【ワンピース】最強キャラクターは誰だ!?全キャラクター総合強さランキングベスト20

スポンサーリンク

 

ワンピースには多くのキャラクターが存在しており、中には懸賞金が5億や10億のキャラクターも存在します。

また、強力な悪魔の実の能力者や未だはっきりとわかっていない謎の体質の持ち主など、ワンピースは強敵ぞろいです。

果たしてワンピースに登場したキャラクターの中では誰が1番強いのでしょうか。

ということで、今回は「ワンピース最強キャラクターランキング」を独断と偏見で作成してみましたのでご紹介します。

皆様の考える“強さランキング”と照らし合わせて楽しんでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

ワンピース最強キャラクターランキング

 

第20位 シャーロット・カタクリ

四皇・ビッグ・マム海賊団のスイーツ3将星、筆頭でNo.2です。

モチモチの実の能力者であり、懸賞金は10億5700万べりーと高額です。

また悪魔の実の能力は“覚醒済み”です。

性格は口数が少なく、完璧クールで兄弟からも憧れられている様子ですが“スイーツタイムが大好き”という、可愛らしい部分もあります。

覇気は見聞色を“少し先の未来が見える”まで極めておりそれはレイリーの耳に届くほどです。加えて覇王色・武装色も合わせ持ちます。

設定として「強すぎない?」説もありましたが作中、無事にルフィに敗れました。

ですがカイドウが気にするほどのビッグ・マム海賊団の幹部の筆頭なので20位にしたいと思います。

 

第19位 ベン・ベックマン

シャンクスの赤髪海賊団の副船長です。

いつも冷静に状況判断していそうなタイプでシャンクスを支えています。

この方、戦闘描写が極端に少ないので考察組からすると難しい位置にいますよね。

銃をいつも所持しています。

四皇の一角、赤髪海賊団の副船長ということと、頂上戦争で黄猿をマークしたのがベン・ベックマンでした。

 

第18位 センゴク

https://twitter.com/DORAPIECETOYKOY/status/966511652517527552?s=19

海軍本部大将経ての元・海軍元帥です。頂上戦争時の元帥で3大将の上にいるのが元帥です。

ヒトヒトの実・モデル大仏です。大仏のように大きくなり強い衝撃波を出します。

エース処刑時にはガープに「自分を押さえつけておけ、でないとサカズキ(赤犬)を殺してしまう」という発言をされていてガープと同等レベルの強さがあると思われます。

海軍元帥時は、ガープがおかき片手に尋ねてきても、いつもガミガミと怒っている印象がありましたが、元帥を退いてからはガープと一緒におかきを食べている感じに“キャラ変済み”です。

しかし頂上戦争では、あれだけの最高戦力ら勢力のトップとして白ひげ海賊団とその傘下を相手にしたわけですから順位は、これ以上は下げたくないものです。

 

第17位 モンキー・D・ガープ

ルフィの祖父で海軍の英雄です。扱えるのでしょうが特に武器という武器も持ちません。砲弾も基本的には手で投げてきます。拳勝負です。

作中一と言っても過言ではない程に豪快なキャラです。役職は中将止まりでしたが“大将の話を何度も蹴っている”ことから強さは大将以上かと思われます。

中将以上の地位に就くと動きにくいそうです。(エースの母であるポートガス・D・ルージュの出産にも立ち会っており、エースの事も海軍から隠して育てていましたからね)

 

ガープって本当のところ、どうなんでしょうかね…

全盛期の頃は海賊王のゴール・D・ロジャーや冥王シルバーズ・レイリー、白ひげ、金獅子のシキらをセンゴクと共に渡りあっていたわけですから高齢といっても、そんなに順位は落ちないのではないでしょうか。

育成の面においても大将になる前のクザンからかなり慕われ憧れられている描写もありますし、エース・サボ・ルフィ・コビー・ヘルメッポと育て上げています。

ただ、まだドラゴンもいますし、もうそろそろルフィにはガープは越えていてほしいという願望も込めまして17位にしたいと思います。

 

第16位 モンキー・D・ルフィ

主人公・ルフィですね。尾田っち自体が「100巻はいく」と公言されていますので現時点では、この辺りが妥当ではないでしょうか。

ドフラミンゴの「一対一ならカイドウ」の言葉通りならワノ国編でカイドウに勝てばランキングは一気に上がることになりますが、作中、ビッグ・マムも乱入しようとしたり、最悪の世代と呼ばれるルーキー・侍・ミンク族たちでの大きな戦いとなることが予想されますので“サシ勝負”自体、流れる可能性も考えられます。

