【進撃の巨人】リヴァイ兵長のかっこいいシーン12選

スポンサーリンク

 

進撃の巨人の物語の中でも、主人公を抜いて特に人気のあるキャラクターと言えば、一度でも読んだことがある方ならご存じのリヴァイ兵長です。

人類最強とも言われ、一人で一個旅団並の力を持つとも言われるほどの強さを持ち、複数の巨人をも物ともせずに立体機動装置で飛び回り、バッタバッタとなぎ倒していく姿は男でも惚れてしまうほどではないでしょうか。

今回はそんな「最強の男リヴァイ兵長の名場面とも言えるかっこいいシーン」をご紹介していきたいと思います。

 

リヴァイ兵長のプロフィール

https://twitter.com/aas2aWCGhjdpAgm/status/932979363758317568

  • 身長:160cm
  • 体重:65kg
  • 誕生日:12月25日
  • 「人類最強の兵士」と讃えられる調査兵団の兵士長

普段は、貴族のような服装をしているが、かつては王都地下のスラム街の「有名なゴロツキ」であり、エルヴィン・スミスに出会い調査兵団に入団した過去を持っている。

リヴァイはミカサと同じ「アッカーマン一族」だということが判明している。

 

リヴァイ兵長かっこいいシーン12選

 

1.リヴァイ兵長初登場

これは絶対外せないリヴァイ兵長の初登場シーン!

といっても意外とあっさりとした登場シーンとなっており、調査兵団が壁外遠征にいくシーンの中でリヴァイが登場しており、「うるせぇガキ共め・・」の一言のみの意外とあっさりした初登場となっています。

 

2.自由への翼

エレンが巨人化の力で巨大な岩を持ちあげ、巨人によってあけられたウォールローゼの穴を塞ぐ時の場面になります。

エレンが巨人の力を使い果たし、その場に動かなくなってしまったところをアルミンとミカサが助けにきますが、残っていた巨人に囲まれて絶体絶命に陥ってしまった時、そこへ颯爽と現れたのがリヴァイ兵士長でした。

たくさんの巨人を一瞬で片づけ、調査兵団のシンボルでもある自由の翼を見せつけるところは、まさにかっこいいの一言です。

 

3.裁判所で

エレンが人類の敵なのか味方なのかを問われる場面でのこと。

エレンの失言によって射殺さそうになったところをリヴァイが割って入り、演出としてエレンをボコボコにしてしまうという少し酷いシーンとなります。

しかし、その行動はエレンを救うためのものであり、最終的にはみんなを納得させてエレンを調査兵団に預けることに成功しています。

リヴァイの時に非情に、時に優しくといった、人間性を垣間見ることができる重要なシーンでもあると思います。

 

4.頭ポンポン

こちらはアニメオリジナルの場面。

壁外調査に期待を寄せる巨人研究好きのハンジに対し、頭を掴み「(奇行種は)ここだ」と発言するシーンになります。

ちょっとした行動になりますが、こんなイケメン男性に頭をポンポンされたら女性はノックアウトされてしまうのではないでしょうか。

 

5.剣を抜け

壁外調査で女型の巨人に追いかけられている時に見せたシーン。

現状の調査団の状態も何に追われているかもわからない状態のまま、エルヴィン団長を信じて身動きがとりずらい森へ突入し、剣を構える姿はまさに人類最強のイケメン戦士。

 

6.リヴァイの本気

女型の巨人にリヴァイが信頼を寄せていたリヴァイ班のメンバー全員を殺されてしまい、エレンが攫われそうになったところ。

エレンを取り返すためなのか仲間を殺されたことの復讐なのか、ものすごい形相と目にも止まらぬ速さで立体機動装置を操り、女型の巨人に反撃すら許さない刃さばきは圧巻の一言。

その後は、しっかりとエレンを女型の巨人から取り返すことに成功し、有言実行しているところも男前なところですね。

 

7.決め台詞

5年前に破壊され巨人の巣窟となってしまった街を奪還するために壁外に来ていた時のこと。

おとなしくしてろ…、そうしないとお前の肉を…綺麗に削げねぇだろうが…… 。

2体の巨人をたった一人で瞬殺し、余裕の「決め台詞」を放つところは大物を予感させる強さと名シーンでした。

スポンサーリンク

 

8.部下への誓い

7番の後に部下が巨人に食べられてしまい、重傷で瀕死の状態の時のこと。

さっきまで巨人の血が手について汚いと言いながら手を拭いていたのに、部下の血の付いた手を握り返して「約束しよう俺は必ず!巨人を絶滅させる!」と言い放ちます。

同じ血でも部下の血あるいは命は大切であるということをリヴァイ自身が思っていることを強く認識させられたシーンでもあります。

この言葉を言い放った直後部下は生き絶えてしまいましたが、きっと部下の命もこの一言で報われたことでしょう。

 

9.きれいにお掃除

拠点を置くことになった旧調査兵団の本部跡地についたときに掃除をする場面。

巨人の返り血を浴びると「汚ねぇ」と言いながら綺麗に血を拭き取ったりしていたことからも、かなりの綺麗好きであることはうかがえていましたが、まさかの指揮を取っての大掃除。

人類最強でありながら、家事までこなせるというまさに最強でかっこいい?兵長の活躍シーンの一つと言えるでしょう。

 

10.遺品

壁外調査で死んでしまった部下の遺体から遺品を回収するシーンになります。

リヴァイの過去のお話「悔いなき選択」を読まれた方ならわかる通り、実はかなりの仲間思いな一面を持っています。

そのためか、あまり日の目を見ていない部下に対しても優しく弔いをし、その遺品をしっかりと友人に届けてあげています。

ここまで仲間思いなところを見せられてしまうと、なぜ無愛想になってしまったのかが逆に気になってきてしまいますね。

ちなみにこの遺品を届けに行くシーンは、アニメオリジナルとなっています。

 

11.王家の血を引く者

調査兵団の美少女であるクリスタが、実は王家の血を引くレイス家の一族ヒストリア・レイスだったことが判明したあとのこと。

リヴァイはヒストリアが王の座に即位すれば調査兵団が実験を握ることができ、これからもしかしたら死ぬ予定だった人々も救うことができるかもしれないと迫ります。

なかなか即決などできないヒストリアに「なら俺達から全力で逃げろ、俺達はお前を捕まえてあらゆる手段でお前を従わせる」と脅したり、「運命が嫌なら戦え、俺を倒してみろ」と発言したりと、まさに人類の存亡をかけた一言一言に胸が熱くなるシーンと言えます。

最終的には「時間がねぇから今すぐ決めろ!」と鬼の形相で従わせるところもまた痺れるシーンでもあります。

 

12.感謝の言葉

https://twitter.com/HklgBey0Iy54Po4/status/672062089742041088

ヒストリアが女王に即位した時のこと。

ヒストリアは女王の権力をたてに仲間の前で叫びながらリヴァイを殴りつけますが、殴られたリヴァイは笑いながら「お前ら、ありがとうな」と言い放ちます。

この言葉がここまで協力してくれたみんなに対しての感謝の言葉だったのかはわかりませんが、リヴァイが初めて笑い、人に感謝を述べた貴重なシーンでもあります。

 

まとめ

以上、リヴァイ兵長のかっこいいシーンまとめでした!

これ以外にもまだまだリヴァイ兵長が活躍しているシーンはたくさんありますので、みなさんもリヴァイ兵長のかっこいいシーンや名シーンを探してみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)