【MAJOR(メジャー)】最強投手決定!最強ピッチャーランキングベスト10

スポンサーリンク

主人公「茂野吾郎」の野球人生を描いた漫画「メジャー」

NHKでもアニメとして放送されている「メジャー」ですが、1994年に少年サンデーで掲載され、20年以上にも及ぶ連載の歴史があります。

そんなメジャーに登場するキャラクターの中で、最強投手はだれなのか?

そこで、今回は「メジャー最強ピッチャーランキングベスト10」を作成してみましたので、ご紹介いたします。

 

メジャー最強ピッチャーランキングベスト10

 

第10位 阿久津

  • 所属:海堂高校⇒広島⇒若手選抜
  • 中継ぎのスペシャリストで、ナックルボーラー

高校編までにしか登場していない選手の中からただ1人トップ10にランクインです。

世にも珍しい無回転ボールのナックル使いで、前に転がすことさえ許さずに三振の山を築きました。

初対戦で佐藤寿也に被弾したり、野球経験1年にも満たない藤井にタイムリーを許したりと、ピックアップされた試合での防御率は決してよくはありませんが、打たれたヒットの少なさは眉村に次いで少ないという活躍ぶりでした。

マンガでは高校生編の終了を境に登場していませんが、それもナックル使いという、ある種のジョーカー的なキャラ性から登場を控えざるを得なかったのだと読んでいます。

 

第9位 安 清源

「MAJOR 安 清源」の画像検索結果

(満田拓也『MAJOR』より引用)

 

  • 所属:ブラウンズ
  • 背番号:40
  • 出身:韓国、、「コリアン・ロケット」という異名を持つ。

MLBで16勝の実績をあげた「コリアン・ロケット」の異名を持つ韓国代表のエースで、正確なコントロールと速球を武器に、強力打線の日本を終盤まで完全に抑え込む快投を見せました。

試合終盤では、最強クラスのバッターである佐藤寿也に打たれて降板を余儀なくされていましたが、メジャーに登場する投手のほとんどが、強打者に打たれる宿命にあるため、それで彼の印象が霞むことはありません。

 

第8位 岩井

「MAJOR 岩井」の画像検索結果

(満田拓也『MAJOR』より引用)

  • 所属:東京シャイアンズ

W杯準決勝で、優勝候補のキューバを相手に7回1失点という好投を見せた技巧派の左ピッチャーです。

最終的に、作中トップクラスに成長した茂野吾郎や眉村健を除けば、日本のエースは松若だと紹介がされていますが、松若が打たれに打たれて結局良いところがなかった反面、紅白戦や代表戦でことごとくピンチを凌ぐ投球をしていたことから、岩井の方が上位に入ると思われます。

ちなみに、アニメ版では杉浦という名前に変わっていて、別の岩井投手が登場します。

 

第7位 バレンズエラ

  • 所属:アリゾナ・ブラックキャッツ(W杯ベネズエラ代表)
  • 右投げ
  • 背番号:51

メジャーで40セーブを挙げたベネズエラ出身の守護神。

W杯編では吾郎やギブソンと並ぶ100マイル超え投手の一角として登場。

最強クラスの投手となるかと思われましたが、グループリーグの日本戦では佐藤寿也に、その後の準決勝ではアメリカの4番バーンズに、それぞれ満塁ホームランを放たれており、活躍は芳しくありませんでした。

しかし、メジャー編で作中最強クラスのバッターであるギブソンjrを打ち取るなど、強打者との対戦成績は良く、日本のエース松若同様に、登場したタイミングに泣かされた投手でもあります。

 

第6位 モンタナ

  • 出身地:ベネズエラ

メジャー屈指の実力を持つ左腕にして、ベネズエラ代表のエースとして登場したモンタナ。

ドミニカとアメリカの優勝候補2か国を相手に、たったの1点も失点しなかったという凄まじい活躍を見せました。

ただ、ドミニカはベネズエラ戦を捨てて主力を日本戦に向けて温存していた状況だったことや、アメリカ代表も序盤は気合が入っていなかったことなど、ケチがつく点が多かったためトップ5を逃しました。

 

第5位 ピドロ・マルチネス

「MAJOR 岩井」の画像検索結果

(満田拓也『MAJOR』より引用)

 

ドミニカ代表のエースにしてMLB最強と称される投手で、本来であればランキングトップ3に入るべき投手ですが、作中での活躍が芳しくありませんでした。

W杯編では、メジャーでも活躍する打者を組み込んだ日本代表打線を4回まで沈黙させる圧巻のピッチングを披露するも、作中屈指の強打者である松尾に先制となるソロホームランを浴びてしまいました。

その後のストーリーでも挽回する機会がなかったため、5位としました。

 

第4位 ヒルベルト・サンチェス

  • 所属:アナハイム・サーモンズ
  • 投打:右投右打
  • 背番号:33
  • 出身:ベネズエラ

 