カイドウとの初戦では、カイドウは酔っ払っていて、ルフィはギア4で挑みますが「雷鳴八卦」の一撃で終わっています。

ビッグ・マム海賊団No.2のカタクリとの死闘を経て覇気にも数段磨きはかかっていると思いますので、今後に期待です。

スポンサーリンク

第15位 黄猿(ボルサリーノ)

ボルサリーノは海軍大将であり、「黄猿」と呼ばれています。麦わらの一味の2年間の修行の間に大将の位置から動かなかった唯一の大将です。

また悪魔の実の能力者でもあり、ピカピカの実の能力者です。

飄々としてマイペースな性格であり、サングラスが特徴です。

本気を出している戦闘はあまり描写されていませんが、それでも光速の蹴りやレーザーなど近距離も遠距離も高威力であることからトップクラスの強さと言えるでしょう。

また、ロギア系の悪魔の実の能力者であるため、覇気使いでない限りダメージを受けないという点でも非常に強いと言えます。

ワンピースフィルムZでは元・上官ゼファーから能力に頼り過ぎていると注意されていました。

 

第14位 藤虎(イッショウ)

現・海軍大将です。

ルフィたちが2年修行している間に世界徴兵と呼ばれる制度で大抜擢されました。

大将・緑牛と共に元帥となった赤犬や海軍を去った青雉に引けを取ることがない化け物とされています。

自分のことを「アッシ」と呼びギャンブル好きな一面もあります。

重力刀 猛虎(グラビトウ モウコ)という特殊な刀を扱い、小惑星などを隕石として落下させることができます。

盲目の剣士ですが、ルフィに対し「目ェ…閉じなきゃよかったな。あんたの顔みてみたい」と発言しており、薄汚い世界、見たくもないものを見て絶望し、自ら見えなくしたそうです。

ルフィの事は気に入っていますが海賊のことは基本信用していなく、大将の間にやりたいこととして“王下七武海の完全撤廃”を掲げています。

ドレスローザ編でマンシェリー姫のチユチユの実による“献ポポ”により体力をなくしている上でルフィと交戦していました。

 

第13位 マルコ

通称・不死鳥マルコ。元・白ひげ海賊団1番隊隊長であり、海賊団のNo.2でした。船医でもある優秀な男です。

ゾオン系幻獣種フェニックスで大きなダメージを受けてもすぐに再生することができます。

白ひげ亡き後は、エースと白ひげをシャンクスらと共に弔い、マルコが中心となって行動しているようです。

シャンクスとは勿論、ジンベエやミンク族の王たち共、友好的であり新世界で顔が広いです。

とても人気が高いので、ワノ国でも、活躍してくれると思います。

 

第12位 ビッグ・マム(シャーロット・リンリン)

シャーロット・リンリンは、現・四皇の1人であり「ビッグ・マム」と呼ばれています。

四皇のでは唯一の女性でありかなり大きな体型をしています。

ソルソルの実の能力者であり、寿命を扱い魂を削いで他のものに与えることができるなど、命のないものにも命を吹き込むことができます。

戦闘時も必須となるビッグ・マムのソウルで作られたゼウスとプロメテウスはロギア系の能力のようなものを持っていて覇気が効きません。

5歳の時点で巨人族・エルバフを半壊し、巨人族の英雄ヨルルを倒しています。その後に悪魔の実の能力も得ていますし、懸賞金も5歳で5億ベリーがつき、息子・カタクリは10億を越えてといることからも、現在ではかなりの金額になっていると予想でき、129人の家族による海賊団がいることからも非常に強力な海賊と言えます。

ストーリー展開として寿命を奪うことも与えることも出来ることから“ルフィがインペルダウンで失った“寿命10年”に関わってくるのかどうかと言ったところでしょうか。

 

しかし、“マゼー・カルメル”の写真が弱点であるということと「食いわずらい」という食べたくなったらそのものを食べるまで衝動が抑えられなくなるという謎の病気などもあり、多少付け入る隙や弱点もありますので、四皇の中では順位が低いと思われる方も多いかと思われますが、この順位とします。

