【ワンピース】ゲッコーモリアのその後は!?ゲッコーモリアについてまとめてみた!

スポンサーリンク


ワンピースには王家七武海と呼ばれる海軍の下についている海賊や、四皇と呼ばれる新世界をナワバリとする海賊が登場します。

今回はそんなたくさんいるワンピースのキャラクターの中から、マリンフォードの頂上戦争後行方不明となっているゲッコー・モリアについて、行方不明となった「その後」の考察も含めて、ご紹介していきます。

 

ゲッコーモリアとは

ゲッコーモリアは、元王家七武海に所属していた海賊です。

また、偉大なる航路「魔の三角地帯(フロリアン・トライアングル)」に浮かぶ巨大な島のような船、スリラーバーグを本拠地としている海賊です。

年齢は登場時が48歳であり、2年後の現在は生きていれば50歳です。

吸血鬼のような顔と恰好をしていて、人間にしては大きすぎる体が特徴です。

パラミシア系の悪魔の実である「カゲカゲの実」の能力者でもあります。

懸賞金は3億2000万ベリーと高額でしたが、王家七武海に加入したことで、懸賞金も無くなっています。

自分で動こうとはせず、他力本願な性格であり、計算高い一面も持ち合わせています。

能力を使って多くの部下を操っており、恐怖で支配しています。

また、好戦的な一面も持ち合わせており、ルフィとの戦いでは怒りをあらわにして戦闘を行っていました。

 

ゲッコーモリアの能力

ここまでは元王家七武海メンバーの一人であったゲッコーモリアの基本的な情報について紹介しました。

では、ゲッコーモリアの能力はなんなのでしょうか。

ゲッコーモリアは、先ほども少し紹介したように、カゲカゲの実の能力者です。

相手の影を触ることができ、影を切り取ることも可能です。

影を失った人物はタイヨウの光に当たってしまうと存在が消滅してしまいます。

また、死体にカゲを入れ込むことで、ゾンビとして操ることができます。

このゾンビは、その死体の性格などを色濃く受け継ぎますが、影の持ち主の能力なども取りいれられます。

なので、強力な能力の持ち主の影と強靭な肉体を持つ死体を合わせることで、強力な部下を作り出すことが可能です。

ゾンビは塩に弱く、海水を飲んでしまったり、塩を食べることで影が元の持ち主のところに戻ります。

さらに、ゲッコーモリアは、自分の体と自分の影の位置を入れ替えることができます。

これにより素早く攻撃を回避できるなど、攻撃面でも防御面でも強力です。

しかし、ゲッコーモリアは、元王家七武海のメンバーでありながら、覇気を使用できません。

それを補うためか、自分自身に今まで奪った人物の影を取り込むことで、巨大化して凄まじいパワーを得ることができます。

しかし、この能力を逆にルフィにも利用されてしまい、極限にまで影を取り込んだナイトメアルフィによって倒されています。

 

ゲッコーモリアの部下や仲間

ここまではゲッコーモリアの基本的な情報や能力について紹介しました。

ゲッコーモリアの部下の多くは、ゾンビです。

しかし、ゾンビ以外の部下も数人いて慕われています。

今回は、そんな幹部的ポジションにいるゲッコーモリアの部下についても軽く紹介します。

 

アブサロム

https://twitter.com/noginogi__1111/status/1028230960305725440

アブサロムは、ライオンの姿をした獣人であり、将軍ゾンビと兵士ゾンビの指揮官を務めています。

「スケスケの実」の能力者でもあり、姿を透明にして相手を攻撃したり、女風呂をのぞいたりしています。

結婚願望が強く、ナミと結婚しようとして誘拐してもいます。

性格とは裏腹に能力自体は非常に強力で、触れているものも透明にできることからも、サンジを苦しめています。

 

ペローナ

https://twitter.com/rose_princess10/status/1026968329905299456

ペローナは、ホロホロの実の能力者であり、ゲッコーモリアの部下でもあります。

ピンク色のツインテールが特徴の女の子であり、幽霊を操ることができます。

幽霊に直接触れるとネガティブになるなど非常に強力であり、ウソップ以外には倒せない可能性もあるキャラクターです。

ゲッコーモリアに育てられており、モリアは親の様な存在でもあります。

バーソロミューくまの能力によって吹き飛ばされて、ゾロとその後合流しています。

 

ドクトル・ホグバッグ

最後に紹介するゲッコーモリアの部下は、名医として有名な元外科医です。

しかし、ゾンビの研究をし始めてからは、高慢になり命を命とも思わない対応が見られます。

金の亡者であり、金のためにゲッコーモリアについています。

 

ゲッコーモリアのこれまでのいきさつ

ゲッコーモリアは、作中ではスリラーバーグでルフィと出会い戦っています。

しかし、それ以前は海賊であり、他の海賊と同じように海賊王になることを夢見ていました。

かつてはゲッコーモリアにも仲間がいましたが、現在四皇であるカイドウに敗れてその仲間を失っています。

このことからも、仲間の大切さを知り、ゾンビ軍団を作るきっかけになっています。

おそらくカイドウに敗れた後に王家七武海になっています。

 

その後はスリラーバーグを拠点にしていて、ブルックの影を奪い去ったりしていました。

そして、最終的にルフィにやられています。

ルフィにやられた後に登場したのは、マリンフォードの頂上戦争であり、海軍側として参戦しています。

マリンフォードの頂上戦争では生き残っており、ジンべエと戦っていました。

ですが、マリンフォードの頂上戦争後に海軍の上の指令によって、ドンキホーテ・ドフラミンゴに消されかけています。

しかし、その時に「ボロボロに傷つきながらも、突然姿が消えている」とドフラミンゴは証言していることからも命はあると思われます。

ゲッコーモリアのその後の詳細は、作中では明らかにされておらず、詳細は不明となっています。

 

ゲッコーモリアのその後の予想

先ほど紹介したようにゲッコーモリアは、マリンフォードの頂上戦争後にドンキホーテ・ドフラミンゴの手によって消されかけました。

しかし、その時に一瞬で消えています。

これはおそらく触れているものを透明にするアブサロムの力によって、助けられたのだと思われます。

なので、現在は戦力を立て直すために潜伏して、ルフィや海軍に復讐する機会をうかがっていると思われます。

モリアはゾンビ軍団を作れることからも部下を集めるのは得意なので、早く戦力を回復できるかもしれません。

 

まとめ

今回はワンピースに登場する「ゲッコーモリア」と「その後」について紹介しました。

ゲッコーモリアは、過去にカイドウとも互角に戦った経験もある人物です。

なので、現在2018年8月の段階でワノ国編が連載されていますが、カイドウに復讐するためにも登場する可能性もあります。

ワンピースの作品ではほとんどのキャラクターは死なないで生き延びていることが多いので、ゲッコーモリアの再登場にも期待です。

 

涙腺崩壊!ワンピース「チョッパー編」が超感動!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)