マイナーリーグ編で吾郎と初めてブルペンで顔を合わせた際、全て枠の外側に当てるという常人離れしたコントロールを見せつけ、吾郎にメジャー投手の実力と、制球力の大事さを実感させました。

試合でも日本代表相手に先制されながらも、エンジンがかかった中盤からはしっかりと抑えて、年齢を感じさせないピッチングを披露しました。

実力でいえば彼より優れている投手は他にもいますが、作中の活躍と吾郎との制球力勝負で圧倒的印象を残したため第4位としました。

 

第3位 ジョー・ギブソン

  • 所属:

東京シャイアンズ⇒サンフランシスコ・ガンズ⇒ニューヨーク・タイタンズ⇒W杯アメリカ代表⇒シカゴ・バイソンズ

  • 投打:左投左打
  • 背番号:18(シカゴバイソンズ時)

 

 

メジャー300勝をあげた大投手で、メジャーの最初期から現役選手として登場しながら、吾郎とグラウンドで向き合った唯一の選手です。

心臓に重い病気を抱えた状況で気迫あふれる投球を続けた姿は語り草です。

吾郎も高校時代には手術から間もない足で凄まじい投球をしましたが、ギブソンの場合は各国を代表する打者たちを抑えたわけですから、その違いは歴然です。

W杯の決勝の日本戦では、前日に倒れたにも関わらず終盤に登板し、アメリカの勝利を呼び込むピッチングをしました。

万全の状態であれば間違いなく作中最強の投手ですが、吾郎が渡米した時点ではすでに加齢と病気により全盛期の投球は影を潜め、経験でなんとか切り抜けている状況でしたが、それでも強烈な印象を残しました。

 

第2位 眉村健

  • 所属:海堂高校⇒横浜マリンスターズ⇒W敗日本代表⇒テキサス・レイダース
  • 投打:右投右打
  • 背番号:13

 

ブランク明けで軟式野球を始めてすぐに県大会まで進出し、天狗になっていた中学時代の茂野吾郎に、ジャイロボールとキレのある変化球でもって「井の中の蛙」と思い知らせた怪物。

そんな中学時代に続き、高校でもクローザーとして吾郎の前に立ちはだかり、追いすがる聖秀高校をわずか1安打に抑え、打倒海堂の夢を打ち砕きました。

プロ入り後のW杯では、ルーキーながら決勝で先発を任され、KOされることなく継投に繋げるなど、物語の随所で現れてはとんでもない活躍をしていきました。

メジャーセカンドでは、双子の姉弟である眉村道塁・渉にしっかりとその才能を受け継いでおり、引退してもなお主人公に対して「最強のライバル」を供給するという化け物っぷり。

ピッチング技術に関して言えばぶっちぎりの1位ですが、W杯決勝という大舞台でメンタル面は一般人と変わらないことが露呈するなど、総合的な部分が影響し、トップの座を逃しました。

 

第1位 茂野吾郎

  • 所属:聖秀学院高校⇒アナハイム・サーモンズ⇒メンフィス・バッツ⇒W杯日本代表⇒インディアナ・ホーネッツ⇒横浜マリンスターズ⇒台湾リーグ
  • 投打:右投右打
  • 背番号:56

 

中学・高校時代にはストレートだけでノーヒットノーランを達成するなど、怪物っぷりを早くから発揮。

活躍はもちろん、その成長物語も凄まじく、高校1年生にしてジャイロボールを習得し、マイナーリーグ1年目には正確無比なコントロールを身に着け、球速も160kmに到達。

直後のオフシーズンに開かれたW杯中に速球のスピードで落ちるジャイロフォークまで習得し、19歳にしてメジャーで活躍する超一流バッターたちを翻弄する最強投手の座に登り詰めます。

メジャーでは以下の成績を収めています。

  • 1年目 3Aでクローザー
  • 2年目 14勝10敗1S 防3.46
  • 5年目 最多勝、サイヤング賞
  • 6年目 最多勝、サイヤング賞
  • 7年目 クローザー転向
  • 8年目 最多セーブ
  • 9年目 最多セーブ ワールドシリーズ制覇

本塁打を被弾することも多いものの、取ったアウトのほとんどが三振という、あらゆる野球漫画を代表する生粋の奪三振王です。

高校最後の試合となった海堂戦で、足の痛みを抱えたまま190球近く投げた後、眉村健を三振に切って取ったシーンは伝説として語り継がれています。

 

まとめ

以上「メジャー最強ピッチャーランキングベスト10」をご紹介いたしました。

40過ぎてなお現役で活躍する茂野吾郎が描かれているメジャーでは、それぞれの年代でのライバルが登場しているため、ランク付けは難しかったです…。

今後描かれる第二世代にも注目ですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)