ワノ国編では、国に上陸しようとするもカイドウの部下・キングに落とされ、海の中に沈んでいます。

その際、カイドウは「リンリンのガキ共は一緒か」ということを最初に気にしており、結構数、乗っているようだと聞くと「ガキ共は幹部だ!上陸されたら全面戦争になるぞ!!」と言ったことからも単品だとカイドウの敵ではない…?ということでしょうか。

 

第11位 ジュラキュール・ミホーク(鷹の目)

ジュラキュール・ミホークは、王下七武海の一人であり世界で最強の剣士と言われている男です。

鋭い目つきと、整った口ひげ、大きな十字架のような刀を持っていて騎士風の姿をしています。

個人で行動していることが多く、海賊団などにも入っていないうえ、部下ももたないのですが七武海の位置に長くいます。七武海の中でも強さはトップクラスです。

懸賞金などは判明していませんが、かつて左腕があった頃の”赤髪のシャンクス”と幾度となく決闘を繰り広げていたことや、頂上戦争で「赤髪は協定外」と発言したりと四皇・シャンクスと同程度の実力があると思われ、剣の一振りで氷山を切るなど造作もなくできます。

麦わらの一味の2年間の修行の際、元・七武海バーソロミューくまがノノロア・ゾロを意図的に“飛ばした先”でもあり、ゾロの師匠になりました。

スポンサーリンク

第10位 サボ

ルフィとエースの義兄妹であり、ドラゴン率いる革命軍No.2の参謀総長である実力者です。

もともと幼少期のルフィが“優しい”という程の兄弟想いですが記憶を失っていた頃を埋めるかのように、“ルフィが危ないかも”などの情報を聞くと全てを投げ出してでも駆け付けるという溺愛ぶりが板についてきています。

ルフィの父・ドラゴンに戦闘を教わってきているようで、記憶が戻り、ドレスローザ編でルフィと再開後にエースのメラメラの実を継承しましたので強さは増し続けていることが予想されます。

ドレスローザ編では黒ひげ海賊団の幹部を倒していましたし、闘技場では余裕で優勝しました。メラメラの実、獲得後すぐの時点で海軍何万人を一人で足止めしたり大将・藤虎と交戦したりしています。

またワンピース フィルム GOLDでは決着は描かれなかったもののロブ・ルッチとも交戦歴ありです。

人気も爆発的にありますし、サボのことですからメラメラ実を“覚醒”させ、まだまだランキングも上がっていくことは間違いないかと思われます。

 

第9位 青雉(クザン)

クザンは、元海軍本部大将の1人であり「青雉」と呼ばれています。

いつもは“ダラけきった正義”を掲げており、海軍の最高戦力として活躍していましたが赤犬が元帥になることに大反対をしパンクハザード(被害が大きい為)で10日間にもわたる決闘となり赤犬に敗れたことで海軍を去って、現在は1人で行動しています。

ヒエヒエの実の能力者であり、ロギア系です。自在に物を凍らせることが可能です。

それは海でさえも凍らせることができる上に自分も氷になることで、攻撃されてもすぐに元に戻せるため非常に強力と言えるでしょう。

作中ではマリンフォードの頂上戦争にて白ひげの発生させた津波を凍らせて防ぐなど、攻撃にも防御にも使えて汎用性の高い能力です。

ワンピース フィルムZでは赤犬との決闘後の初出しとして左足は氷で作った義足をはめています。右手は大火傷の様子で手袋をつけています。

海軍を抜けた後はワンピースフィルムZなどで麦わらの一味とも友好的のようですし、これからの動きも気になる方ですよね。

 

第8位 白ひげ(エドワード・ニューゲート)

https://twitter.com/onepi_fig/status/1086181149670428672?s=19

エドワード・ニューゲートは元四皇の1人であり、「白ひげ」と呼ばれています。

かつてゴール・D・ロジャーと互角に渡り合い酒を酌み交わす仲です。

グラグラの実の能力者であり、悪魔の実の中でも“最強種”と呼ばれ、黒ひげが欲しがった力です。地震を自在に起こすことができ、頂上戦争時は72歳で病に患って直前まで点滴を常時している状態でありながらマリンフォードの頂上戦争にて死亡する前に唯一サカズキと黒ひげに強いダメージを与えました。

