【ワンピース】白ひげの名言&名シーン10選

スポンサーリンク

ワンピースに登場する“白ひげ”!!

白ひげは、本名エドワード・ニューゲートといい、総員1600名の白ひげ海賊団船長です。

享年72歳であり、「四皇」として“最もひとつなぎの大秘宝(ワンピース)に近い男”とされていました。

グラグラの実の能力者で、地震・津波を起こすことができ、身長666㎝という大きな体で覇王色・武装色・見聞色を使い、海賊王ゴール・D・ロジャーと唯一互角に渡り合った世界最強の男であります。

自分の船に乗せた男達を「息子」と呼び、家族として接していた白ひげは、“仲間殺し”を唯一にして最大のタブーとしていました。

ワンピース909話では、元白ひげ海賊団一番隊隊長不死鳥・マルコより生まれ故郷である“優しい村”に自分の宝の取り分を全部貢いでいたことが明かされています。

そんな「世界最強“白ひげ”の名言&名シーン」を選びましたので、是非、涙してほしいと思います!

>> ワンピース感動の名言集はこちらから

スポンサーリンク

ワンピース白ひげの名言

 

いや…おれは行けと言ったハズだぜ息子よ

ワンピース552話・マリンフォード頂上戦争からです。

白ひげは悪魔の実欲しさに鉄の掟を破り仲間殺しをしたティーチを“嫌な予感がする”として特例で追わなくていいと言いました。

エースはそれでは殺されたサッチは浮かばれないと言い忠告を無視し、結果、黒ひげとの戦闘に負け海軍へと引き渡されてしまいました。

エースは処刑台から「何故見捨ててくれなかったんだよォ!!」と叫びました。

すると白ひげは「いや…おれは行けと行ったハズだぜ 息子よ」「俺は確かに行けと言ったーーそうだろマルコ」と言いました。

エースは驚きますがマルコも「ああ俺は聞いてたよい!」と白ひげに合わせました。

丸ごと背負う感が、何とも男らしいですね!

 

海賊なら!!信じるものはてめェで決めろォ!!

ワンピース563話・頂上戦争からです。

海軍の策に落ちてしまった白ひげ傘下の大渦蜘蛛スクアードによって刺された白ひげはスクアードを抱擁し…、

お前がロジャーをどれ程恨んでいるか…

それは痛い程知ってらァ…

だがスクアード親の罪を子に晴らすなんて滑稽だ…

エースがおめェに何をした…!?

仲良くやんな…エースだけが特別じゃねェ…みんなおれの家族だぜ…

と諭しました。

エースが“ロジャーの息子”ということで最も動揺する人物としてロジャーにかつての仲間を全滅させられた過去を持つスクアードを使ったことについて白ひげは海軍に対してこう言います。

「まったく衰えてねェなァセンゴク…!見事にひっかき回してくれやがって…」と言い白ひげ傘下の海賊たちの退路を与えてから「海賊なら!!信じるものはてめェで決めろォ!!」と言いました。

器の違いというのは、こういう時に出ますよね。

スポンサーリンク

助けなんざいらねェよ…おれァ“白ひげ”だァ!!!

ワンピース569話・頂上戦争からです。

海軍サイドが白ひげに一斉に攻撃に出ました。白ひげ海賊団は白ひげの援護に入ろうとしますが制止し、こう言います。

来るな!!

こいつらァ これしきでおれを殺せると思ってやがる。

助けなんざいらねェよ…おれは“白ひげ”だァァ!!

一振りすると海兵の幹部たちは一気に片付けられました。

シャンクスとの話し合いの決裂の時にも白ひげは「恐れるに足らん!!おれァ“白ひげ”だ!!」と言っていましたよね。

絶対的自信のみというよりは両方とも不安要素はある中での台詞でしたので自分で自分を鼓舞しているようにも思えますね。

 

おれァ時代の残党だ…!!新時代におれの乗り込む船はねェ!

