【ヒロアカ】ベストジーニストは死んだのか?生存の可能性を考察!

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』のNo.3プロヒーロー(オールマイト現役時はNo.4)・ベストジーニスト。

神野でオール・フォー・ワンに重傷を負わされたことで長期的に活動を休止しており、復帰や再登場が待ち望まれているヒーローですが……。

何と、同じくプロヒーローでありながら敵連合への潜入をはかっていたホークスの手にかかり死亡したと見られています。

しかし、本当にジーニストが死んだのかは実は怪しいところです。

そこで今回は、ジーニストが本当に死んだのか、まだ生きているのかを考察をしていきます。

スポンサーリンク

ホークスがベストジーニストを殺害?

自宅で襲撃に遭った?

No.2ヒーローでありながら、ヒーロー公安委員会の命を受けて敵連合への潜入をはかっていたホークス。

当然、突如「ヒーローにうんざりしているから連合に入れてほしい」などと言ってきたホークスを連合がいきなり信用するはずもありません。

ホークスは敵連合の主戦力のひとり・荼毘の信用を得なければなりませんでした。

「反体制への忠心を示せ」という荼毘の要望に応えるため、ホークスがとった行動が、「No.3ヒーロー・ベストジーニストの殺害」でした。

第231話で休養中のベストジーニストの自宅に訪れ意味深な笑みを浮かべて翼を広げており、さらに第240話ではベストジーニストとよく似た髪型をした男の死体が入ったバッグを荼毘に渡しています。

さらにニュースではベストジーニストの失踪が報道されており、サイドキック達も連絡がつかず困惑しているとの情報も。

ジーニストの身に何かが起こったことは明白であり、荼毘に渡されたのが本当にジーニストであるならば死亡していることになります。

 

ベストジーニストはホークスに負ける可能性大!

ホークスがベストジーニストを殺した場合、当然戦闘の末にベストジーニストが敗れたと考えるのが自然でしょう。

不意打ちならばともかく、ジーニストも黙ってやられるはずはありません。

No.2とNo.3ということでランキングとしてはホークスが上ですが、これはもちろん強さで決められたものではありませんから、実力的にはどちらが上なのかは分かりません。

とはいえ、繊維を操るジーニストにとって、羽根を操るホークスは相性が悪いのではないかと推察されます。

服を操れば動きを封じることはできますが、翼の一枚一枚を拘束することはできませんからね。

そのため、もしも本当にホークスが殺すつもりで戦闘を仕掛けていた場合、ジーニストが負けて死亡していてもおかしくはありません。

スポンサーリンク

ベストジーニストは生きている?

一方で、ベストジーニストが実は生きているのではないかと思われる描写もあります。

ホークスの挙動

そもそも、本当にジーニストを殺害するつもりであれば、不意打ちで羽根を急所に刺すのが確実なはずです。

それにもかかわらず、ホークスはジーニストの目の前で翼を広げています。

このことから、ホークスはそもそもジーニストを殺すつもりで来たのではなく、荼毘を騙すために協力してほしいとお願いにきていたのかもしれません。

ホークスがベストジーニストに事情を説明し、「失踪したふり」をしてもらって殺したように見せかけているという可能性は低くはないでしょう。

死体確認は曖昧?

荼毘はホークスに死体を渡された際、彼が「人を殺した」という事実を重視しており、その死体が本当にベストジーニストのものであるかは大して気にしていないようでした。

よって、ホークスが荼毘に渡した死体=ベストジーニストとは断定できません。

たとえば、捕まえた凶悪敵を殺害してその死体をジーニストに変装させて渡したと考えられます。

その場合気になるのは、ジーニストらしき死体を持っているホークスの「人ん覚悟ば無碍にせんでほしか」という台詞です。

プロヒーローならともかく犯罪者である敵を殺害してこんな台詞を言うのか、ということですが……。

ヒーローはたとえ敵相手であっても人の命を奪うことは許されません。

そのため、死体がプロヒーローのジーニストであろうと犯罪者であろうと、ホークスが並々ならぬ「覚悟」を持っていたことに変わりはなく、この台詞に矛盾はないといえるでしょう。

 

ベストジーニスト再登場の伏線あり?

また、ベストジーニストが生きているのではないかと思われる理由のひとつに、再登場の伏線があることが挙げられます。

第242話で、爆豪の回想シーンに登場したジーニスト。

職場体験で爆豪を受け入れたジーニストは、ヒーロー名の決まらない彼に助言を与え、二年になり仮免を取得してまた来たときに再び名を訊くと言い残していました。

そして第252話でとうとうヒーロー名を決めた爆豪は、緑谷や轟にその名を尋ねられても「先に教える奴がいる」と突っぱねています。

このことから、爆豪は誰より先にジーニストにヒーロー名を教えるつもりなのではないかと推察され、このことがジーニスト再登場の伏線となっています。

爆豪のヒーロー名が明かされるタイミングでジーニストが再登場する可能性は高いということですね。

ヒーロー名を決める授業で「爆殺王」などの名前を出し、全部没になったためにヒーロー名が決まらずじまいだった爆豪。

爆豪のヒーロー名はどのように決まってどのようにお披露目されるのか、ファンの間でも注目されてきました。

この最高に盛り上がるタイミングで、同時にジーニスト生存が明かされることになるのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ヒロアカ「ジーニストが死んだのか生きているのか」を考察してみました。

もしもホークスが本当にジーニストを殺害する気であったならば、戦闘力や状況からしてジーニストは死亡しているとみていいでしょう。

その一方で、本当にホークスがジーニストを手にかけるつもりがあったのかは怪しいところであり、死体もジーニスト本人だという確認はとれていないため、生きているということも十分に考えられます。

さらには爆豪のヒーロー名披露にも関わってくるため、ジーニストが再登場する可能性は決して低くはありません。

そのため、ベストジーニストは死亡したように見せかけて実は生きているのではないでしょうか。

今後の展開に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)