【ハンターハンター】継承戦をくわしく解説してみた!

スポンサーリンク

ハンターハンターは、2018年の2月現在の時点では「暗黒大陸編」に突入しており、その暗黒大陸につくまでの間に、カキン王国の次の王を決めるための王位継承戦が行われています。

王位継承戦は、非常に多くのキャラクターの思惑が入り混じった奥の深い心理戦や駆け引きが醍醐味です。

王位継承戦にはルールが決められていて、それぞれの王子には念獣がついています。

今回は、そんなハンターハンターの中で行われている「王位継承戦」について詳しくまとめてみましたので、解説していきます。

 

王位継承戦とは

カキン王国の現国王であるナスビ=ホイコーロ。

ナスビ=ホイコーロは暗黒大陸に人類を送りこみ、そこから持ち帰ってきた人類に大きな利益を与える資源を狙っています。

また、その偉業を成し遂げたとされる名誉もです。

そして、暗黒大陸に着くまでに、次期王になるものを決める王族の親戚同士による殺し合いである王位継承戦を始めました。

しかし、王位継承戦にはただの殺し合いではなくルールがあります。

王位継承戦のルールはまず1つ目に、後継者の資格は14人の王子にのみ与えられるということです。

その資格を持つ14人の王子は赤ん坊から老人、女性なども含まれています。

 

そして、2つ目のルールは、暗黒大陸に向かうための「出港セレモニー」に参加しないと、王位継承戦自体が不参加となります。

 

3つ目のルールは、セレモニー前に誰かの死亡が確認された場合は中止となります。

ちなみにこのルールはすでにセレモニーも開催しているので、関係なくなりました。

 

王位継承戦は、暗黒大陸に向けて出港した瞬間にスタートします。

そして、始まれば最後の1人になるまで継承戦は続きます。

 

最後のルールとして王族を殺害した者は、家族全員死罪となり王族同士でも有罪となります。

そのため王族は何人もの護衛をつけており、その中にはハンターも多く含みます。

つまり、王位継承戦は、念能力による暗殺のしあいとなります。

 

壺中卵(こちゅうらん)の儀とは

王位継承戦に参加する14人の王子達は、カキン王家に代々伝わる儀式である「壺中卵(こちゅうらん)の儀」を行います。

壺中卵(こちゅうらん)の儀は、カキン初代国王が蟲毒より発想を得て具現化した壺です。

やり方は簡単であり、壺に継承の証である本人の血を壺に入れた後、王即位への思いを念じて壺の口に入れることで終わります。

この壺中卵(こちゅうらん)の儀を終えると、それぞれの王子達に「霊獣」と呼ばれる念の生き物が付きます。

霊獣はその者の性格や考え方に影響を受けた形態や能力に変貌しますが、本人では見ることができません。

この霊獣は、主に念能力が使うことができる他の人物には見ることができます。

霊獣の本能として、霊獣同士はお互いに殺しあわないことと、霊獣の憑いた人間を直接攻撃しないことは決まっています。

このことからもこの霊獣はいかに王子達の護衛についているハンターなどを倒すかにもかかっていますが、未だ能力は判明していません。

 

王位継承戦に参加している王子一覧

ここまでは王位継承戦のルールや王位継承戦での重要な霊獣について紹介しました。

ではその王位継承戦に参加する王子はどんな人物なのでしょうか。

第1王子 ベンジャミン

第1王子のベンジャミンは、体格の良い男性でライオンを絞め殺しているなど、おそらく全王子の中でもパワーに関しては最も強い人物です。

母はウンマであり、第4王子であるツェリードニヒは直の弟です。

ベンジャミンは念能力者であることがわかっており、「星を継ぐ者(ベンジャミンバトン)」という能力を使います。

さらに、軍事最高副顧問として軍を指揮する事も許されていることから、軍事的な知識も豊富であり、一番の次の王として有力とされてもいます。

作中ではクラピカに警戒しており、各王子の部屋に監視を置き、動向を探っています。

 

