【ハンターハンター】心に残る名言&名シーン20選

スポンサーリンク

 

ハンターハンターには長年の連載の中で様々な名シーンがあり、人生でも教訓になるような素晴らしい名言がたくさんあります。

今回はハンターハンターの中で個人的にカッコよかった「名言&名シーン」をまとめてみましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

ハンターハンター作中で登場した名言20選

 

予知しよう、君は踊り狂って死ぬ

天空闘技場でのヒソカとカストロのバトルでのヒソカの名言です。

カストロのドッペルゲンガーによる攻撃を完全に見切り、精神的に揺さぶるために言ったセリフであり、ヒソカの不気味で底知れぬ強さが垣間見える名言です。

 

オレにとってこの状態は昼下がりのコーヒーブレイクと何ら変わらない平穏なものだ

ヨークシンにて、クラピカがクロロを拉致した時のクロロの名言です。

クラピカの能力によって、念能力は全く使えずに殺されるかもしれない状況にて、全く動揺しないクロロの精神力の強さがわかるセリフです。

クロロのハンターとしてのメンタルの強さやプロフェッショナルさが伝わるシーンでもあります。

 

お前にあえて本当に良かった

グリードアイランドにて、ゴンがキルアに向かって「キルアと会えて良かった」と言われた時のキルアの心の中での一言です。

正面から気持ちを伝えられるゴンの素直さと、キルアの恥ずかしいけど本当にゴンに感謝している2人の友情がわかる名言です。

 

お前が降りろゲンスルー

グリードアイランド編にて、ゴンとゲンスルーの一騎打ちでのバトルで言ったゴンの名言です。

ゲンスルーの能力によって手足を吹き飛ばされる可能性がある中、ゲンスルーがゴンを諦めさせるために、わざと「命だけは助けてやる」と言ったのに対して言ったゴンのセリフであり、ゴンの1度言ったら絶対に曲げない意志の強さが表れています。

また、この時にゴンがゲンスルーに対抗する手段を思いついた時のセリフということもあって、ゴンのかっこよさが際立っているシーンとも言えるでしょう。

 

もちろんキルアを紹介するよ、オレの最高の友達だって

グリードアイランドのラストシーンにて、グリードアイランドをクリアしてビスケからゴンの父親であるジンに会ったら何をするか聞かれた時のゴンの名言です。

ゴンの素直でまっすぐな性格が表れたセリフであり、ゴンとキルアの友情がとても伝わるシーンです。

スポンサーリンク

うん 僕ちょっと強いかも

キメラアント編で、カイトを倒したネフェルピトーの名言です。

ゴン達をかばいネフェルピトーに一瞬にして片腕をもがれて、ゴンとキルアを逃がす時間稼ぎのために闘ったカイトの生首を持ちながら言ったセリフであり、ネフェルピトーの強さが初めてわかる衝撃のシーンの一言に驚愕した読者も多いのではないでしょうか。

 

まじいな・・・やりづらいんだよな趣味の合う奴とはよぉ

キメラアント編にて、レオルとモラウの戦闘の前に会話した時のモラウの名言です。

ライオンの姿をしたキメラアントであるレオルが、戦闘前に音楽を聴き出してバンドの話をするのに共感したモラウの心情であり、プロフェッショナルとして倒さなければいけない相手だが、趣味が合うことでやりづらくなる葛藤のセリフです。

これから激しい戦闘の前のピリついた緊張感がある中、迷いが生じたり牽制したりという敵対する者同士の心理戦がハンターハンターの良いところでもあり、それを表しているセリフだと思ったので選びました。

 

ピトーコムギを治せ

キメラアント編にて、コムギが突然の宮殿の破壊によって大怪我を負い、死にそうになった時に王であるメルエムがピトーに言った名言です。

キメラアントとしては人間は食べる対象であり、支配しようとする者の1人ですが、軍棋という将棋のようなゲームを通してお互いをわかり合い、王がコムギを大切な者としてハッキリ認識したシーンでもあります。

ハンターハンターでは、敵もただの悪ではなく、しっかりとした自分の中の正義や愛情を持っていることがわかる名言です。

 

呪われてるのは『お願い』する方だ

アルカの中に潜む得体の知れない人格である「ナニカ」のなんでも願いを叶える能力を利用しようとするイルミにキルアが言った名言です。

ナニカはなんでも願いを叶えられるため、悪用されて危険な存在として抹殺されようとイルミに狙われますが、キルアはナニカが潜む妹のアルカを守るために1人で兄と対峙して言うシーンであり、キルアの妹に対する愛情とナニカの能力に問題があるわけではなく、ナニカにお願いする方が悪いと庇う優しさがわかる名言です。

 

道草を楽しめ 大いにな

世界樹にて、やっとゴンが父親であるジンに会った時にジンがゴンに伝えた名言です。

これはハンターとしての先輩のアドバイスでもあり、父親としてのアドバイスでもあるジンがゴンに一番伝えたかったことなのではないでしょうか。

これは漫画だけじゃなく、人生でも言えることだと思います。

目標を持って最短ルートで進む事も大切ですが、その道中も楽しんでこその人生だし、無駄な事は何1つ無いと様々な冒険をしたジンだから説得力のある名言だと思います。

スポンサーリンク

 

