【ヒロアカ】轟のかっこいいシーン10選!【画像つき】

スポンサーリンク

2019年10月からアニメ4期がスタートする『僕のヒーローアカデミア』。

その『ヒロアカ』の中でも大人気のキャラクター、轟焦凍のかっこいいシーンを画像付きでまとめてみました!

>>「轟は何位にランクイン??ヒロアカ最強ランキング」はこちらから

スポンサーリンク

轟のかっこいいシーン10選

 

初の戦闘訓練で圧勝!

雄英高校ヒーロー科初の戦闘訓練は、敵組とヒーロー組に分かれて、2対2の対人戦を行うというものでした。

屋内での対戦であり、ヒーローはいかに被害を出さず迅速に敵を捕らえられるか危険物を回収できるか、という訓練なのですが……。

何と轟は、敵チームが立てこもる建物全体を凍らせることで身動きをとれなくし、危険物にも触れさせず一瞬で勝負をつけてしまいました。

推薦入学組の貫禄を見せつけたシーンですね。

これでまだ「半冷半燃」の半分しか使っていないというのだから恐ろしいことです。

 

USJで敵(ヴィラン)を一網打尽!

死柄木弔率いる敵連合が最初に雄英高校に攻撃を仕掛けてきたのが、USJ襲撃事件です。

轟は何とワープで飛ばされるなりすぐに氷で敵たちを一網打尽にしてしまいました。

このときの敵連合はチンピラに毛が生えた程度の連中ばかりとはいえ、その瞬殺っぷりはついこの間まで中学生だったとは思えないほどです。

氷漬けにした敵に作戦を聞き出すときの脅しも堂に入っていますよね。

 

0P敵も眼中になし!

体育祭の障害物競争で最初に立ちふさがったのが、ヒーロー科一般入試で使われた仮想敵、それもちょっとした建物ほどの巨大さを持つ0P敵です。

一般入試では避けるべき対象として扱われ、「ぶっ飛ばしたのは久しく見ていない」とさえ言われていたほどの脅威。

しかし轟は地面に手を触れ瞬時に0P敵の全身を足場から凍らせます。

このシーンは原作はもちろんアニメでの氷の出し方が大変かっこよくなっています!

「せっかくならもっとすげえの用意してもらいてえもんだな」という一言から分かるように、0P敵は轟の眼中にはありません。

 

瀬呂を瞬殺!

轟は体育祭のトーナメント戦第一回戦で瀬呂と対戦しました。

が、何と轟は開始数秒でドームを優に超えるほどの巨大な氷結を出し、瀬呂の身動きを完全に封じてしまいます。

瀬呂自身すら感じていた実力差のある組み合わせだったのですが、ここまで一瞬で勝負が決するとは誰も予想しなかったでしょう。

試合直前に憎しみを抱く父と話したことでイラついていた轟曰く「やりすぎた」とのこと。

つまりこの結果は「轟が一切の容赦も出し惜しみもしなかった結果」ということになります。

改めて、その圧倒的な実力を感じさせるかっこいいシーンです。

 

デクとの戦いで見せた炎

トーナメント戦第二回戦でデクと対戦した轟。

父への憎悪から戦闘において左側の炎は絶対に使わないと決めていましたが、デクの言葉に心を動かされます。

母との記憶と共に「オールマイトのようなヒーローになりたい」という想いを思い出した轟は、左半身から炎を放出します。

炎を出す姿そのものももちろんかっこいいのですが、何よりもそれまでまさしく氷のように冷たい表情ばかりしていた轟が、「熱い」表情を見せたというところにグッとくるシーンです。

スポンサーリンク

友人のピンチに駆け付ける!

職場体験の最中、ヒーロー殺し・ステインに遭遇した飯田と、彼を救けに来たデク。

デクはステインの個性で動きを封じられ、ステインが飯田を手に掛けようとしたまさにそのときに現れたのが轟です。

絶体絶命のピンチのときに現れるというシチュエーションがもうずるいですよね。

氷と炎の同時攻撃、左を使ったという事実、「遅くなっちまっただろ」という台詞、もうすべてがかっこいいです。

このときの轟はまさしく「ヒーロー」でしたね。

 

飯田への言葉

デク、轟がステインと戦っている最中、ひとりだけ動くこともできず友達に守られている飯田は、復讐に駆られた自分が招いた結果に情けなさから「やめてくれ」と言います。

そんな飯田に対し、轟はかつて父への憎しみにとらわれ、そこから多少なりとも前に進むことができた自分だからこそ言える言葉を叫びます。

「やめて欲しけりゃ立て!!!」

「なりてえもんちゃんと見ろ!!」

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」53話より引用)

この台詞、めちゃくちゃかっこいいですよね。

ステインと対峙しながらもちゃんと心は飯田に向き合っていることが分かるシーンです。

 

爆豪を守りながらの戦闘

林間合宿で、轟は敵連合に狙われている爆豪と肝試しでペアを組んでいました。

ふたりのもとに現れたのは、脱獄した死刑囚・ムーンフィッシュであり、周囲はガスが撒かれていて爆豪は個性が使えず、さらに轟は気を失った円場を背負っているという、圧倒的不利な状況でした。

そのため、轟は爆豪を守りながら凶悪敵と戦うことになります。

炎が使えないため体に霜が降りて来ても爆豪の前に盾となる氷結を出し続ける轟がかっこいいです。

 

仮免試験

ヒーローとしての仮免取得試験で、轟は士傑高校の夜嵐イナサによって調子を狂わされます。

子どもの頃に見たエンデヴァーと入学試験で見た轟が、どちらもこちらを見ようともしない冷たい目をしていたことにショックや失望、怒りを抱いていたのです。

いちいちエンデヴァーのことを持ち出すイナサに轟もかっとなり、互いが互いの足を引っ張り合う状況に。

そんな中、轟は自分がまだ父親の件と向き合っていないことに気付かされます。

同じく目を覚ましたイナサとともに、手遅れでも協力して試験を乗り越えようとする轟のシーンがかっこいいです。

 

仮免補講

仮免に落ちた轟は、爆豪とともに補講を受けることになりました。

ある日の補講内容は、マセた小学生たちの心を開くこと。

捻くれた子どもたちの相手に苦労しますが、さすがヒーロー候補生の轟たちも負けてはいません。

士傑高校の面々とも協力して、轟は幻想的な空間に氷でできたアトラクションを形成します。

まるで氷の城のようなものをつくる轟は、もともとのイケメン具合も相まって魔法使いのようにも王子様のようにも見えて大変かっこいいです。

>>「轟は何位にランクイン??ヒロアカ最強ランキング」はこちらから

スポンサーリンク

まとめ

以上、「ヒロアカ轟のかっこいいシーン」を画像付きでまとめました。

2019年10月から始まるアニメ4期でも、かっこいい轟が見れることを期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)