【ヒロアカ】コスチュームがエロい!?蛙吹梅雨の可愛らしさをまとめてみた!!

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』の蛙吹梅雨は、女性キャラクターの中ではお茶子と並んで、かわいい人気の高いキャラクターのひとりです。

カエルっぽさとかわいが見事に合わさった蛙吹梅雨の個性や魅力についてまとめてみました!

>>『かわいい蛙吹梅雨は第何位⁇【ヒロアカ】可愛いキャラランキングベスト20』はこちらから

スポンサーリンク

蛙吹梅雨のプロフィール

  • 身長:150cm
  • 誕生日:2月12日
  • 年齢:15歳
  • 声優:悠木碧

蛙っぽい顔立ちでありながらしっかりとかわいいという類稀なるキャラクター、蛙吹。

表情から感情が読み取れないポーカーフェイス気味なところがありますが、だからこそたまに見せる嬉しそうな顔や悲しそうな顔にグッときます。

友達になりたい人には「梅雨ちゃん」と呼んでほしいらしく、そういった素直なところもかわいいです。

轟や爆豪まで「ちゃん付け」で呼ぶ肝の据わり方もなかなかのものです。

 

蛙吹梅雨の個性

蛙吹の個性は「蛙」。

蛙っぽいことなら何でもできる個性です。

具体的に言うと、

  • 大跳躍
  • 壁に張り付くことができる
  • 舌を最長20mまで伸ばすことができる
  • 保護色
  • 胃袋を外に出して洗う
  • 毒性の粘液(多少ピリッとする程度)の分泌

ができます。

特に上3つはかなり汎用性が高く、訓練や戦闘でもたびたび使用されています。

人を抱えて尚大跳躍することの可能な脚力は、攻撃の回避や逃走にも便利ですし、壁にはりつくことのできる手足の利便性は言わずもがな。

20mまで伸ばせる舌は、しならせてぶつけることで攻撃手段として使えたり、人を巻き付けて引っ張ったり投げたりできます。

保護色は個性伸ばしで新たに得た「蛙っぽさ」で、周囲の色に溶け込むことができます。

下ふたつの特徴は蛙吹曰くほぼ役に立たないとのことですが、粘液についてはB組との戦闘訓練の際、仲間に塗り付けることで、相手チームの嗅覚による索敵を混乱させました。

胃を外に出すことができるというのも、期末試験のときに利用しています。

応用性で言えば作中でもトップクラスに入る個性であり、加えて一見役に立たないと思われる特徴でもうまく状況に合わせて使いこなす蛙吹の機転の良さも強さの理由です。

>>『ヒロアカ最強の個性は!?個性強さランキング』はこちらから

スポンサーリンク

蛙吹梅雨のヒーローコスチューム

個性「蛙」というだけあって、水中戦を得意としている蛙吹。

コスチュームもそれに合わせたものとなっており、緑と黒のボディスーツにゴーグルとグローブ、ブーツを着用しています。

見た目はまさしく蛙っぽいのですが、パツパツスーツのためにボディラインがかなり浮き彫りになっており、そこはかとなくエロいです。

 

優等生の蛙吹

蛙吹はどんなときでも冷静で、判断力や洞察力も高いです。

期末試験ではリカバリーガールから「人々の精神的支柱になり得る器」と評されており、「強力な仲間の僅かな弱点をもサポートできるか否か」というかなりハードルが高めな課題をぶつけられています。

その課題を見事にクリアし常闇とともに期末試験を突破した蛙吹は、まさしくA組の中でもかなりの優等生といえるでしょう。

パッと目立つ個性や優秀さではないのですが、一番人々に必要とされるヒーロー像に近いかもしれません。

蛙吹はヒーローとしての道では大きな壁にぶつかることなく、しかし慢心せずに着実に成長を重ねている生徒のひとりです。

スポンサーリンク

蛙吹梅雨の弱点

「蛙っぽいことができる」という個性ですが、発動系ではなく異形型個性なので、生活の上でも蛙っぽさが滲み出るところも。

たとえば猫背気味で膝を軽く曲げ、手首をだらんと前に突き出している立ち姿などもそれに由来するでしょう。

ヒーロー活動の上で弱点となるのは、冷気に弱いところです。

仮免試験では、他の学校の生徒によって空調の温度を下げられ、あわや冬眠というところまで追い込まれたアニメオリジナルシーンがあります。

 

蛙吹梅雨の繊細さ

ヒーロー候補生としては優秀な蛙吹ですが、人間関係では繊細な一面も見受けられます。

蛙吹は林間合宿で爆豪が攫われたとき、助けに行くという切島や轟に対して、「どれだけ正しい感情でもルールを破るのはその行為は敵と同じ」と言い放ちました。

蛙吹は爆豪の誘拐にショックを受けながらも、心を鬼にして友達の間違った行為を諫めたのです。

しかし、それを聞かずにデク達が爆豪救出に行ってしまったと聞き、蛙吹は自室に籠ってしまいます。

不甲斐なさを始めとした嫌な気持ちで皆と楽しくおしゃべりできそうにない、でもそれは悲しい……蛙吹はそう言って、自分の感情を救出に行った5人に吐露しました。

このことは、いつも冷静で大人びている蛙吹も、まだ高校生で弱いところもあるのだと感じさせてくれます。

アニメ版では声優の悠木碧さんの演技力も相まって泣いてしまいそうになる良いシーンです。

スポンサーリンク

蛙吹梅雨の家族関係

蛙吹は父の頑馬(がんま)、母の鈴(ベル)、弟の五月雨、妹のさつきの5人家族です。

全員蛙吹と同じく蛙っぽい見た目をしており、蛙吹の個性は両親からの遺伝だと一目でわかります。

両親に代わって妹弟の面倒を見ていたこともあり、面倒見の良いお姉ちゃんであることがうかがえます。

 

蛙吹梅雨の活躍

USJ襲撃事件

敵連合がUSJに襲撃してきたときには、デクの指示に従ってデクと峰田のサポートをしました。

後にデクは蛙吹の冷静さに随分助けられたと回想しており、急な襲撃とピンチにも対応できる力を持った生徒ということが早くも描写されています。

 

期末試験

前述のとおり、常闇とともに期末試験に挑んだ蛙吹。

舌や跳躍を使って相手から逃げたり、胃に勝利条件となるカフスを隠したりしただけではなく、そういったサポートを通して攻撃力のある常闇と黒影への信頼を見せていました。

 

戦闘訓練

B組との戦闘訓練では、ヒーロー科への編入を希望する心操を交えたチームを支えた蛙吹。

前半は経験で劣る心操を正面から戦わせてしまったことを反省し、後半から心操の個性を生かせるよう機転を利かせた行動をし、見事勝利しました。

蛙吹の冷静さ、状況判断能力という武器は、これからもどんどん磨かれていくことでしょう。

>>『かわいい蛙吹梅雨は第何位⁇【ヒロアカ】可愛いキャラランキングベスト20』はこちらから

スポンサーリンク

まとめ

以上、蛙吹梅雨についてまとめました。

メインでの活躍回はあまりありませんが、登場するたびに長所を伸ばしていることが分かる蛙吹。

これからの成長にも期待です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)