挑戦を止めた時が人生の終わる時

ハンター協会の会長であったネテロが言っていたセリフであり、暗黒大陸に行く事が発表された時にネテロの子供であるビヨンドネテロが紹介した名言です。

常に鍛錬を重ねていたネテロ会長らしいセリフであり、実生活にも当てはまる言葉だと思います。

なにかと安定を望む人が多いですが、現状維持だけを望んで挑戦しなければ成長せずに、そこで後は死ぬのを待つだけというハンターのプロフェッショナルな雰囲気もわかるセリフです。

カイトは生きてる

カイトがゴンとキルアを守るために、捨て身の覚悟で王直属護衛軍の1人であるネフェルピトーと戦った後のゴンがキルアに言ったセリフです。

ゴンの父親の弟子であるカイトの強さを信頼しているゴンの精神的強さがわかります。

また、この一言で見殺しにしたと自分を責めていたキルアを救う一言にもなり、より2人に強い絆が生まれるシーンなのでかなり重要なシーンと言えるでしょう。

それだけに、カイトがネフェルピトーにこの後殺されてしまったのがわかる場面は衝撃的でもありました。

スポンサーリンク

オレが会長になったら協会を私物化するからな

ハンター協会の会長を選ぶための選挙演説で言ったレオリオの名言です。

ゴンが無理な念能力を使ったことで生死の境を彷徨っている姿を見て、ゴンの父親であるジンに「声をかけてやれ」と殴って言ったことから会長に相応しいのではないかと急に投票数が上がったレオリオ。

レオリオは友達であるゴンを助けることを最優先としていて、選挙どころではないという意味も込めて言ったセリフです。

会長になったら私物化するというのは、ある意味ではゴンのためだったらなんでもすると誓っている「レオリオの熱い友情」が見られるシーンです。

 

畜生ッあの野郎オレをオレをゴミみたいに見やがった

キメラアント編にて、ユピーにやられたシュートがナックルに仇を取るように頼んだ時の名言です。

任務としてはナックルには隠れていてもらうのがベストであり、そう命令するのがシュートの任務上では最善の策です。

しかし、敵にゴミのようにあしらわれた悔しさを、戦友であるナックルに頼まずにはいられなかったこととナックルを信頼しているからこそ頼めたセリフだと思います。

 

3つ?冗談だろ?動き全てが罠だぜ

グリードアイランド編にて、キルアがゲンスルーの仲間と戦った時の名言です。

裏の裏の裏くらいまでのどこまでも計算し尽くされたキルアの戦略的な戦闘シーンのセリフであり、キルアらしい名言です。

 

見逃してやってくれ

キメラアント編にて、ナックルがモラウを助けるためにユピーの前に現れて言った名言です。

師匠思いであり、仲間思いのナックルらしいセリフでもありますが、ナックルの念能力によってユピーを倒す目前まで来ていた状況ゆえに、とてつもない危険な行為であり、緊張感があるシーンでもあります。

プロのハンターとして任務を遂行する方を選ぶか、人として仲間を守るかの究極の2択を迫られた時のナックルの立場を考えると、とても辛い状況でしょう。

 

だから退かない

ハンター試験にて、ゴンとハンゾーの一対一での対決で参ったと言わなければ殺すと言われた時のゴンの名言です。

ここで退いたら父親には会えない気がするというで、命を懸けてでも「参った」と言わないという気持ちをハンゾーに伝えるシーンであり、ゴンのまっすぐな父親に会いたい気持ちがわかる名言です。

 

カンペキに勝つだろ?ゴン

https://twitter.com/877moooocchan/status/773176409942478848

グリードアイランド編で、レイザーというゲームマスターとゴン、キルア、ヒソカなどがチームを組んでドッジボール対決をした時のヒソカの名言です。

激しい念能力を使ったドッジボール対決で全力を振り絞り、最後の最後で気絶したゴンに対して、ヒソカが完璧にゴンを勝たすために自分の能力を使いながら言ったセリフであり、ヒソカの強さとかっこよさがわかるシーンでもあります。

ヒソカがこの後、何をしでかすかわからない不気味さとかっこよさが伝わる名言です。

 

おやすみなさいメルエム

キメラアント編の最後であり、敵であった王であるメルエムが死んだ時のコムギが言った名言です。

かつては人間を駆逐するために生まれ、支配しようと考えていたメルエム。

そして、建国するまでの間に軍棋という将棋のようなゲームを、プロであるコムギと打つことによって人間にも優れているところがあるとわかり、コムギのことを大切な者として認識します。

そして、毒に侵され寿命が残り少なくなった王が死ぬまで、コムギと側にいることを望みそれに付き添ったコムギの言葉。

立場は違えど、2人は軍棋を通して分かり合え、お互いがかけがえのない存在であったとわかるシーンでもあります。

 

もうこれで終わってもいい

「カイトを治さない」とネフェルピトーに言われ、今までカイトを助けるために頑張っていたゴンの精神が壊れた時の名言です。

この言葉を最後に、ゴンは自分自身に誓約をかけて、通常なら使えないような強力な念能力を使うまでに無理矢理成長し、ネフェルピトーを殺しました。

そこまでカイトのことを助けたいと思っていて、それだけに頑張ってきたゴンの絶望したセリフです。

スポンサーリンク

まとめ

以上「ハンターハンターの名言20選」でした。

ハンターハンターには今回ご紹介した名言のほかにも、沢山の名言と呼べる台詞が登場します。

ぜひ、原作コミックスを読んで、あなたのお気に入り台詞を探してみて下さい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)