【ワンピース】青キジ(クザン)の名言&名シーン

スポンサーリンク

ワンピースに登場する青雉(クザン)!

今回は、海軍本部に所属する「三大将」の一人でもある青雉(クザン)の名言&名シーンを集めましたので、楽しんでいただけたら幸いです!

>>『【ワンピース】あの感動をもう一度!!珠玉の名言集』はこちらから

スポンサーリンク

青雉(クザン)とは

世界の均衡を司るという三大勢力の一つである海軍本部に所属する「三大将」の一人でした。

海軍の最高戦力とされ、青雉の別名を持ちます。

作中、「三大将」の中でも一番初めに登場した大将であります。

麦わらの一味とは偉大なる航路(グランドライン)・ロングリングロングランドで出会いましたが、途中から交戦となるも、その圧倒的な強さに読者は度肝を抜かれました。

白ひげ海賊団とその傘下の海賊たちとの戦いであるマリンフォードでの頂上戦争にも「最高戦力」として参加し、四皇・白ひげとも交戦しました。

頂上戦争後は、引退する元帥・センゴクから後任として青キジ(クザン)は元帥に推されましたが政府上層部は大将・赤犬(サカズキ)を推薦し、新元帥の座をかけパンクハザードで決闘が行われました。

時系列でいうと“2年”の間の出来事です。

青キジ(クザン)と赤犬(サカズキ)の大将同士の決闘は10日間続き、激闘の末、両者とも大怪我を負った様子で、青雉は敗北し右側の大火傷と右足を失い、海軍を去りました。

決闘の地であったパンクハザードでは現在でも闘いの影響で灼熱と極寒の地に分かれています。

海軍を去った後も扉絵では、かなりの頻度で登場している上、作中、尾田先生総合プロデュースの映画「ONEPIECE FILM Z」でも登場し、人気・重要度はとても高いです。

自然系ヒエヒエの実の能力者で、自分や周囲を一瞬で凍らせることができます。

海水をも凍らせることが可能なので悪魔の実の能力者の“海に溺れる”というデメリットもないといえます。海面を凍らせて、その上を移動したりします。

グラグラの実の能力で引き起こされた大津波をも瞬時に凍らせ防ぐことができました。

海軍時代である22年前の「考古学の聖地・オハラ(麦わらの一味ニコ・ロビンの故郷)」の壊滅に関わっています。

オハラでのバスターコールの中、海軍の裏切り者として親友のハグワール・D・サウロを氷漬けにしたが、サカズキ(赤犬)が一般人の避難船まで攻撃したことに驚愕し、疑問を覚えます。

サウロの遺志として幼少期のロビンを島から逃がし、その後も監視していたりしました。

これを機に「正義」のモットーを「ダラけきった正義」に変えて掲げていました。

ルフィの祖父であるモンキー・D・ガープを強く支持していて、影響も受けているようです。

ガープの性格からしても海軍を去った現在でも繋がっていることが予想されます。

現在は超ペンギン・キャメルと旅をしています。

ドレスローザ編で黒ひげ海賊団と関係していることが判明しましたが、詳細は明かされていません。

スポンサーリンク

 

青キジ(クザン)名言&名シーン

 

「おれの海兵としてのモットーは“ダラけきった正義”だ」

まず最初の名言はワンピース319話から2つ紹介します。

青キジの初登場シーンとなります。

ロビンが青キジに気付き、腰を抜かした様子をみて、麦わらの一味に緊張が走りますが、青キジに戦闘の意思はなく、張りつめる事のない青雉に対してウソップは本当に海軍の大将なのかという発言をしました。

その返しに「オイオイそうやって人を見かけで判断するな おれの海兵としてのモットーは“ダラけきった正義”だ」と言い、ウソップとサンジに「見かけ通りだよ」とツッコこまれていました。

登場時は47歳であり、大将の中でも一番若いです。

 

