【ナルト】感動!泣けるシーンランキング

スポンサーリンク

「NARUTO-ナルト-」は、週刊少年ジャンプで連載されていた「忍者」をテーマとした漫画です。

落ちこぼれの主人公が里の長である火影を目指して奮闘するというストーリーであり、努力や諦めないことの重要性を描いています。

「NARUTO-ナルト-」にはたくさんの泣ける名シーンがあります。

なので、今回はそんなたくさんある名シーンの中でも、特に「泣けると思われるシーン」を厳選して、ランキング形式で紹介していきます。

 

ナルト泣けるシーンランキング

 

第4位 ロック・リーと我愛羅の対戦

この名シーンは中忍試験での、ロックリーと我愛羅による本選に向かうために行った予選です。

絶対的な防御をほこる「砂の忍」である我愛羅と、体術の使い手ロック・リーの激しい戦いが見どころで、泣けるシーンであるうえに、戦闘シーンも迫力があり見応えがあります。

ロック・リーは、かつて落ちこぼれであり、幻術も忍術もまったく使えないことから、多くの人にバカにされていました。

しかし、下忍になってガイ先生と出会うことで、体術を極めて強くなりました。

ロック・リーには忍術や幻術が使えなくても、立派な忍者になれるということを証明するという目標があります。

また、同じチームの天才と呼ばれている日向ネジに勝つことを目指していて、日々努力し続けていました。

中忍試験では、先に日向ネジやうちはサスケ、うずまきナルトなど戦ってみたかった相手が本選に進んでいます。

そこで自分も本選に進むためには、下忍の中では最強であろう我愛羅と対戦することになりました。

体術だけを極め続けて、ひたすら攻撃をしますが、我愛羅の絶対防御の前ではあまり効果がありません。

そして、「表蓮華」という必殺技を使っても、回避されて大ピンチに陥ります。

最後に、自分の忍道を貫き守り通すために、最終手段の超必殺技「裏蓮華」を使います。

しかし、我愛羅には、その決死の技も破られて腕まで破壊されました。

上忍が試合を止める中、気絶してでも自分の忍道を貫くために戦うロック・リーの姿は、涙なくして見れません。

 

第3位 自来也の死

このシーンは、自来也が一人で暁のボスの正体を探りに行ったときです。

単身で潜入するも敵の敵に見つかってしまい、戦うことになります。

そして、ペイン六道という輪廻眼を使う強敵を前にして、自来也は仙人モードになりながら戦います。

ペインの凶悪な能力に苦戦しながらも、自来也は能力の秘密を探りだし、本当の相手は誰なのかを導き出します。

そして、3人相手でしたが、ついに幻術にハメることによって倒すことに成功しました。

しかし、新手に攻撃されてしまい、腕をもがれるという致命傷を受けてしまいます。

しまいには、喉までも潰されて、敵の正体を教えることができなくなってしまいました。

死ぬ直前の中、弟子にあたるうずまきナルトのことを思い出して、弟子にかっこ悪いところは見せられないと最後の力を振り絞ってメッセージを書き上げます。

死ぬ直前に、水の底に沈みながらナルトに想いを託して死んでいく姿は、非常にかっこよく、泣けるシーンです。

また、主要メンバーである自来也の死という衝撃的な展開による悲しさと、自来也の死を知りナルトが静かに泣く姿は、とても泣けるシーンといえるでしょう。

 

第2位 イタチの死

https://twitter.com/narutomananan/status/947139442984173568

このシーンは、うちはイタチとうちはサスケによる戦いの後、うちはイタチの本当の意図を知るまでの部分です。

うちはイタチは、弟であるうちはサスケを残して一族の全員をみな殺しにして里を抜けました。

家族や一族をみな殺しにされたことで、サスケは兄を憎んで、復讐するために力をつけます。

そして、時は経ち、サスケはイタチを殺すために、イタチの前に立ちはだかります。

お互いが全力で「写輪眼」を使った幻術の掛け合いをしますが、最終的には、イタチは「スサノオ」を発動させてサスケの目を奪おうと近づきました。

しかし、その直前にイタチは「あること」を言って死んでしまいます。

サスケも倒れて目を覚ますと、目の前にはうちはマダラを名乗る仮面の男が立っており、イタチの本当の真実を語ります。

実は、うちは一族は、再び、里を手中に収めようとクーデターを計画していました。

そして、うちはイタチは二重スパイをしていたことから、最終的に、弟の身の安全を火影と約束することで、みずからの一族をみな殺しにすることを決意します。

他の家族や一族は殺せても、弟だけは殺せなかったイタチの思いや、自分が犯罪者になろうとも里の平和のために生きていたことを知るサスケ。

里のためにすべてを捨てて、弟を影から見守るイタチの生涯を考えると非常に泣けるシーンです。

また、忍の世界の過酷さがわかるシーンでもあります。

 

第1位 アスマの死

このシーンは、シカマルなどの部下を引き連れて、暁のメンバーである飛段とアスマが戦った場面です。

指名手配中の暁を倒すために、アスマ達は飛段と角都に戦いを挑みました。

しかし、飛段には特殊な能力があって、ダメージをいくら受けても死にません。

さらに、結界の中でダメージを喰らうことで、血を舐めた相手は一緒にダメージを受けてしまいます。

この最強の術によって、アスマは急所を突かれて死んでしまいます。

突如のアスマの死は受け入れがたく衝撃的な場面です。

また、なんとかこの危機的な状況を救おうとするシカマルの必死さや、もう助からないのだと確信して、最後にアスマの言葉を聞く元教え子のシカマル、いの、チョウジの姿が印象的です。

アスマは結婚していて、奥さんである紅には子供が授かっているなどの状況なども考えると、よけいに悲しいシーンと言えるでしょう。

シカマルがアスマのタバコを吸って目に煙がしみて涙が出ると、アスマの死での涙ではないようにごまかすシーンも感動的です。

さらに、その後アスマの敵を取るために、アスマのタバコを大事に吸いながら飛段と再戦するシカマルの姿はかっこよく、最後にアスマのタバコを使ってとどめを刺す場面は演出も非常によく、この一連のシーンは涙ぐむシーンが多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は「NARUTO-ナルト-」での泣ける名シーンをご紹介しました。

泣けるシーンとなるとどうしてもキャラクターの死に関わる場面が多くなります。

死に際というのはそのキャラクターの生きざまを表している部分でもありますし、後のものに託す言葉や覚悟など普通のシーンよりも、より感情的で熱いシーンが多いからでしょう。

あなたのNARUTOでの泣けたシーンはあったでしょうか。

NARUTOには多くの泣けるシーンがあるため、読み直してランキングを作ってみても面白いかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)