【ワンピース】中将の強さランキング

スポンサーリンク


 
ワンピースは海賊を主人公とした物語ですが、海軍や世界政府などいろんな勢力との闘いも魅力の一つと言えるでしょう。

中でも海軍は海賊を捕まえるための正義の機関とされており、多くの兵が登場します。

また海軍には階級があり、上から元帥、大将、中将、少将、准将、大佐、中佐、少佐、大尉、中尉、少尉、准尉、曹長、軍曹、伍長、一等兵、二等兵、三等兵、雑用に分かれています。

そして少尉以上は海軍将校とも呼ばれるようになります。

少尉以上になると背中に正義と書かれたコートを着用することが認められており、実力がある者たちばかりとなり、悪魔の実の能力者や巨人族なども多くいます。

今回はその中から大将の次に強い「中将」のキャラクターに絞り、「中将キャラクターの強さ」をランキング形式で紹介していきます。

スポンサーリンク

 

ワンピース中将の強さランキング

 

第8位 バスティーユ

https://twitter.com/blackazu_55/status/826794309324115969

バスティーユは巨人族の中将ですが、巨人族としては小柄な部類に入っています。

また顔には角が生えた仮面をつけており、「鮫切包丁」という大きな刀を使うことから「鮫切りバスティーユ」の異名を持っています。

作中ではドレスローザで革命軍のサボと戦うなどの活躍を見せていますが、武器と仮面を破壊されています。

 

第7位 オニグモ

オニグモは常に兜をかぶった長髪の大男であり、髪を自在に操って八刀流で戦うのが特徴です。

エニエス・ロビーでのバスターコールで召集されていたり、マリンフォードの頂上戦争でも姿が見られるなど中将の中では比較的出番の多いキャラクターです。

海賊を倒すためならば友軍のまきぞえにしても攻撃するなど気性の激しい部分も見受けられます。

 

第6位 スモーカー

スモーカーは見た目は海軍とは思えない悪そうな出で立ちで海軍の中でも問題児とされているがしっかりと自分の中の正義を貫くキャラクターであり、「白猟のスモーカー」とも呼ば

れています。

原作の初登場時は大佐の地位でしたが、2年後には「中将」に昇格しています。

性格は普段は口が悪く、海賊相手には一切容赦しないが一般人に対しては優しく、子供のアイスを台無しにしてしまった時には新しいのを買うようにお金を渡すなど優しい面も持ち合

わせています。

スモーカーはロギア系の悪魔の実の、「モクモクの実」の能力者です。

体を煙に変えて自由に移動したり、攻撃を避けるのを得意としています。

先端に海楼石を仕込んだ七尺十手を武器として常に持ち歩いており、葉巻もよく吸っています。

新世界編からは武装色の覇気を使うようにもなったことからかなり強くなっていることは間違いないですが、作中では戦う相手がトラファルガー・ローやドフラミンゴ、シーザーなど

かなり強敵だったこともあり、敗戦が続いています。

モクモクの実は捕縛するときなどに有効ですが、同程度かそれ以上の覇気使いとの戦闘では自分が煙となって戦うと攻撃が当たる体積が必然的に大きくなり、

ダメージを受けやすいことからもデメリットとなっているとヴェルゴに指摘されています。

 

第5位 ジョン・ジャイアント

ジョン・ジャイアントは巨人族の大男の海兵であり、日本刀を武器として戦うのが特徴のキャラクターです。

頂上決戦の時などに登場しており、白ひげに攻撃を仕掛けているのが確認されています。

また世界初の巨人族の海兵でもあります。

 

第4位 モモンガ

https://twitter.com/moria15401/status/936408701253988353

モモンガは中将であり、少しはげた頭と髭が特徴の年配の海兵です。

日本刀を武器に使っており、六式も習得しているなどかなりの実力者であると予想されます。

またマリンフォードの頂上戦争ではルフィを追い詰めているなど、中将の中でも比較的に登場回数が多いキャラクターでもあります。

大太刀を武器に海王類を腹の中から切り裂くことができるなど剣術はかなりの技術を持っていると思われます。

 