「やっぱお前ら…今死んどくか」

同じくワンピース319話から紹介します。

青キジの用件はニコ・ロビンと麦わらのルフィを見にきただけということでした。

捕まえもしない、戦いもしないとのことでしたが麦わらの一味と接している間に将来の危険性が高いと判断しました。

「何というか、じいさんそっくりだな モンキー・D・ルフィ。奔放というか つかみ所がねェというか お前のじいさんにゃあ おれも昔 世話になってね…。やっぱお前ら、今死んどくか」

急に敵意をみせた青キジに驚いたのは麦わらの一味だけではなく読者も同じでした。

それだけではなく、強さの格が違い、麦わらの一味が赤子に見えるほどでした。

気分次第で麦わらの一味を壊滅できるだけの力を持っていました。

 

「徹底した正義は…時に人を狂気に変える」

次の名言はワンピース397話から紹介します。

ロビンの回想・オハラ編です。

サカズキは、学者が乗っている可能性があるとして一般人の避難船にまで攻撃しました。

それを見た時に青キジはサウロに「あのバカ程 行き過ぎるつもりはねェよ!」

「徹底した正義は…時に人を狂気に変える」

「正義なんてのは立場によって形をかえる…だからお前の正義も責めやしない」

そしてロビンには「お前をこの島から逃がすことにした サウロが守った“種”は一体何物に育つのか…」

青キジ自体も葛藤している描写は本当に印象に残ります。

 

「…だったら しっかり生きてみせろ…“オハラ”はまだ…滅んじゃいねェ」

次の名言はワンピース433話から紹介します。

エニエス・ロビー編です。

ロビンと青雉の会話での中で青雉は20年前オハラの為に戦った巨人ハグワール・D・サウロと親友であった事を明かします。

サウロの意志を汲みロビンを島から逃がした自分にはその後の人生を見届ける義務があると思っていました。

しかしロビンは20年たっても宿る木もなく追われては飛び回っていて、放置できないと思い、オハラの全てに決着をつけようとしたのです。

青キジが「やっと宿り木が見つかったのか?」とたずねるとロビンは「ええ」と答えました。

「サウロがお前を生かした事は…正しかったのか間違いだったのか…これからお前は その答えをみせてくれるのか?」という質問に「そのつもり…」とロビンは答えていました。

「だったら しっかり生きてみせろ“オハラ”はまだ滅んじゃいねェ」とロビンの背中を押していました。

オハラ編で青キジという人物が特別になったという方も多かったのではないでしょうか。

 

「あらら…ちょっとごめんな兄ちゃん そこどいてくれるか 友達なんだよ」

次の名言はワンピース698話から紹介します。

パンクハザード編でG5・スモーカーが王下七武海ドンキホーテ・ドフラミンゴに「知り過ぎた」という理由で殺されかけたところに、まさかの登場。

「あらら…ちょっとごめんな兄ちゃん そこどいてくれるか 友達なんだよ」と言いながら出てきたのですがドフラミンゴに対して、この言葉をかけることが出来るのは作中でも限られた人物だと思います。

 

「海軍に所属しなくても実行できる事はある 所属しねェから見えて来るもんもある」

https://twitter.com/onepiece150098/status/880768651392991234?s=19

次の名言はワンピース699話から紹介します。

パンクハザード編です。

王下七武海ドフラミンゴがスモーカーを殺そうとした時に現れ、ドフラミンゴはすぐに「お前と戦う気はない…しかし その男の口を塞げねェんなら おれも取るべき行動を変えよう!ーひとつ教えてくれるか お前今…!何者なんだ!クザン!」

これに対して青キジが答えた名言です。

「海軍に所属しなくても実行できる事はある 所属しねェから見えて来るもんもある」

意味深ですよね。

そして海軍大将を辞めて尚、ドフラミンゴにここまで言わせるというところも重要ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

「青キジの名言&名シーン」をまとめてみました!

かなり魅力的な人物のうえ、神出鬼没なところが読者の心を離しません!

黒ひげとの関係やワノ国では登場となるのかなど楽しみですね!

>>『【ワンピース】あの感動をもう一度!!珠玉の名言集』はこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)