【ワンピース】ビビのかわいいシーンをまとめてみた!!

スポンサーリンク

ワンピースに登場する女性キャラ・麦わらの一味の「もう一人の仲間」であるアラバスタ王国王女のネフェルタリ・ビビ。

かなり長い間、人気を維持したビビの「かわいいシーン」をまとめてみましたので思い出しながら楽しんでもらえると嬉しいです!

>>『【ワンピース】あの感動をもう一度!!珠玉の名言集』はこちらから

スポンサーリンク

ビビとは

ネフェルタリ・ビビ、青い長い髪が特徴でアラバスタ王国王女で現国王であるネフェルタリ・コブラの娘です。現在は18歳です。

幼い頃から王族としての意識が高く、芯の強さがあったビビです。

初登場は青い長い髪を後ろで束ねた髪型で当時の王下七武海・サー・クロコダイルが組織したバロックワークスのエージェントの一人として登場しました。

今のビビとは全然キャラが違っていて、のちにコミックスのウソップギャラリーのコーナーでウソップにその事を突っ込まれ「人には触れられたくない過去があるの」と涙ながらに訴えていました。

それもそうなのです。「バロックワークスに潜入していたから!」という理由だけではなかったようで、尾田先生いわく、「ビビが登場した段階ではアラバスタ編なんて無かった。」とのことでミス・ウェンズデー、バロックワークスのエージェントとして登場した彼女ですがそれ以上の事は考えていなかったようです。

ところがある時、髪をおろしたミス・ウェンズデーを描いてみて、ふと思ったそうです。

「王女っぽーい。」

「少し先に構想していたアラバスタ王国編、もしもこのコがアラバスタの王女だとしたら、どうなるかな?そこから始まったアラバスタ編の構想。」として「今でもファンに愛されているキャラクター」と話していたことがあります。

尾田先生らしい楽しいエピソードですよね。

そんな王女・ビビは登場したあとのワンピース第2回人気投票(24巻収録)で10位を獲得し、女性キャラではナミに次いで2位を獲得しました。

アラバスタ編が終了し、本編に出てくることが極端に少なくなったあとの第3回人気投票(43巻収録)でも15位・女性キャラでは3位を獲得し、第4回人気投票(55巻収録)でも14位・女性キャラでは3位を獲得しました。

スポンサーリンク

ビビのかわいいシーン

最高速度

最初に紹介するのは、ワンピース130話からタイトルは「最高速度」です。

クロコダイルによって内乱が起きているビビの国を救うためにアラバスタへ向かう麦わらの一味でしたが、その途中にナミが高熱を出してしまいます。

医師がいなかった麦わらの一味はサンジの病人食だけが唯一の看護でした。

アラバスタへは、まだ一週間以上かかるがナミの熱は40度を越えていました。

「どこかの海で名を上げたどんなに屈強な海賊でも病気で突然死亡するなんてことはザラにある話…」と伝えるビビの言葉にルフィも医者を探そうと慌てます。

しかしナミは、3日前の新聞にアラバスタの国王軍の兵士30万人が反乱軍に寝返った記事をビビに見せ、アラバスタへ急ぐように言います。

ビビは麦わらの一味にこう言います。

「間に合わなきゃ100万人の国民が無意味に殺し合いをすることになる…」

「みんなにお願いがあるの 一刻の猶予も許されない!だからこの船を“最高速度”でアラバスタ王国へ進めてほしいの!!」

「一刻も早くナミさんの病気を治して…そしてアラバスタへ!それがこの船の“最高速度”でしょう!!?」

いいシーンでしたよね。今でも泣けます。

大量にファンを獲得したシーンでもあると思います。

 

“ね”

次に紹介するのは、ワンピース132話からタイトルは「“ね”」です。

ナミの高熱を治すために医者のいる島へと進路を変えた麦わらの一味でしたが、チョッパーが登場することになる冬島で「ここは我々の国だ!海賊など上陸させてたまるか!!」と島民たちに上陸を拒まれることになります。

サンジに睨みつけられて、怯えた島民によって放たれてしまった銃弾はビビに当たってしまいます。

ルフィは怒ってしまいます。

しかし、ビビは痛みをこらえてルフィを遮り、頭を地面につけ島民に訴えます。

「上陸はしませんから…医師を呼んで頂けませんか!仲間が重病で苦しんでます。助けてください!」

ルフィに船長失格だと言い、加えて「無茶をすれば全て片づくとは限らない!このケンカを買ったらナミさんはどうなるの?」と言いました。

ルフィは船長としてビビと共に「医者を呼んでください 仲間を助けてください」と頭を地面につけてお願いしました。

https://twitter.com/8517mcz/status/807243669539426305?s=19

このあと、村に案内してもらえることになる麦わらの一味ですが、かなり心打たれた方いたと思います。

本当にビビが可愛く、カッコよくて良かったですよね。

女ヶ島で友達のマーガレットの為に、躊躇なく頭を下げたルフィもこの時のビビを連想させて感動しました。

 

ビビの冒険

次に紹介するのはワンピース216話からタイトルは「ビビの冒険」です。

アラバスタ編の終わり、ビビとカルーが麦わらの一味の船に再度、乗るのかどうかという重要なシーンでした。

海軍に囲まれながらもビビたちを待つ麦わらの一味にお別れを言いにきたビビとカルー。

「私 一緒には行けません!今までありがとう 冒険はまだしたいけど、私はやっぱり この国を愛しているから!!だから行けません!」

「私はここに残るけど…いつかまた会えたら!!もう一度仲間と呼んでくれますか!?」

ビビの決断に涙した読者も多かったとおもいます。

海軍がビビに気付いていたのでビビとの関わりを証拠づける返答は出来ませんでした。

なので“仲間の印”を掲げました。

ワンピースの中でも代表的になったこの名シーンは全米へと語り継がれていきます。

>>「ビビは何位にランクイン??ワンピース可愛いランキング」はこちらから

スポンサーリンク

まとめ

以上、ビビのかわいい魅力・人気の理由などをまとめました。

ビビの幼なじみである反コブラ・元反乱軍リーダーのコーザはアラバスタ編終了後、現王国環境大臣になっていることが扉絵で紹介されていました。

現在のビビは、世界会議レヴェリーにてドレスローザから来たレベッカやリュウグウ王国から来た、しらほし姫と友達になっています。

ルフィの話をして盛り上がっているのをみるのは、とても嬉しいですよね。

でも嬉しい反面、やはり他の王女たちとビビを一緒にされるのも、なんだか複雑ですよね。

王女たちの中でも、まとめ役のような位置だと嬉しいです。

今後のビビとカルーの登場にも期待ですね!

>>「ビビは何位にランクイン??ワンピース可愛いランキング」はこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)