【ヒロアカ】デクは再び無個性になる?個性消失弾が誰に使われるのかを考察!

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』のインターン編で、オーバーホールから敵連合が奪った「個性消失弾」。

『ヒロアカ』という作品の肝であり、ヒーローになるには欠かせない「個性」を永久に消失させるという恐ろしい弾丸です。

この個性消失弾が誰に使われることになるのか、主人公であるデクを始めとして考察してみました!

原作25巻までのネタバレがあります。

>>「【ヒロアカ】デクの個性が覚醒!?父親の正体や個性などをまとめてみた」はこちらからご覧いただけます。

スポンサーリンク

個性消失弾とは?

まず、個性消失弾について振り返ってみましょう。

死穢八斎會の若頭・オーバーホールが精製したこの弾丸は、壊理という少女の個性を抽出して作ったものです。

壊理の「巻き戻す個性」は、ただ単に対象の時間を巻き戻すだけではなく、人間を猿に戻すという「種としての流れ」自体を巻き戻すことも可能。

『ヒロアカ』の世界での「個性」は、通常の人類から進化した「個性因子」を持つ人類が持つ異能の力です。

個性消失弾は、壊理の「巻き戻す個性」によって「個性を持つ人類」を「通常の人類」に戻しているのです。

個性を永久に失わせるこの弾は現在4つ残っており、その全てを死柄木が所持しています。

ちなみに、その「巻き戻し」を壊理の個性でさらに「巻き戻す」ことで個性を復活させる血清も精製されており、敵連合はこれも奪っていきました。

敵が個性消失弾の大量精製に成功していない限り、個性消失弾と血清の数は同じです。

そのため、今後の展開で誰かが個性消失弾によって個性を失ったとしても、血清によって個性を取り戻す可能性が高いです。

スポンサーリンク

個性消失弾が使われるのは?

候補1:デク

個性消失弾が使用される人物としてまず考えられるのは、主人公であり元々無個性であったデクです。

『ヒロアカ』の展開として、デクが無個性に戻るというのはそれなりに有り得そうなものだと思われます。

何よりも気になるのが、デクが無個性時代には無意識にヒーローを諦めかけてしまっていたことです。

デクはヒーローの活動を熱心に記し、雄英を受験する意志もありましたが、実質的なトレーニングを始めたのはオールマイトに見初められてからです。

オールマイトに「無個性でもヒーローになれるか」と聞いてはいましたが、その実基本的な肉体づくりもしていなかったのはデクが心の奥底では「無個性では無理だ」と諦めかけていたからでしょう。

特に中学時代のデクは、爆豪を始めとしてクラスメイトに馬鹿にされていましたから、がむしゃらに努力する気が削がれてしまっていたのかもしれません。

しかし、現在のデクは、無個性になってしまってもヒーローを目指し続ける先輩・通形ミリオを知っています。

ミリオは懸命な努力で磨き続けてきた個性を消失弾で失い、さらに恩師の死という壮絶な経験をして尚、決して諦めてはいません。

そのため、現在のデクであれば、再び無個性になってもそれで絶望してしまうことはないでしょう。

もちろん、個性を失っても血清によって取り戻すことができるという前提は不可欠ですが……。

個性消失弾によって、過去のデクと現在のデクの違いが浮き彫りになるかもしれません。

 

候補2:死柄木弔

続いて候補として挙げるのは、敵連合改め超常解放戦線のボス・死柄木弔。

その一番の理由は、死柄木はオール・フォー・ワンを越えて手がつけられない存在になるかもしれないからです。

「五指で触れたもの崩壊させる」という恐ろしい個性は、異能解放軍との戦いを経て「崩壊が伝播する」という本来の力を取り戻しました。

今の死柄木は、己のダメージを鑑みなければ街一つを自身の手で粉々にできる存在なのです。

さらに、ドクターによる改造で死柄木はそれ以上の力を手に入れることになります。

デクも歴代継承者の個性を発現させることになるでしょうが、それにしても死柄木の個性はあまりに危険です。

そのため、連合が奪った個性消失弾をヒーローが奪い返し、死柄木に撃ち込んで無力化させるという決着が考えられます。

 

候補3:爆豪勝己

続いて候補として挙げられるのは、爆豪です。

中学時代まで散々デクについて「無個性」であることを理由に見下してきた爆豪。

そんな彼が個性消失弾によって「無個性」になるというのは、展開としてはかなりエグくそれでいて有り得そうなものだと思われます。

もしもそんな展開が訪れた場合、アイデンティティの喪失ともいえるその状況に対し、爆豪が絶望するのか、それとも乗り越えるのか、という点で注目度が高まりそうですね。

中学時代の爆豪のデクへの態度には複雑な感情があったとはいえ、彼が「無個性」という存在を見下してきたことは事実。

しかし、爆豪も私闘を経てデクの強さを認め、その上で成長してきました。

爆豪もデクと同じく、個性消失弾によって「無個性」への態度の変化を見せることになるのかもしれません。

加えて、現在個性消失弾を所持する死柄木は、以前爆豪を攫おうとした過去があります。

もう爆豪を勧誘するつもりは無さそうですが、そういった因縁から爆豪が標的として選ばれることも考えられます。

 

候補4:エンデヴァー

最後に候補として挙げるのは、現No.1ヒーロー・エンデヴァー。

個性消失弾ということで、個性に執着した人物に使われるのではないかという予想のもとで挙げてみました。

個性婚により理想の個性を持つ子・焦凍を得たエンデヴァー。

爆豪と同じく、そんな彼が個性を消失する展開はかなり胸にくるものがあるでしょう。

さらに、エンデヴァーは敵連合のメンバー・荼毘とただならぬ因縁があるようです。

荼毘はエンデヴァーの長男・燈矢ではないかという予想がされており、そうだとすれば荼毘は初期の轟同様エンデヴァーとその個性を憎々しく思っているに違いありません。

超常解放戦線のメンバーのうち誰が個性消失弾を使用するのか分かりませんが、複数あるため死柄木以外の他のメンバーが使用する可能性も十分考えられます。

荼毘が使用する場合、エンデヴァーに撃つ展開があってもおかしくないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上、敵連合が奪った「個性消失弾」が誰に使用されるのかを考察しました。

インターン編以降まったく触れられていないのが逆に恐ろしい個性消失弾。

ヒーロー側・敵側のうち誰に使われるのか、それによって一体どのような展開を迎えるのか、注目です。

>>「【ヒロアカ】デクの個性が覚醒!?父親の正体や個性などをまとめてみた」はこちらからご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)