【ワンピース】黒ひげの名言&名シーン

スポンサーリンク

ワンピースに登場する「黒ひげ海賊団」の提督であり、四皇の一人でもある「黒ひげ」ことマーシャル・D・ティーチ!!

今回は、謎の多い「黒ひげの名言&名シーン」をまとめましたので、皆様の考察などのお役に立てたら嬉しいです!

>>『【ワンピース】あの感動をもう一度!!珠玉の名言集』はこちらから

スポンサーリンク

黒ひげとは

本名はマーシャル・D・ティーチで現在は黒ひげ海賊団の提督として四皇の一人と呼ばれており、懸賞金額は22億4760万ベリーとなっています。

ワンピースの中でも作者である尾田先生に「最も海賊らしい」と寵愛を受ける最重要人物であります。

元白ひげ海賊団2番隊隊員であり20年以上白ひげ海賊団に所属していました。

白ひげ海賊団4番隊隊長であった仲間サッチから長く探し求めていた歴史上最も凶悪とされる悪魔の実「ヤミヤミの実」を奪い殺害し逃走しました。

白ひげ海賊団に所属している時から四皇シャンクスに傷あとを残す程の実力を持っていた黒ひげは、黒ひげ海賊団を結成し、2番隊隊長であったポートガス・D・エースと引き換えに王下七武海の座につきます。

その後、大監獄インペルダウンのLEVEL6で仲間集めをし、マリンフォード頂上戦争へ乱入。

2つの悪魔の実を同時に有することは不可能とされているにも関わらず“体の構造が異形”らしく、四皇白ひげの遺体から「グラグラの実」を奪うことに成功しました。

現在は自然系「ヤミヤミの実」と超人系「グラグラの実」の能力者で、闇の引力により能力者の実態を引き寄せ、自分に触れている間、相手の悪魔の実の能力を無効化する力と、振動を操り、地震や津波を引き起こすことができる力を持っています。

年齢は40歳であり趣味はギャンブルと歴史研究です。

スポンサーリンク

黒ひげ(ティーチ)名言&名シーン

 

「笑われていこうじゃねェか!高みを目指せば拳の見つからねェ ケンカもあるもんだ」

まず最初の名言はワンピース 225話から紹介します。

空島編ジャヤからです。

空島に行こうとする麦わらの一味を笑い飛ばすベラミーたちの中、ルフィたちに向けて居合わせたティーチが言った台詞でした。

「人を凌ぐってのも楽じゃねェ!!笑われていこうじゃねェか!高みを目指せば拳の見つからねェケンカもあるもんだ」

この時点でティーチが海賊であることは明かされていませんでした。

 

「人の夢は!!終わらねェ!!!」

次の名言もワンピース 225話から紹介します。

ルフィとゾロに向けられた言葉です。

「海賊が夢を見る時代が終わるって…!?えェ!?オイ!!人の夢は!!終わらねェ!!」

登場の際は、敵なのか味方なのか分からない印象でした。

 

「何十年も白ひげの船にいたのは その実が転がり込んで来る確率が一番高ェと思ったからだ」

次の名言はワンピース 440話から紹介します。

エニエス・ロビー編が終わりポートガス・D・エースと黒ひげによる「バナロ島の決闘」での台詞です。

エースにサッチを殺めた理由を話した黒ひげは白ひげ海賊団に20年以上いた理由も語りました。

「何十年も白ひげの船にいたのは その実が転がり込んで来る確率が一番高ェと思ったからだ  運がなけりゃあきらめたが その実はおれの友達の手に入った」

歴史研究が趣味なだけあり、図鑑に載っている悪魔の実は全て覚えていたという黒ひげは、歴史上最も凶悪とされる「ヤミヤミの実」の為に20年以上も白ひげ海賊団に潜んでいたというのです。

黒ひげは正当な理由として話していた事にも驚きましたが、今となっては定着しましたが黒ひげのギャンブラー具合に本当に驚かされました。

 

「やめときな 正義や悪だと口にするのは!!この世の何処を探しても答えはねェだろ」

次の名言はワンピース 543話から紹介します。

インペルダウン編での台詞です。

そうです。「黒ひげといえば」と思っている方も多いと思われる名言です。

ルフィや元王下七武海である海峡のジンベエ、サー・クロコダイル、イワンコフたちを前に敗れるインペルダウン・副署長ハンニャバル。

敗れても立ち上がり、周りに止められるほどの根性をみせるハンニャバルの台詞もとても良いので紹介しますが未読の方は是非読んでみてください。

既読者が震えたシーンです。

「何を貴様らシャバで悪名あげただけの…“海賊”に“謀反人”…!何が兄貴を助けるだ!社会のゴミが綺麗事ぬかすな!貴様らが海へ出て存在するだけで…!庶民は愛するものを失う恐怖で夜も眠れない!か弱き人々に ご安心頂く為に凶悪な犯罪者達を閉じこめておく、ここは地獄の大砦!!それが敗れちゃこの世は恐怖のドン底じゃろうがィ!!出さんと言ったら一歩も出さん!!」

この台詞の後に登場した黒ひげの名言です。

「やめときな 正義だ悪だと口にするのは!!この世の何処を探しても答えはねェだろ くだらねェ!!」

 

「無駄だとは言わねェ この世に不可能という事は何一つねェからな」

次の名言はワンピース544話から紹介します。

インペルダウン編です。

エースを助けに行くというルフィに向けて言った言葉です。

「想像以上に強ェな 以前よりも覇気も上がってる…無駄だとは言わねェ この世に不可能という事は何一つねェからな 空島はあったろう?“ひとつなぎの大秘宝”もそうさ!必ず存在する!!」

 

「だが運命は、お前を守った」

次の名言もワンピース544話・インペルダウン編から紹介します。

インペルダウン内で遭遇したルフィに黒ひげが言った台詞です。

「そこの元七武海『クロコダイル』を討ち取ったのは おめェだってんじゃネェか“麦わらのルフィ”  あの時 七武海の後釜を狙ってたおれとしちゃ お前の首を政府に出すのが最も有効な手段だった。

だが運命は、お前を守った。白ひげの船で大罪を犯したおれを追いかけていたエースは くしくも お前の兄だった!弟を殺しに行くという おれ達を目の前にしてエースの退路は絶たれた。エースの墓前でよく礼を言うんだな あいつが現れなかったら本来死んでいたのは お前だ」

黒ひげも認めるルフィの強運さもすごいですよね。

 

「死ぬも生きるも天任せよ 恐れた奴が負けなのさ!次の一瞬を生きようじゃねェか!!」

次の名言はワンピース549話から紹介します。

インペルダウン編です。

インペルダウンに侵入するも監獄署長マゼランの毒にやられてしまう黒ひげ海賊団。

雨のシリュウが解毒剤で助け、九死に一生を得ます。

その際の台詞です。

「死ぬも生きるも天任せよ 恐れた奴が負けなのさ!次の一瞬を生きようじゃねェか!」

そして、いい仲間になれそうだといい、シリュウは黒ひげ海賊団に加入となりマリンフォード頂上戦争へと向かいます。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ワンピース「黒ひげの名言&名シーン」をまとめてみました!いかがでしたでしょうか?

黒ひげはエースの死に大きな関わりがある為、あまり好きではない・かなり嫌いという方も多いキャラですが白ひげ海賊団に20年以上も所属し、更に尾田先生の寵愛を受けているので、核心に迫るような良い台詞が多いのも事実です。

今後も注目していきたいと思います!

>>『【ワンピース】あの感動をもう一度!!珠玉の名言集』はこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)