第2王子 カミーラ

第2王子のカミーラは女性です。

カキン王国の場合は女性であっても王子と呼ばれます。

まつ毛が長い気の強い女性であり、願っただけで実現しないことが理不尽だと言い張るかなりプライドの高い人物です。

カミーラの母親はドゥアズルであり、同じ母親の兄弟として第5王子のツべッパ、第7王子のルズールス、第9王子のハルケンブルグがいます。

カミーラも念能力者であり、「百万回生きた猫(ネコノナマエ)」という能力を使います。

作中では先に第1王子のベンジャミンと第9王子のハルケンブルグを殺すと母親に宣言しています。

 

第3王子 チョウライ

第3王子のチョウライは坊主頭の年配のおじさんです。

念については無知であり、クラピカと接触を計ることで念について知ることになりました。

母:トウチョウレイという人物です。

 

第4王子 ツェリードニヒ

第4王子のツェリードニヒは長髪の男性です。

作中で女性を数人虐殺するなどの残忍さを見せており、人体収集家でもあります。

そして、クルタ族の緋の目を持っています。

母はウンマであり、第1王子 のベンジャミンが兄にあたります。

作中でもおそらく一番の危険人物であると予想され、王位継承戦でも重要なキャラクターであると思われます。

念能力の天才であり、凄まじいスピードで念能力を覚えています。

 

第5王子 ツベッバ

第5王子のツベッバはおかっぱあたまの男性です。

母はドゥアズルであり、兄弟には第2王子 カミーラ、第7王子 ルズールス、第9王子 ハルケンブルグが存在します。

ツベッバは知的で論理的であり、クラピカにも友好的です。

 

第6王子 タイソン

第6王子のタイソンは年配の女性です。

男性好きのようであり、若い男性の護衛を多くつけています。

タイソン教団という教団を設立していて愛を重要視しています。

母はカットローノです。

 

第7王子 ルズールス

第7王子のルズールスはひげ面のドラックの常習者です。

母はドゥアズルであり、第2王子のカミーラ、第5王子のツべッパ、第9王子のハルケンブルグがいます。

 

第8王子 サレサレ

第8王子のサレサレは王位継承戦に意欲的ではない中年の男性で女性好きです。

常に周りには女性がいて、晩餐会で何か仕掛けると女性に言っています。

母はスィンコスィンコです。

 

第9王子 ハルケンブルグ

第9王子のハルケンブルグは鼻の大きなもみあげが特徴的な男性です。

カキンの王子の中では最も学力に優れており、人格者でもあります。

ハルケンブルグは王子としてツェリードニヒを認めています。

また、そのため王位継承戦から離脱することをナスビに伝えています。

母はドゥアズルです。

 

第10王子 カチョウ

第10王子のカチョウは女性です。

一見強がって気の強い女性に見せていますが、センリツにウソをついていることを見破られています。

母はセイコであり、第11王子のフウゲツは双子にあたります。

 

第11王子 フウゲツ

第11王子のフウゲツ黒髪のおかっぱ頭の大人しそうな女性です。

母はセイコであり、第10王子のカチョウとは双子です。

 

第12王子 モモゼ

第12王子のモモゼは編み物をしていた品のある女性です。

母はセヴァンチであり、弟に第13王子のマラヤームがいます。

誰かに暗殺されていますがいまのところ犯人は判明していません。

 

第13王子 マラヤーム

第13王子のマラヤームは幼い男の子です。

母のセヴァンチに溺愛されています。

姉のモモゼが死亡したことで少なからず怯えて動揺しています。

 

第14王子 ワブル

第14王子のワブルまだ生まれたての赤ん坊であり、オイトを母に持ちます。

クラピカが護衛している王子でもあり、何か特別な能力があるような描写もありますが、今のところ判明していません。
 

スポンサーリンク

まとめ

今回は現在ハンターハンターにて描かれている王位継承戦について紹介しました。

今までのシリーズ以上に複雑な駆け引きが行われているため、少し話を見逃すだけで追いていかれてしまいます。

また、凄まじい情報量なので丁寧に読まないと理解しにくい部分もありますが、間違いなく面白くなると思うので今後も注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)