他にも老いや病気によって弱っていても赤髪と空を割るような戦いを繰り広げたり、マリンフォードにて立ったまま亡くなられたりと「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)に最も近い男」や「世界最強の男」とまで呼ばれていたことからも、これくらいの順位が妥当だと思われます。

1対1の戦いはもちろん強い上に、覇気や能力によって大人数相手でも、ものともしない攻撃力は非常に強いと言えます。

背中の逃げ傷“ゼロ”の男ですからね。

 

第7位 赤犬(サカズキ)

サカヅキは海軍本部の大将であり「赤犬」と呼ばれていましたが、大反対されていた青雉との決闘に10日間かけて勝ったことで海軍本部元帥にまで上り詰めています。

ロギア系の悪魔の実であるマグマグの実の能力者で、マグマを自由に操ることができます。メラメラの実のエースを焼き尽くすことが出来たのでメラメラ継承者のサボも心配なほどの強さをもちます。

「徹底的な正義」をモットーにしていることからも、敵とみなしたものには容赦なく攻撃しますが頂上戦争でもマルコら隊長たちの覇気の攻撃は「鬱陶しい」となる程度のようです。

なので、海軍の中ではトップに強いと思われ、四皇とも互角に戦える実力があることからもこの順位としています。

 

第6位 シルバーズ・レイリー

シルバーズ・レイリーは、元・ロジャー海賊団の副船長を務めた人物であり、元・海賊王の右腕であり、冥王とも呼ばれています。丸メガネと白い長髪が特徴です。

現在ではシャボンディ諸島のコーティング職人として生活しており、「レイさん」と呼ばれています。

レイリーは「覇王色の覇気」の使い手でもあり、覇王色の他にも武装色、見聞色と全ての覇気を扱うことができ、2年間ルフィに覇気を教えるなどルフィの師匠のような存在となっています。

78歳と高齢でありながら実力は衰えておらず、肉体も健康的であり、作中では海軍本部大将の黄猿と剣一本で互角に戦ったり、海王類の巣であるカームベルトを泳いで渡ったりします。

海を泳いでいることから能力者ではないことが判明しています。

元・ロジャー海賊団であるうえ“空白の100年”を知りながら処刑されていなく(できないのでしょう)本人は隠居していると発言しています。

それでも現・四皇シャンクスとも交流があり、現・大将黄猿とも戦っており、元・七武海のジンベエ、バーソロミューくま、現・七武海のハンコックやローとも会っているうえで2年後のルフィに「頂点まで行ってこい!!」と送り出していました。

スポンサーリンク

第5位 モンキー・D・ドラゴン

ドラゴンはルフィの実父であり、革命軍のトップとして世界政府からも「世界最悪の犯罪者」として扱われています。

作中、重要な位置にいながら情報や戦闘描写は少なく、2年の修行の間にロビンが過ごした場所なので今後、サボと共に少し情報が出てくるかもしれませんね。

とは言っても七武海だったバーソロミューくまもドラゴンの部下です。No.2のサボは大将・藤虎を1人で相手に出来る強さですし、幹部であるイワンコフやイナズマもインペルダウンで元・看守長マゼランとの交戦歴があるほどの強さです。

戦闘能力は未知数ですが期待度も高い方ですよね。

 

第4位 シャンクス

シャンクスは四皇の一人であり、赤い髪とマーシャル・D・ティーチにつけられた左目の傷が特徴の海賊です。

通称「赤髪のシャンクス」と言われており、赤髪海賊団の船長を務めています。

元ロジャー海賊団の見習いとしてバギーと共に働いていた過去もあります。

覇王色の覇気の持ち主であり、ルフィを助けた時に片手をなくしていながらサーベルを武器として戦います。

作中で五老星からは「暴れさせればこそ手に負えんが、自分から世界をどうしようという男でもない」と言われていることからも実力は認められています。五老星に直接話を通す描写もあります。

性格は基本的にはおおらかで優しく器が大きい人物です。

しかし、自分の仲間などを傷つけた時は怒りを露わにしていることから、仲間想いで義理に厚い人物ということがわかります。

作中での本格的な戦闘描写はありませんが、頂上戦争では“カイドウとの小競合い”直後に戦争を終わらせに、無傷で登場し、赤犬の攻撃を剣で防ぎ、センゴク・赤犬に“おれの顔を立てる”ように言い、センゴクらも話を飲んでいます。その際、鷹の目・ミホークから「赤髪は協定外」と発言させたり、さらに白ひげと少しもめただけで雲を割るなど凄まじい強さがあることがわかっています。