第3位 ヴェルゴ

ヴェルゴは海軍の中将に属していますが、実はドンキホーテ・ドフラミンゴの指示で海軍に潜り込んでいた海賊であり、ドンキホーテ海賊団の最高幹部です。

表向きは市民を想うような紳士的発言をしていますが、実際は市民の事など微塵も考えていない冷酷で残忍な性格です。

普段はサングラスをかけているのが特徴であり、癖で飲食後のスプーンや食べ掛けのハンバーグなどがそのまま顔についています。

鬼竹のヴェルゴという異名を持ち、ドフラミンゴから相棒と呼ばれるほどの信頼を持っている実力者でもあります。

また覇気の使い手でもあり、武装硬化や武器の竹竿に覇気を纏わせて使うなど強力な技を使います。

最終的にローに負けていますが、作中ではローをかなり追いつめるなど中将の中でもトップクラスの実力を持っているということが言えます。

 

第2位 つる

つるは通称「大参謀」と呼ばれており、海軍の中将に属しています。

海軍では数少ない女性であり、おそらく女性海軍の中では最高齢だと思われます。

性格は冷静沈着で豊富な知識から海軍を指揮しています。

海軍本部中将であるモンキー・D・ガープや大目付の元海軍本部元帥センゴクなどとは同期にあたることからも長年海軍で活躍していることがわかります。

中将だけに実力もかなりあるようで、他の中将達を「ヒヨッ子」扱いしたり、王家七武海のドフラミンゴもつるの言う事は素直に聞き入れるなどドフラミンゴでもかなわないか苦戦す

るくらいの実力は持っている可能性があります。

つるは「ウォシュウォシュの実」の能力者であり、あらゆるものを洗濯することができる「洗濯人間」です。

洗濯された相手は無力化し、悪い心も洗われ、悪事を行うことができなくなるなどまさに海軍にうってつけの能力です。

洗濯された相手は洗濯物のようにペラペラになり、洗濯ばさみで干すことも出来ます。

また、中将であるため覇気使いでもあるようです。

 

第1位 モンキー・D・ガープ

モンキー・D・ガープは主人公のモンキー・D・ルフィの祖父にあたり、モンキー・D・ドラゴンの父です。

中将の中でもトップクラスに強くゲンコツのガープという異名を持っており、伝説の海兵とされています。。

悪魔の実の能力者ではないですが強力な覇気使いであり、実力だけで言えば大将とさして変わらないと評されています。

性格は孫のルフィに通じるように豪快で自由奔放さが目立ち海軍の中でも問題発言が目立つキャラクターでもあります。

しかし明るい性格で人情味もあることから多くの部下に慕われているなど人望は厚いようです。

元海軍本部大将の青キジもガープに大きな影響を受けており、ガープを恩人として尊敬しているほどです。

ロジャーが生きていたころから活躍しており、ロジャーを捕まえるためにつるやセンゴクの指揮する軍艦に乗り込んで戦闘を数々繰り広げるなどロジャーともある程度戦える力を持っ

ているということが言えることからも中将の中では最強と言えるでしょう。

ガープは幾度となく大将への昇格をコング元帥から勧められていますが、「自由にやるにはこれ以上の地位はいらん」という理由で中将の地位を維持し続けています。

 

まとめ

今回はワンピースに登場する海兵の中の中将のみに絞ったランキングで紹介しました。

中将のレベルになるとそれぞれ、悪魔の実の能力者だったり、覇気使いだったりと王家七部海と同程度くらいの実力は持っているようです。

しかし、作中にはさらに強い猛者も大勢いることからあまり活躍が目立っていないのも現状です。

もしかしたら今後ストーリー上で今まで活躍してこなかった中将たちが活躍するシーンが出てくるかもしれないので、そちらも注目です。

 

涙腺崩壊!ワンピース「チョッパー編」が超感動!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)