【ワンピース】フランキーの名言&名シーン

スポンサーリンク

ワンピースでルフィの7人目の仲間といえばフランキーです。

麦わらの一味では船大工ですが戦闘員としても大活躍していますよね。

今回は、そんな戦う船大工である「フランキーの名言&名シーン」を集めてみました!

フランキー好きの方も、そうでもないという方も楽しんでいただけたら嬉しいです!

>>『【ワンピース】あの感動をもう一度!!珠玉の名言集』はこちらから

スポンサーリンク

フランキーとは

本名はカティ・フラムといいます。

“D”の一族である可能性がありますので覚えておくといいかもしれませんね。

アラバスタのネフェルタリ・ビビとよく似た水色の髪の色をしており登場時はリーゼントヘアでしたが現在、髪型は自由自在でズボンをはかない主義であり、海パン姿が特徴的です。

ウォーターセブン編・エニエスロビー編を経てウソップと共に「3人目と7人目」として正式に仲間に加入しています。

2年後を経て現在は36歳で懸賞金額は9400万ベリーです。

メカに関する頭脳なども脅威レベルだと思いますので懸賞金額は低く感じますよね。

海賊王ゴール・D・ロジャーの船にも使われたとされ、世界にたった数本しかない最強の機「宝樹アダム」でサウザンド・サニー号を作ったのがフランキーです。

「仲間と自分の作った船に乗り、その船が海の果てに辿り着くのを見届ける」という夢を持っています。

水の都ウォーターセブンで船大工稼業を営むコンゴウフグの魚人・トムに拾われ育てられましたが両親は海賊であることが作中明かされています。

スポンサーリンク

フランキーの名言&名シーン

 

「破損したら おれが完璧に直してやる!船や兵器の事は何でもおれを頼れ!!」

最初の名言はワンピース439話から紹介します。

エニエスロビー編を経てフランキーが仲間として加わりサウザンド・サニー号との旅の始まりの時の言葉です。

「お前らが乗ってきたゴーイング・メリー号に出来て この船にできねェ事は何一つない!!全てにおいて上回る!だが!あの船の勇敢な魂は!サウザンド・サニー号が継いで行く!!破損したら おれが完璧に直してやる!船や兵器の事は何でもおれを頼れ!今日からコイツが!お前らの船だ!!」

この言葉は頼り甲斐があるというだけではなくウソップを丸ごと救い上げてくれたような温かな言葉でもありました。

 

「止まれ 海列車ァ!!!」

次の名言はワンピース357話から紹介します。

こちらはフランキーの回想です。

育ての親であるトムさんがエニエスロビーへと連行されていく中、海列車の前に立ちはだかり叫んだ、フランキーのツラい記憶からです。

「止まれ!パッシング・トム!てめェ生みの親をどこへ連れてく気だよ!止まれ 海列車ァ!!行かせやしねェ!トムさんを返せ!!」

命を張るも守りたかった人を守れず、この後フランキーは長い期間、悔いることとなりました。

 

「存在する事は罪にならねェ!!」

次の名言はワンピース375話から紹介します。

エニエスロビー編からです。

ここではCP9のロブ・ルッチがニコ・ロビンに対し「物心ついた時から自分の存在そのものが“罪”」と言っていました。

ロビンも考古学の聖地オハラでのバスターコールのトラウマから「私は一緒にいるだけで彼等を傷つける…!!」と言っており心は前を向いていませんでした。

フランキーは育ての親であるトムから自分の作った船を悪用されたことに対し「どんな船でも作り出すことに“善”も“悪”もねェもんだ!!」という言葉を受けていました。

そんなフランキーがニコ・ロビンに対して言い切った名言です。

「存在する事は罪にならねェ!!」

フランキーの精神の強さが、ハッキリとあらわれた台詞でした。

 

「あいつらの逃げ道はおれが作る!!!」

次の名言はワンピース423話・エニエスロビー編からです。

エニエスロビーから脱出しようとする時のフランキーの心意気を紹介します。

「おれは昔一度死んだ男 麦わら達が生きて ここを出る為なら この命をなげうっても構わねェ!!護送船を空け渡せーっ!!あいつらの逃げ道はおれが作る」

窮地に他人の為に行動できる人というのは、そんなに沢山いるわけではないですよね。

フランキーの素晴らしさが際立った言葉だと思います。

 

「なんのその男は裸 百貫の波に向かって立つ獅子であれ」

次はワンピース437話から紹介します。

こちらはフランキー加入回なので覚えているという方も多いと思われる名シーンです。

ルフィはパンツ一丁であるフランキーの海パンを奪い「パンツを返してほしくば仲間になれ」と言いますがその時のフランキーの台詞です。

「なんのその男は裸 百貫の波に向かって立つ獅子であれ」

しかしトムの元で一緒に兄弟として育ってきたアイスバーグに「もういい加減に!自分を許してやれよフランキー もうてめェの夢に生きていいだろ」と諭され麦わらの一味への加入を決意します。

「仕方ねェ!!世話してやるよ!!おめェらの船の『船大工』!このフランキーが請け負った!!!」となった名シーンです。

ウソップの再加入とフランキーの加入を題してタイトルに「3人目と7人目」とついたことも話題となりました。

 

「おめーは上玉だが残念 おれがスーパーすぎて つり合わねェ」

次の名言はワンピース489話から紹介します。

スリラーバーグ編からです。

フランキーと四皇ビッグマムの娘・ローラとの会話のやり取りです。

ブルックの船の舵と帆を直し、乗れるようにしたフランキーはローラたちにお礼を言われます。

「ありがとう何から何まで世話になるわね!あんた達は礼を言っても言い尽くせない大恩人よ!結婚してあげたいわ」

これに対してのフランキーの返しです。

「おめーは上玉だが残念 おれがスーパーすぎて つり合わねェ」

断り方が斬新すぎます。

ローラのキャラにも沿っているところ、とても好感持てますよね。

スポンサーリンク

まとめ

以上「フランキーの名言&名シーン」でした。いかがでしたか?

フランキーといえばドレスローザ編では、兄であるポートガス・D・エースの形見「メラメラの実」を食べるように頼まれるなど、ルフィからの信頼度は抜群です。

ですが本人は「カナヅチになるのはゴメンだ」と言い、断っていました。

水の都であるウォーターセブン出身ということに誇りがあるのか、麦わらの一味として能力者であるルフィやチョッパー、ロビンらを救えなくなっては困るからなのか詳細は語られていませんが

「みんながみんな能力者になりたいわけではない」ということを教えてくれるこういった所もフランキーらしいですよね。

ワノ国では、どんな新技が公開となるのか楽しみですね!

>>『【ワンピース】あの感動をもう一度!!珠玉の名言集』はこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)