【呪術廻戦】カッコいいキャラは?イケメンランキングベスト10!

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプの大人気漫画『呪術廻戦』!!のイケメンランキングを考察しようと思ったところ『呪術廻戦』って面白いことに、女性キャラがとっても『男前』なんです。

ヒロイン的な立ち位置(本人いわく呪術高専・東京校一年の紅一点)の釘崎 野薔薇(くぎさき のばら)は『超絶男前』ですし

https://twitter.com/jujutsu_PR/status/1158942151847239681?s=19

呪術高専・東京校二年の禅院 真希(ぜんいん まき)は『みんなが認める男前』です。

そんな中、今回はかっこいいキャラを男キャラに絞っての『イケメンキャラ』を作りました。

『イケメンの定義』について考えたのですが、見た目だけではなく、他に類をみない技術を持っていたり、カッコいいエピソードを持っていたり、芯の強い言動があったりと『内面的な部分』を持ち合わせているかでランキングにしました。

なので見た目以外の『イケメン』な理由もつけていきますね。

上の方のランキングは『人気キャラランキング』などと大きく変わらないですが5~10位は、特に皆さまの思っているランキングと比べてみながら楽しんでもらえればと思っています!

 

呪術廻戦イケメンランキングベスト10

 

第10位  裏梅(うらうめ)

初登場は呪術廻戦53話タイトル『完遂』なんですがセリフもなしでした。

再登場は116話タイトル『渋谷事変34』で、漏瑚(じょうご)の退場と交換で出てきました。

裏梅は、とにかく見た目が素晴らしいです。

イケメンエピソードとしては『両面宿儺の信頼を得ている』ということです。

両面宿儺が現世での唯一の『興味対象』は『伏黒 恵(ふしぐろ めぐみ)のみ』です。

その両面宿儺が『またな』と言った唯一のキャラが裏梅です。

裏梅と気付くのに少し間がありましたので、見た目が変わっているのかもしれません。

それでも所作か呪力かで気付くあたり、1000年前の両面宿儺に、かなり近い存在だったはずです。

ただ、この方まだ『男なのか女なのか』明かされていないです。

ですので10位としました。

 

第9位 灰原 雄(はいばら ゆう)

七海 建人(ななみ けんと)の呪術高専時代の同級生です。

高専二年のときに、七海と共に二級呪霊の討伐任務にあたり、実際は『土地神で一級案件』だった為、命を落としました。

彼は見た目もイケメンですし、なんといってもポジティブさが強みなキャラです。

高専一年の時、七海が『一年に務まる任務じゃない』と発言する案件でも『もえている』と発言し、その案件が、おそらく理由は告げられず『滞在が1日』延びても、ガッツをみせた魅力的な人物です。

七海死亡時は、『お迎えに』きていました。

 

第8位 伏黒 甚爾(ふしぐろ とうじ)

呪術界御三家のひとつである禅院家(ぜんいんけ)の出身で、恵の実父です。故人です。

生まれつき呪力を持っていませんが、戦闘の実力とカッコよさはグンを抜いています。

見た目はカッコいいものの、作中では、長くイケメンとは離れた性格として描かれていました。

呪術廻戦113話タイトル『渋谷事変31』で描かれた父子対決の結末を読んだ方は、この順位に納得してくれているのではないでしょうか。

『死んでいる』のに自分の息子と分かり『自死』する『凄み』は、それまでのイメージを払拭しました。

 

第7位 七海 建人(ななみ けんと)

呪術高専・東京校OBで、一級呪術師です。

五条 悟の1つ下の後輩です。

悲しいことにナナミンも呪術廻戦120話タイトル『東京事変38』で真人との再戦により死亡しています。

彼のカッコよさは、『冷静さ』と『憂い』にあります。

残業を嫌う戦闘スタイルと責任感の強さ、学生思いな思慮深さはイケメンそのものでした。

 

第6位 夏油 傑(げとう すぐる)

日本に四人しか存在しない特級術師の一人です。

元呪術高専に在籍しており、五条の同級生で親友です。

現在は故人で身体をのっとられており、特級呪詛師となっています。

ただ彼の『イケメン6位』というのは、呪術高専の学生時代に限らせてもらいたいと思います。

過去編で明かされた夏油の学生時代は、本当に頭もよく、冷静で、強く、カッコよかったのです。

お金でしか物事を判断しないフリーの一級術師の冥冥(めいめい)からも『五条より君を買っていた  ニヒルな笑顔もチャーミングだった』と言われていたほどです。

 

第5位 乙骨 憂太(おっこつ ゆうた)

呪術廻戦の前日譚である『東京都立呪術高等専門学校』の主人公です。

日本に四人しか存在しない特級術師の一人です。

五条の遠縁の親戚です。

無条件の、術式コピーで底なしの呪力の持ち主です。

彼は仲間想いで優しさを兼ね備えた『癒し系イケメン』です。

 

第4位 狗巻 棘(いぬまき とげ)

呪術高専・東京校二年の準一級呪師です。

言葉に呪力をこめて放つ『呪言師の末裔』です。

生まれつきの為、被害が、出ないように普段は『おにぎりの具』で会話します。

しゃけは肯定・おかかは否定、それ以外は作者もあまり分かっていないそうです。

普段の気遣いだけではなく、いざという時の仲間想いの戦闘シーンは数多くあり、イケメンの中のイケメンです。

 

第3位 伏黒 恵 (ふしぐろ めぐみ)

呪術高専・東京校一年で呪術界御三家・禅院家の血筋です。

式神使いで禅院家相伝・『十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)』が術式です。

両面宿儺の『唯一の興味対象』です。

 

第2位 虎杖 悠仁(いたどり ゆうじ)

術式高専・東京校一年の術師です。

宿儺の指を取り込んでも自我を保つことが出来ている『千年生まれてこなかった逸材』です。

彼の人のために自死するシーンや呪術廻戦64話タイトル『そういうこと』で中学時代、虎杖に恋をしていたクラスメイトが別人のようになっていた時に

虎杖は『小沢じゃん なにしてんの?』とさらっと言ったときに虎杖のイケメンさは十分過ぎるほどに伝わりましたよね。

 

第1位 五条 悟

呪術高戦一年担任の特級術師であり、4人いる特級術師の中でも最強とされています。

イケメンでありながら、かるく、おもしろく、強く、思慮深い、そんな五条先生は結局、1位の座が似合いすぎるのです。

スポンサーリンク

まとめ

以上『呪術廻戦イケメンキャラランキング』でした!いかがだったでしょうか?

改めてみると故人が多いなぁといった悲しさと感想はありますが、また素敵なキャラを楽しみにしています!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)