【ハイキュー】泣ける場面はコレ!絶対泣けるシーン3選

スポンサーリンク

ハイキューは、週刊少年ジャンプで連載されているバレーボールをテーマとしたスポーツ漫画です。

主人公の日向昇陽は、烏野高校でかつてエースを務めていた「小さな巨人」に憧れます。

そんな「小さな巨人」のようになるために、烏野高校に入って全国大会優勝を目指します。

ハイキューには個性豊かなキャラクターが多く、熱くて感動的な泣けるシーンがたくさんあります。

今回はそんなハイキューの泣けるシーンを3つ厳選してラご紹介していきます。

 

ハイキュー泣けるシーン

 

伊達工業高校との試合

烏野高校の三年生である東峰は、エースとして活躍していましたが、前の大会で伊達工業高校の鉄壁のブロックに捕まってしまい、責任を感じてしまいました。

そして、自分の責任で負けたことを悔やみ、自分にボールが上がることも恐れるようになって、部活を休みがちになってしまいます。

しかし、後輩である西谷は、「最後まで諦めるんじゃない」と東峰に対して怒り、ケンカになってしまいます。

そして、新しく烏野高校には、日向や影山が入部して強くなっていきます。

また、伊達工業高校と当たることになり、まだトラウマが残る中、東峰は試合に出場します。

日向と影山の活躍もあることで、なんとか接戦になっています。

しかし、大事な場面でブロックされてしまい、このままでは負けてしまうというところで、西谷は反射的に足でボールを上げることに成功します。

以前はブロックされたものをとれなかった西谷が、練習によって取れるようになっていたのです。

その上がったボールを完全にフリーで、東峰はスパイクを打ち込みます。

今までの恐怖心を取り払う重要なポイントであり、西谷のかっこよさと東峰のかっこよさが伝わるシーンです。

試合展開の緊張感や苦手なものをチームとの絆で乗り切る場面。

さらに、東峰の最後に日向に言う「俺はエースだけどお前はヒーローだな」というセリフが印象的で感動的です。

スポンサーリンク

 

山口のジャンプフローターサーブ

このシーンは、山口が青葉城西高校との公式戦2回目に当たった時、ピンチサーバーでポイントを決めた名場面です。

山口は、唯一烏野高校バレー部の一年生の中ではレギュラーじゃありませんでした。

そして、山口は「このまま他のメンバーの背中を見て応援するだけは嫌だ」と感じて、OBの先輩から、「ジャンプフローターサーブ」という無回転の強力なサーブを教わります。

試合になり、初めての青葉城西の公式戦にて、山口はピンチサーバーとして抜擢されます。

緊張してガチガチになった山口は、惜しくもジャンプフローターサーブは決まらず、ネットにかかってしまい、下げられてしまいます。

この悔しさを胸に夏の合宿に励む山口。

そして、和久南戦でもピンチサーバーとして抜擢されますが、この時もまた緊張してしまいます。

1本目はギリギリ決めますが、2本目は「逃げ」に走ってしまい、山口は「自分の情けなさ」に落ち込みます。

そして、ついに青葉城西高校との再選。

再び烏野高校はピンチとなり、山口のピンチサーバーに運命を委ねられました。

ココで決められなければ、さらに点を引き離されてしまうと言う重要な場面です。

そこで緊張しながらも山口は「ジャンプフローターサーブ」を打ちます。

そして、そのジャンプフローターサーブはアウトのように見え、青葉城西高校のメンバーもアウトだとジャッジして、ボールを避けます。

しかし、無回転の効果により、急激にボールの軌道は変わり、山口の打ったジャンプフローターサーブはコートに入ります。

山口が初めてしっかりと自分の力でポイントを取れたシーンでもあり、合宿などの辛い練習を乗り越えた成長が見られるシーンでもあります。

山口は、ハイキューにおいては特に「才能がない普通の選手」として脇役のポジションでした。

しかし、ピンチサーバーとしての自分のポジションを見つけて努力した結果、努力が報われると言う非常にスポーツ漫画らしい感動シーンで、とても印象的なシーンです。

また、山口は普通の少年だからこそ、必要以上に緊張したり、ダメな自分に悔しさや怒りがわくところなどが上手く描かれているので、山口が輝いた時に涙した人は多いのではないでしょうか。

 

和久谷南高校戦での縁下力の活躍

https://twitter.com/yu__0907gen/status/947494748528435200

このシーンは、和久谷南高校戦で急きょ出場することになった縁下が活躍する名場面です。

この和久谷南高校戦では、田中と澤村がボールを必死で取ろうと飛び込んだことから、澤村が頭を打ってしまい、怪我をします。

チームのメンバー、しかも、部長という精神的支柱にもなっていた澤村が抜けてしまうという事態に、烏野高校に緊張が走ります。

さらに、田中は自分のせいで澤村を怪我させてしまったと思い、自分を責めます。

そんな場面で、澤村の代わりとしてメンバーに入ったのが縁下でした。

縁下は、チームの同じ2年生からも信頼が厚く、次期部長と言われています。

しかし、縁下は以前養烏前監督が練習に参加した時に、あまりにもハードな練習から逃げ出してしまいました。

そのことを自分の中ですごく気にしており、自分は部長になんかなれないと思っています。

ましてや、急に部長の代わりとして、コートに立つことなんて無理だと極度のプレッシャーに押しつぶされそうになります。

しかし、縁下の不安をよそに、チームメンバーは縁下を信頼して勇気づけます。

縁下は、以前練習から逃げた時に練習しない開放感を一瞬だけ感じましたが、逃げることの方がつらいんだと実感して、再び練習に戻るようになった過去があります。

そんな逃げることの方がよりしんどいとわかっているからこそ、今自分にできることをやろうと決意します。

緊張して震えながらも、声を出して立ち向かう縁の下の姿が非常にかっこよく感動します。

さらに、試合に出てからは自分にできることを探して、積極的に策を提案するなどの活躍を見せています。

難しいボールを意地でも喰らいついて、拾いポイントを取った後の西谷に「ナイスレシーブ」と褒められるシーンは特に感動的です。

 

まとめ

今回はハイキューの泣けるシーンを紹介しました。

ハイキューは主人公から脇役までしっかりと、努力している部分や、弱い部分を描かれていて感動できる部分が多いマンガです。

そのため泣けるシーンはたくさんあり、選ぶのが非常に難しいですが、個人的に特に泣けたものを厳選して紹介しました。

努力が報われた瞬間や、誰かに認められた瞬間など一度は経験したことあるような感極まるシーンをドラマティックに描いているので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)