【ワンピース】感動!チョッパーの名言&名シーン

スポンサーリンク

ワンピースには様々なキャラクターが登場しますが、そんな中でも「ヒトヒトの実」の能力者であるトニートニー・チョッパーは非常に人気のキャラクターです。

チョッパーが初登場したストーリーは、非常に感動的なストーリーで涙なしでは見られないので、名言や名シーンもたくさんあります。

そこで今回は「トニートニー・チョッパーの感動の名言や名シーン」を紹介していきます。

 

トニートニー・チョッパーとは

トニートニー・チョッパーは、麦わら海賊団に所属している船医であり、トナカイです。

生まれついての青い鼻を仲間や親に気味悪がれて仲間外れにされ、さらに「ヒトヒトの実」という悪魔の実を食べてしまったことから、トナカイでもあり、人間にもなれる能力を手に入れてしまい、町中で気持ち悪がられていた過去があります。

 

しかし、ドクターヒルルクと言う医者に出会ったことで、人間の優しさを知り、成長しています。

また、チョッパーはドクターヒルルクとドクターくれはによって医療を教わっています。

その後、ルフィと出会い仲間に勧誘されたことで、麦わらの一味に加入した経緯を持っています。

 

トニートニー・チョッパーは普段は普通のトナカイの姿と獣人の姿、人型の姿の3つの形態を自由に使えます。

ですが、ランブルボールという丸薬を飲むことでさらに4形態を変えることができます。

それにより、防御に特化したり、ジャンプに特化させるなどのその状況に合わせた戦闘が可能です。

さらに、修行の末にカンフーポイントなどの全ての形態を強化したり、医療技術を磨くなどの成長を果たしています。

 

チョッパー!感動の名言一覧

ここまではチョッパーのキャラクターについて紹介しました。

チョッパーが関わるワンピースのストーリーは、非常に切なく感動的な物語が多く、名言と名シーンが多いです。

なので、その中でも有名かつ心を動かすような名言と名シーンをまとめて紹介します。

 

「お゛れが”万能薬”に゛なる゛んだ!!! 何でも治ぜる医者になる゛んだ!!!…だって…!! だっで ごの世に゛…治ぜない病気はないんだがら゛!!!!」

この名言は、チョッパーがドラム王国に住む腕利きの医者、くれはに医者になるために医者の技術を教えてもらうように頼んだ時のセリフです。

自分の手で殺してしまったドクターヒルルクの死を悲しみながらも、自分の無能さを悔しがり、なんとか医者になりたいというチョッパーの気持ちが伝わる名言でもあります。

また、ドクターヒルルクの意志を受け継いだチョッパーの覚悟の証でもあり、折れない信念の象徴でもある海賊の旗を掲げながらも叫ぶシーンが感動的です。

 

「そうだ…! やめよう… 逃げるの…!!!こいつに勝とう!!!」

この名言は、空島にて敵の幹部の1人である神官ゲダツとの勝負の時のセリフです。

空島にて仲間とはぐれてしまい、一人で探索に向かったチョッパーの前に突然現れたのが神官ゲダツであり、最初は逃げることだけを考えます。

しかし、攻撃を受けながらも逃げるのではなく、立ち向かって戦い、そして自分も海賊であることをここで自覚するというチョッパーの成長の場面でもあります。

たとえ勝つ見込みの低い相手でも勇気を持って戦う強さが描かれています。

普段優しく、非常に臆病なチョッパーだからこそ立ち向かう時のかっこよさがギャップになって際立つ名言でもあります。

 

「おれの名前は「トニー・トニー・チョッパー」!!!世界で一番偉大な医者がくれた名前だ!!」

この名言は、チョッパーがワポルの部下であるチェスと、クロマーリモが合体した姿のチェスマーリモと戦う時に名乗ったセリフです。

ドクターヒルルクの生き方をバカにした「ワポル」や「チェスマーリモ」を怒ったチョッパーの宣戦布告のシーンでもあり、チョッパーのヒルルクに対する気持ちが伝わる名言でもあります。

自分の名前の紹介でもありながら、チョッパーのヒルルクへの尊敬の念がわかる名言であり、これから戦うチョッパーの活躍にも期待できるシーンです。

スポンサーリンク

 

チョッパーの名シーン一覧

 

キノコをドクターヒルルクに渡すシーン

この名シーンは、チョッパーの尊敬する人物でもあるドクターヒルルクが不治の病だと知り、山の奥にある万病に効くと言われているキノコを、ボロボロになりながらも取ってきたチョッパーの優しさが伝わる場面です。

実はそのキノコというのは、チョッパーの勘違いで猛毒のキノコなのですが、それを知りながらもヒルルクはチョッパーの気持ちを汲み取り毒キノコのスープを飲み干します。

そんなどちらも悪くはなく、思いやりがあって優しい二人の絆がわかるシーンでもあり、非常に泣ける名シーンです。

チョッパーのボロボロになりながら、キノコを出す姿は痛々しいながらも非常に愛くるしいので、多くの読者は涙したのではないでしょうか。

 

チョッパーが仲間に勧誘されるシーン

次に紹介する名シーンは、チョッパーがルフィーに「うるせー!!!いこう!!!」と仲間に誘われる場面です。

チョッパーは今まで青い鼻が原因で、親や他のトナカイの仲間から見捨てられていました。

さらには、悪魔の実を食べたことで獣人のような姿になってしまい、トナカイからも人間からも気持ち悪がられて「化け物扱い」されてきています。

そういった過去があることからチョッパーは、「自分は海賊にはなりたいけど化け物だから仲間になんてなれない」と断ります。

しかし、そんなチョッパーの言い分などなにも聞かず、ルフィは仲間になるように誘う姿は感動的です。

外見などにとらわれないルフィの差別しない大きな心がチョッパーには非常にうれしく、非常に微笑ましい名シーンでもあります。

 

まとめ

今回はワンピースに登場する人気キャラクターであるトニートニーチョッパーの感動の名言と名シーンについて紹介しました。

チョッパーが登場したドラム王国でのストーリーはワンピースの中でも1,2を争うほどの感動シーンであり、多くの人が感動したのではないでしょうか。

ドラム王国のストーリーは映画化もされており、非常に人気でもあるので見ていない方はぜひ見てみてはどうでしょうか。かわいくて優しいチョッパーの活躍が見れます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です