【東京喰種:re】カネキとトーカの関係をどこよりも詳しくまとめてみた!

スポンサーリンク

東京喰種(トーキョーグール)・東京喰種reといえば主人公のカネキ(佐々木琲世)とヒロイン役のトーカですよね!

今回は、そんな二人の出会いから結婚までの関係性の目まぐるしい程の変化を、時系列順に詳しくお届け出来ればと思っています!

 

カネキとトーカの関係性

 

出会い

二人とも無印1巻からですね。

カネキは作中の始めは「リゼ」に恋をしていました。

あんていくに自分と同じく通い、同じ趣味の本を読んでいるリゼに好意を持っていました。

トーカはその、あんていくに勤めているウェイターとしての初登場でした。

ヒデがトーカに一目惚れをしたシーンなんかは、皆様も懐かしいのではないでしょうか。

無印1巻作中において、カネキはトーカをみて「確かに可愛いけど…」という発言をしているものの…、1巻裏表紙の金木研のプロフィールの「like」のところには、「綺麗な言葉・知的な女性」と書かれていますので、どんなに頑張っても両方ともトーカとは程遠いですよね。

トーカは、大食い・リゼにカネキが目をつけられているのを知っていたため、初めて交わした言葉はこんな事でした。

 

カネキをみて…、

「アンタ…何で喰われてないの?」

「えっ…だってリゼに…」

 

お互いが恐怖ですよね。

その後も、「元・人間」であり、喰種化した自分の体が最悪だ、と文句をタラタラと言ったので、トーカは「だったら私は…生れたた時から最悪ってワケ?」とバッチバチです。

カネキも喰種化したばかりでパニックを起こしているので、無理に人間を食べさせようとするトーカに対し…、

「お前ら化け物と違うんだあッ!!!」

「人間の肉なんて喰えるかよッ!!」

と言い合いを続けています。

 

始めの変化

同じあんていくで働く事になった二人の関係性を変えたのは、無印2~3巻での

ヒナミの母親を捜査官に殺され、ヒナミの代わりに真戸呉緒の復讐に走り、無茶を続けるトーカ。

そんなトーカにカネキが「トーカちゃんが死んだら僕は哀しいよ」という言葉を言った時から、2人の関係性が動いたようです。

 

re14巻でヒデにカネキの事を「いつから好きになったの?」という問いに対して、トーカは…、

「私が白鳩(ハト)相手に無茶したとき」

「“私が死んだら哀しい”って…アイツが…そんときかな」

と答えています。

もう本人も「好き」と認識しているくらいなので、関係性が変わった瞬間だったのだと思います。

 

共闘

徐々にカネキとトーカは共闘することが増えていきました。

四方に二人で鍛えてもらったり、月山を相手にカネキは自分の肉を食べさせてトーカが戦ったりします。

 

予感

父親が大好きであったトーカのエピソードと共に、無印8巻ではアヤトがカネキにこんな事を言います。

「最初からテメエは気に喰わなかった…」

「目つき 態度ォ 喋り方が!!」

「クソ親父思い出して胸クソ悪すぎなんだよッ…!!」

 

それともう1つ。

re16巻ではウタが四方に…、

「カネキくんとトーカさんがお店にきたとき、ぼく思ったんだ」

「この二人くっつかないかなーって」

それに対し、四方も…、

「俺もだ」

と返しています。

予感した周囲も多かったわけですね!

スポンサーリンク

 

遠距離

ヤモリとの戦いの後、無印8~12巻あたりまでカネキとトーカは遠距離の状態になります。

トーカは大学受験です。

カネキと同じく上井大学への受験です。

それでもカネキは、依子伝いにウサギの合格祈願のお守りを渡したり…と、カネキサイドは遠目からトーカを見守っている様子でした。

 

佐々木琲世

あんていく戦の後、カネキは「佐々木琲世」となり、喰種の敵であるCCGで働きます。

カネキの頃の記憶はないため、トーカのことも覚えていません。

 

再会

カネキが戻ると信じて、「:re」という喫茶店を四方も営んでいるところに、re1巻で捜査官として現れます。

トーカは記憶がないことも察しているようでした。

そして、ハイセになったカネキ(以下ハイセ)は初対面のトーカにこう思います。

 

ー彼女は微笑んだ

困ったように 少し…哀しそうに。

僕は、こんなに綺麗な人がいるんだ、って

そう、思った。ー

 

記憶がなくても、また惹かれるわけですね。

 

再遠距離

re3~7巻の間は、遠距離風に描かれていましたが、実はハイセは喫茶店:reに通っていたことが、トーカの口からre11巻で明かされています!

そしてトーカがいうには…、

「その間」

「席に座って本を開いて でも 視線はこっち向いてて」

「私、その目に見覚えがあった」

「アンタが“リゼを見ていた目”だった」

 

両思いの確認

上でのやり取りの後、カネキが「僕…馬鹿みたいだ」といい、トーカが「嬉しかった私は、もっと馬鹿みたい?」

ここでハッキリとまた、2人の関係性が変わった瞬間だったと思います。

 

結婚

https://twitter.com/saitamaghoul/status/994204338082861056?s=19

re12巻でカネキとトーカは無事に結ばれます。

忘れもしないのが石田スイ先生は、ツイッターから東京喰種を読めるようにしていたのですが、カネキとトーカの初めてのキスシーンと「結ばれる話」だけは公開しませんでした。

たしか、その125話だけ「コミックスでお楽しみ下さい」みたいなことが書かれていたと思います。

インタビューでもスイ先生は「この話だけは誰にも触らせたくなかった。自分1人で全部描いた。」と仰っていたと思います。

スイ先生にとっては「力作」なわけですが、「見たくなかった」という意見もありました。

なににせよ記憶深くなったのだけは、共通認識だったのではないでしょうか。

 

そして、トーカに子供が出来て結婚します。

喰種の結婚は、できるだけ強く、死んでも消えないくらいの“咬み傷”をつけて「証」を残すことのようです。

その後、結婚式もあげました。

余談ですが、re12巻のオマケページには、過去に亜門に「咬み傷」をつけた事を思いだし亜門に離婚をせまるカネキ……の描写もあり、とても面白いので是非ご覧ください!

 

出産

出産に向けてトーカは「人間の食べ物」を食べます。

カネキは無事に帰還し、家族で暮らしています。

 

re16巻の裏表紙にはプロフィールがあります。

産まれた子は女の子でした。

名前は「一花(いちか)」。隻眼です。

 

カネキとトーカの娘。

人懐っこく、活発な性格。

天然の半喰種で、人間の食事をとることも出来る。

とあります。

好きな食べ物は、「りんご・依子のパン」と書かれていて、最終話の作中でも、トーカが六月からのリンゴを米林から渡され、「ウチの子フルーツ好きなんだ」と答えています。

りんご・半喰種・隻眼というとエトを思い出しますね!

そして、最後の家族シーンでのトーカのお腹は大きくなっています。

 

円満

第2子妊娠です。円満のようですね。

ちなみにスイ先生は、インタビューで「一番はじめが女の子だったので次は男の子がいいかなと思って。」と仰っていました。

 

まとめ

以上「カネキとトーカの関係」でした。

これまでの無印から最終巻までのカネキとトーカを時系列で見てみると、「色々あったなぁ。」としみじみしますね。

トーカの忍耐強さも、改めてみると際立ちますね!!

 

ファン必見!有馬の過去が描かれた東京喰種JACKを無料視聴!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)