【ヒロアカ】ホークスは裏切り!?本名や個性などをまとめてみた

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』といえば、デク達ヒーロー候補はもちろん、磨き上げた「個性」と信念でもって敵と戦うプロヒーローも魅力的です。

今回はそんなプロヒーローたちの中でも、オールマイト引退後エンデヴァーに次いでNo.2となったヒーロー・ホークスについて、「本名」や「個性」、そして「裏切り行為」についてまとめてみました!

>>「ホークスは何位にランクイン!?ヒロアカ最強キャラクターは誰!?強さランキング」はこちらから

スポンサーリンク

ホークスの本名は?基本プロフィール

  • 身長:172cm
  • 誕生日:12月28日
  • 年齢:22歳

ヒロアカ単行本21巻にキャラクター紹介は載っているのですが、「本名」だけはなぜか明かされていません。

ホークスは弱冠22歳にしてビルボードチャートでNo.2に輝いた超人気ヒーローです。

18歳にして事務所を立ち上げ、その年の下半期にはトップ10入りを果たしました。

十代でのトップ10入りは史上初とのことで、「速すぎる男」と呼ばれています。

福岡を拠点にしているようですが、そのフットワークの軽さにより全国を飛び回ることも多いようです。

地元では子どもから老人にまで好かれており、フレンドリーに接し接されています。

 

ホークスの個性とは?

ホークスの個性は「剛翼」。

背中に生えた88枚の羽の一枚一枚を操ることができます。

固くしなやかで、振動を感知したり人ひとりくらいなら運ぶことができたり、さらには攻撃にも使うことができる羽を自由自在に操ることができるというのですからかなり有用な個性です。

ちょっと歩きながら羽を自在に操って、露出狂の取り締まりから車に轢かれそうな犬の救助、老人の荷物運びの手伝いまでパパッとこなしてしまいます。

もちろん普通の翼のように飛行もできますが、あまり羽をよそに飛ばしすぎると足りなくなってふらついてしまいます。

ちなみに抜けた羽は数日で生えてくるようで、大規模な戦闘で羽を消費しすぎた場合には羽が生えるまでヒーロー活動を自粛しているようです。

>>『ホークスの個性はランクイン!?【ヒロアカ】最強個性を決定!個性の強さランキングベスト20』はこちらから

スポンサーリンク

ホークスは裏切り者!?

ホークスはNo.2ヒーローでありながら敵連合の荼毘と接触している人物でもあります。

ヒーローに対する裏切りのように見えるその行動は、実はヒーロー公安委員会から極秘に依頼されたものです。

公安委員会は、神野事件について「情報が足りずに敵連合の戦力を大きく見誤った」として、今後同じ過ちを繰り返さないためにも連合の情報を集める方針を固めます。

表向きとして、グラントリノを始めとする何人かのヒーローが神野事件以降姿をくらました連合の捜索を行い、裏ではホークスが連合に取り入り内部から情報をもぎ取るということです。

ホークスも連合に取り入る間彼等が出す被害について思うところがないわけではありません。

しかし公安委員会は、そのあたりに関して「目を瞑れる男」としてホークスに白羽の矢を立てたのです。

とはいえ、もちろんNo.2ヒーローであるホークスを荼毘が手離しで信用するはずもなく、まだホークスは連合のリーダーである死柄木への接触までこじつけられていません。

ホークスの過去

ホークスの過去は詳しくは分かっていませんが、断片的には描かれています。

どうやらホークスは幼い頃から「ヒーロー」となるべき才能を持ち合わせており、実際電車の車の衝突事故などで多くの人の命を救っていたようです。

それに目をつけたヒーロー公安委員会が、ホークスの家族ごと全面的に支援する、と宣言していたようですが……。

彼の幼少期の家にはゴミが散乱していることから、あまり家庭環境は良くなかったと推察されます。

ホークス曰く、彼は公安委員会からの要請を「断れない」立場にあるとのことで、そういった過去が関係しているのではないかと思われます。

スポンサーリンク

ホークスはエンデヴァーのファン?

ホークスは実はNo.1となったエンデヴァーのファンだったらしいことが明らかになっています。

父と息子ほど年齢が離れているエンデヴァーとホークス。

当然ホークスが子どもの頃からエンデヴァーはヒーローとして活躍しています。

エンデヴァーはオールマイトの現役中はずっと彼を超えることができなかったわけですが…。

ホークスはオールマイトのファンでもなければ彼のようになりたいわけでもないとはっきり言っています。

むしろホークスが子どもの頃に抱きしめていたのはエンデヴァーの人形であり、彼のファンだったのではないかと思われます。

実際ホークスは、オールマイトの背中を眺めている人間の中でエンデヴァーだけが唯一彼を本気で超えようとしていることに気付いていました。

それに加えてビルボードチャート発表の場でエンデヴァーが新たな人々の精神的な支柱足り得ることを確信したホークスは、新No.1ヒーロー・エンデヴァーを支えようという強い気持ちを持っています。

 

ホークスの信念

https://twitter.com/Noir_Araudi/status/1006378518815465472

ホークスは「20位~30位くらいで楽にやりたい」といったことを言っていますが、ヒーローという仕事に不誠実なわけではありません。

彼の目指す世の中は、「ヒーローが暇を持て余す社会」。

ヒーローという職業は、『ヒロアカ』世界では子ども達の憧れで、必要とされているものです。

しかし、ヒーローが活躍するということは、ヒーローを必要とする「救けを求めている人」が居ることになります。

ホークスが目指すのは、そういった人たちが居なくなった社会……つまり、ほんの些細な困ったことくらいしかヒーローを必要としていないほどの平和な世界です。

「速すぎる男」らしく、考え方としては一足先に行ってる感じですね。

彼はこの信念に従ってヒーローを務めています。

敵連合に取り入る間の被害に目を瞑ったり、そのせいでエンデヴァーを危険に晒してしまったりすることは、ホークスにとって決してどうでもいいことではありません。

それでもホークスは自身の目指す平和な社会の実現のために、汚れ仕事でも何でも請け負う覚悟を持っています。

スポンサーリンク

まとめ

新No.2ヒーロー、ホークスの情報をまとめました。

ホークスは、人気投票初参戦で10位以内に食い込むなど怒涛の人気っぷりを見せています。

敵連合の動きと合わせて、これからのホークスの活躍に注目です。

>>「ホークスのかっこよさは何位にランクイン??【ヒロアカ】イケメンランキング」はこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)