口寄せ・穢土転生」で呼び出された者には効かないという弱点はありますが、発動に気づかなければ前者は完全体須佐能乎の発動に間に合わないし、後者は穢土転生の術者さえ幻術にかけてしまえば穢土転生を解除することができるのであまり問題はないと思います。

前準備がかなり大変ですが発動してしまえばほぼ不可避なのでこの順位になりました。

 

1位 口寄せ・穢土転生(くちよせ・えどてんせい)

生きた人間を生贄にすることによって死者の魂を現世に呼び出し、蘇生させる術です。

蘇生した後に札を埋め込むことによって、自由に操ることができます。

この術によって蘇生された者は基本的には六道の力以外で死ぬことがなく、体がバラバラになってもチリが集まり再生します。

さらに穢土転生で蘇った者は、チャクラが尽きることが無くなり痛覚も無くなります。

術者が死んでも穢土転生は解除されないという特徴を持っています。

 

穢土転生で蘇った者への対抗策は、屍鬼封尽などの封印術による魂自体の封印、封印術による物理的な拘束、六道の力による破壊、蘇った者自身による自力の解除、 穢土転生の術者を操っての術の解除などがあります。

また、蘇った者自身が穢土転生を解除すると、ほぼ不死身で尽きることの無いチャクラを持った状態で現世に残り続けることができます。

極論を言えば、この術さえあれば今まで紹介してきた全ての術が使えるようなものなので、口寄せ・穢土転生が最強の術ランキング1位になりました。

まとめ

以上が「ナルト最強の忍術ランキングベスト10」になります。

今回は幻術や体術や瞳術や陰陽遁なども忍術として考えてランキングにしました。

また使用者は考慮せず術の力のみでランキングにしたつもりです。

 

やはり、ランキングの半分を強力すぎる能力の写輪眼による瞳術が占め、残りのほとんどを大筒木の術が占める結果になりました。

そんなランキングの中で1位になったのは、唯一誰にでも使える可能性のある口寄せ・穢土転生でした。

穢土転生は使用難易度に対して使用時の効果が高く、どんな状況にも対応できる万能な術なのでこの術を超える術はないと思います。

 

今回紹介した術の他にも強力な術は沢山あるので、是非原作コミックスを読んであなたが思う最強の忍術ランキングを考えて見て下さい!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)