ルフィを海賊の道にたぶらかしたとしてガープに嫌われていますが、ガープにさえ捕まったことがありません。

 

第3位 黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)

マーシャル・D・ティーチは、エースを海軍に引き渡したことで王家七武海になり、そこから脱退したあと四皇となった海賊です。

作者である尾田っちが「見ためが海賊らしい」としお気に入りキャラとされています。

ヤミヤミの実の能力者とグラグラの実の能力者であり、作中で唯一2つの悪魔の実の能力を手にしています。

黒ひげは2つの実を手にすることに成功した時に本人が「全てを無に還す“闇の引力” 全てを破壊する“地震の力” 手に入れたぞ、これでもう、おれに敵はねェ 俺こそが“最強”だ」と言っているくらいなのでラスボス説は有力です。

白ひげ海賊団に長く居たので四皇の強さなど分かったうえでの発言なので、すごくズレているということにもならないと思います。

事実、現・四皇ですしね。

2つの能力を手にする前も4番隊隊長サッチを殺しているうえ、シャンクスに傷を負わせていることからも、実力はかなり上と言えるでしょう。

 

第2位 カイドウ

カイドウは四皇の1人であり「百獣のカイドウ」と呼ばれています。龍になることも出来ます。

ギア4のルフィを酔っ払った状態で「雷鳴八卦」の一撃で戦闘不能にします。

その大きさや耐久面においては確実に1番だと言えます。

なんの悪魔の実の能力者かまだ不明ですが、カイドウの百獣海賊団はゾオン系の悪魔の実の能力者ばかりなのでおそらく何かのゾオン系の能力者であると思われます。

作中では「世界最強の生物」とナレーションが入っていて、上空1万メートルの空島から落ちても無傷(この落ちた所にキッドらが居た)であり、海軍には18回捕まっており、死刑宣告も40回受けていますが首を吊られても鎖が千切れ、くし刺しにするも槍がおれてしまい本人はノーダメージであり、「一対一でやるならカイドウ」とドフラミンゴが最強と認めていることからも最強と言って間違いないのではないでしょうか。

また酔っ払っている描写が多く、死ねない為、白ひげ逝去を聞いたときは「上手くやりやがった」と羨ましがり、自殺願望が強いとされています。

ワノ国編で、どんどん強さが明確になってくると思われます。

 

第1位 ゴール・D・ロジャー

ゴール・D・ロジャー、ポートガス・D・エースの実父であります。

ご存命ではないのですが、やはり、次の“海賊王”の誕生までは、この方をこの位置から外すのは難しいことだと思います。

ルフィを始めとした、とんでもない数の海賊たちが“目指すところ”にいった唯一の方ですから。

冥王レイリー・シャンクスをクルーにもち、白ひげとは酒を酌み交わすほどの仲。

白ひげに自分は“ゴール・D・ロジャー”であり今、”ゴールド・ロジャー”と呼ばれていることに腹を立てていることを話したりしていました。

もちろん、みなさまもご存知の通り敵対する海軍の英雄・ガープとも自分の子を託せる間柄であります。

大海賊時代、この方を越えられないので「四皇」があるのです。

ちなみに最期も海軍に捕まったのではなく自首です。

スポンサーリンク

まとめ

今回はワンピースに登場するキャラクターの中から最強のキャラクターをランキング形式で紹介しました。

ワンピースにはゴールド・ロジャーなど名前だけで実際にちゃんと戦闘描写が描かれていないキャラクターも多くいます。

なので、実際にはランキングも多少変動したり、悪魔の実が覚醒することでまた違うかもしれませんが、2019年の1月現在ではこのランキングになるのではないでしょうか。

ちなみに今年のワンピースのジャンプでの掲載頻度ですが、2019年最初のジャンプにて「今年の抱負」に「BBQを10回やる」と答えていましたので月1休載程度で進んでいくのではないかと予想されます。

>>『【ワンピース】あの感動をもう一度!!珠玉の名言集』はこちらから

スポンサーリンク

涙腺崩壊!ワンピース「チョッパー編」が超感動!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)