ワンピース572話・頂上戦争からです。

タイトルは“The Times They Are A-Changin’ ”で有名な話ですよね。

解放されたエースとルフィが息の合った攻撃をしている中、白ひげの声が響きます。

最後の船長命令だ 全員船に乗り込め

お前らとおれは、ここで別れる!!全員!!必ず生きて!!無事新世界へ帰還しろ!!

驚き、嫌がる白ひげ海賊団たちをよそに白ひげは続けてこう言いました。

おれァ時代の残党だ…!!

新時代におれの乗り込む船はねェ!

さらに、海軍に対して「ずいぶん長く旅をした…決着をつけようぜ海軍…!!」と言いました。

なかなか、こんな風に自分を客観的にみて腹くくれるものではないですよね。

読者としても当時とてもイヤでしたが、だからこそカッコ良いのかもしれませんね。

 

ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)は実在する!!!

ワンピース576話・頂上戦争からです。

ロジャーの意思を引き継ぐ者達がいるように いずれエースの意思を継ぐ者も現れる…

“血縁”を断てど あいつらの炎が、消える事はねェ…ーーそうやって遠い昔から脈々と受け継がれてきた…!!

そして未来…いつの日か その数百年分の“歴史”を背負って この世界に戦いを挑む者が現れる…!

センゴク…お前たち“世界政府”は…いつか来る…その世界を巻き込むほどの“巨大な戦い”を恐れている!!

興味はねェが あの宝を誰かが見つけた時…世界はひっくり返るのさ!

誰かが見つけ出す その日は必ず来る…ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)は実在する!!

これが白ひげ最期の言葉です。

スポンサーリンク

ワンピース白ひげの名シーン

 

白ひげ初登場!!

ワンピース234話からです。

赤髪海賊団の新米・懸賞金9400万ベリーのロック・スターがシャンクスから“急ぎの用”として手紙を預かってきたところで白ひげ初登場でした。

そしてこの234話のタイトルは“ご記憶下さいます様に”です。

 

交渉決裂!!


ワンピース434話・タイトル“白ひげと赤髪”からです。

白ひげとシャンクスの四皇同士の接触は交渉決裂で天が割れるまで海軍本部では“最上級厳戒体勢”で待機されました。

スポンサーリンク

白ひげマリンフォードに登場!!

ワンピース551話・マリンフォード頂上戦争からです。

海底から白ひげの船モビー・ディック号が現れます。白ひげと一緒に14人の隊長たちも現れました。

おれの愛する息子は無事なんだろうな…!!

ちょっと待ってな…エース!!

白ひげの登場シーンは頼もし過ぎましたよね!

 

バカな息子をーーそれでも愛そう…

ワンピース563話・頂上戦争からです。

海軍の策にハマった大渦蜘蛛スクアードに刺された白ひげ…

スクアード…おめェ仮にも親に刃物つき立てるとは…とんでもねェバカ息子だ!!

怒ると思われた瞬間、白ひげはスクアードを抱擁しました。

 

バカな息子をーーそれでも愛そう…

そして退路をたたれていた白ひげ傘下の海賊たちに退路を与えました。

>> 「バカな息子をそれでも愛そう」…ワンピース珠玉の名言集はこちらから

 

白ひげ死す!!

ワンピース576話・頂上戦争からです。

死してなお その体屈する事なくーー

頭部半分を失うも敵を薙ぎ倒す姿まさに“怪物”

この戦闘によって受けた刀傷 実に“二百六十と七太刀”

受けた銃弾“百と五十二発”

受けた砲弾 “四十と六発”

さりとてーーその誇り高き後ろ姿には……あるいはその海賊人生に一切の“逃げ傷”なし!!!

立ったまま亡くなりました。

作者の尾田先生も含め、本当に、お見事でした。

スポンサーリンク

まとめ

以上ワンピースの白ひげ名言&名シーンまとめでした。

いかがでしたか。

白ひげは頂上戦争に集中していますので、頂上戦争自体を振り返ることになります。

なので月日が経っても涙が……という方は少なくないのではないでしょうか。

>> ワンピース感動の名言集はこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)