【ワンピース】CP0の正体とは!?メンバーを一覧形式でまとめてみた!

スポンサーリンク

かつてロビンを処分しようと、暗殺行為を行い麦わら海賊団を苦しめたのが、世界政府直下の諜報機関「CP9」です。

CP9のさらに上の機関である「CP0」について、まだ少ししか登場しておりませんが、現時点で明らかになっている情報をまとめてみました。

ということで、今回は「ワンピースのCP0の正体」と「CP0のメンバー一覧」をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

CP0とは

世界政府直下の諜報機関が「CP9」です。

彼らは人体の限界を極めた体術「六式」を使い、高い身体能力を持っています。

 

「CP0」はさらにその上の、世界貴族直下の諜報機関です。

世界貴族とは天竜人などと呼ばれますが、世界で最も権力を持っている人たちであり、海軍元帥のセンゴクや赤犬、世界政府全軍総帥のコング、世界政府最高権力の五老星よりも高い立場にいます。

そのため、天竜人たちは傍若無人な振る舞いをし、殺人や奴隷遊びなどが日常茶飯事のようです。

 

CP0はまだ少ししか登場していませんが、アニメオリジナル『ワンピース ~ハートオブ ゴールド~』でCP0の人物が登場しています。

彼はメインキャラクターでなかったためか、鎖の能力を使うマッド・トレジャーにやられてしまいました。

スポンサーリンク

ドフラミンゴの「もっと上」がCP0!?

ドフラミンゴは、頂上戦争で七武海のゲッコー・モリアを処分する際、海軍元帥のセンゴクよりも「もっと上」から命令されたと言っています。

この、「もっと上」について、多様な考察がされていますが、CP0である可能性が高いようです。

センゴク以上ということで、世界政府の権力者か世界貴族に絞られますし、ドフラミンゴが元世界貴族であったことから、世界貴族と関係が深いCP0だと考えると自然です。

また、CP0がドレスローザ編で登場したこと、赤犬と五老星の会話で話題が上がったことなど、「もっと上」がCP0であることを示唆する要素が多くあります。

スポンサーリンク

CP0のメンバー一覧

 

ルッチ

かつて世界政府直下の諜報機関であるCP9のリーダー格であった人物です。

もともとCP9であることを隠し船大工をしており、内気な性格を演じ、腹話術を使い肩の鳩を通してしか話すことができないような人物でした。

しかし、その実態は、幼い頃から政府の英才教育を受けており、任務のためなら手段を選ばず、血や殺しすら正当化するほどの冷酷な性格の持ち主であることが判明します。

また、CP9では、強さを表す指標である、「道力」があります。

一人の海兵が武器を持った状態での戦闘力が、10道力です。

CP9の3番手のジャブラの道力が2180で、2番手のカクの道力が2200であり、そして、ルッチの道力は当時4000と、ずば抜けた実力者でした。

CP9は「六式」という身体の限界を超えた6つの特殊な体術を使いますが、彼は「六式」の全てを極めた最終奥義「六王銃(ロクオウガン)」を使用することができます。

身体能力の増強においては悪魔の実の中で最強と言われる動物(ゾオン)系の、「ネコネコの実」の能力者であり、モデル「豹」に変身した後は六式の力が上がります。

ギア2を習得し大きくパワーアップしたルフィを苦しめました。

 

その後、世界貴族直下の諜報機関のCP0に昇格します。

劇場版「ONE PIECE FILM GOLD」では、世界政府の指令により、海賊ギルド・テゾーロに海軍の軍艦を10隻手配しました。

当然、海軍に反対され、元帥赤犬と言い争うことになりますが、海軍以上の地位があるため、赤犬にすら引けを取りません。

かつてCP9の司令長官であったスパンダムとも立場が逆転しており、CP0で総監を勤めています。

そして、革命軍であり「メラメラの実」の能力を得たサボとも対等に戦っており、戦闘力も高くなっているようです。

 

カク

CP9時代はルッチに続く実力者であり、エニエスロビーではゾロと戦いました。

ウソップのような長い鼻が特徴で、その外見から麦わら海賊団にウソップと見間違われることがあります。

「ウシウシの実」の能力でキリンに変身することができます。

 

スパンダム

もともとCP9で司令長官を勤めていました。

しかし、麦わら海賊団に進撃されたなど小さなことにも大きく動揺し、道力も9と一般海兵以下の戦闘力であり、小物感が強く、ルッチ等の部下からの信頼はほぼありません。

CP0に昇格し諜報部員になってからも、ルッチに子分のような扱いをされていました。

ドフラミンゴの「もっと上」発言の正体がCP0かもしれないということはすでに上で述べましたが、さらにCP0の中でもスパンダムの父親であるスパンダインではないかという考察もよくされています。

スパンダインはロビンの街をバスターコールで焼き払った人物でもあります。

しかし、スパンダムのことを考えると、スパンダインもあまり強いキャラクターではないかもしれません。

 

ステューシー

https://twitter.com/dpampmm1/status/884358538423750656

四皇ビッグ・マムのお茶会に参加した、通称「歓楽街の女王」です。

特に高い戦闘力を持っていない、普通の女性のようでした。

しかし、その正体はCP0のメンバーであり、暗殺能力に優れています。

玉手箱回収のため、かつてのルッチが豹に変身しなければ使うことのできなかった、飛ぶ「指銃(シガン)」を使用し、暗殺を行いました。

また、見た目は若く見えますが、実年齢はかなり高いようです。

サンジとプリンの結婚式で、綺麗なプリンを見て「私の若い頃に似ている」と呟いた際、隣の人に「何十年前だ」と指摘されていました。

スポンサーリンク

まとめ

以上「CP0の正体とそのメンバー」を一覧形式でご紹介しました。

CP0は世界貴族と密接な繋がりがあるということで、高い権力を持っていました。

また、CP0のルッチはサボとやり合うほどの実力を持っています。

以前四皇ビッグマムの過去の回想で、マザー・カルメルが、子供のマムを話題にあげ「海軍なら大将、元帥レベル、CPなら世界貴族の最強の盾になる」と言っていました。

CP0は最強の諜報部員たちであり、上のマザー・カルメルの発言を考えても、CP0のトップは海軍大将レベルの強さがあると思われます。

彼らは船大工であるかと思いきやCP9であったり、歓楽街の女王であるかと思いきやCP0であったりと、身を隠しているため、正体がなかなか分かりません。

これから登場する人物、または過去に登場した人物でも、CP0がいるかもしれませんね。

>>「あの感動をもう一度!!【ワンピース】珠玉の名言集はこちらから

スポンサーリンク

涙腺崩壊!ワンピース「チョッパー編」が超感動!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)