【進撃の巨人】可愛いキャラランキングベスト20

スポンサーリンク

「進撃の巨人」に登場する女性キャラクターは多くが兵士であるため、男性にも負けず劣らずの強さと格好良さを持ちます。

しかしやはりそこに「可愛いらしさ」も兼ね備えているのが女性キャラクターの魅力!

ということで今回は、容姿・性格を主観的に鑑みて「進撃の巨人」かわいいキャラランキングを独断と偏見で作成してみました!

単行本27巻までのネタバレ注意です!

スポンサーリンク

進撃の巨人の可愛いキャラランキングベスト20

 

第20位 イェレナ

ジークの信奉者であり、彼と共にエルディアの復権を目論むイェレナは、長身と真っ黒な瞳が特徴的な女性です。

元はマーレによって滅ぼされた国の人間であり、無理やり兵士として徴用されていたところ、ジークの巨人の力に心を奪われました。

その真っ黒な目から表情があまり無いように見えますが、ジークの「獣の巨人」に見惚れたシーンや、ピクシスに「エレンに私を知ってほしかった」と弁明する必死な姿にはぐっとくるものがあります。

 

第19位 イルゼ・ラングナー

  • 身長:160cm
  • 体重:58kg

イルゼは第34回壁外調査に参加し、帰還時に巨人と遭遇し一人生き残って徒歩で壁内を目指さなければいけなくなった調査兵です。

森の中で、喋り自分に服従する態度を見せる巨人と遭遇し、そのときのことを詳細に手帳に記しています。

最終的になぜか激昂した巨人によって食われ死亡しますが、彼女の遺体は祀られるように置かれており、巨人の正体や謎に肉迫した人物といえるでしょう。

死ぬ寸前まで手帳に記録を残しており、「戦果」を残したという点で勇敢な女性兵士です。

 

第18位 ダイナ・フリッツ

ダイナ・フリッツは、パラディ島への移住を拒みマーレに残った王家の最後の末裔であり、グリシャの前妻にあたります。

マーレ当局に潜り込んだスパイによってエルディア復権派と引き合わされ、そのリーダーであるグリシャと結ばれることになりました。

息子・ジークの密告によってパラディ島を彷徨う人食い巨人にさせられるという残酷な運命をたどったダイナ。

巨人化させられる前に、夫のグリシャに対して「どんな姿になってもあなたを探し出す」と言い残したシーンには夫婦愛を感じます。

そしてその言葉通り、壁が破壊された際には真っ先にグリシャの家へと向かい、その後妻であるカルラを殺したことを考えると、思わず身震いしてしまいますよね。

 

第17位 ガビ・ブラウン

https://twitter.com/yagi_mee_aiko/status/947715064483557378

  • 身長:138cm
  • 体重:30kg
  • 誕生日:4月14日
  • ガビはマーレの戦士候補生で、12歳の少女です。

大きな瞳にマーレへの忠誠心と固い意志を宿すガビは、任期が残り少ないライナーの「鎧の巨人」を受け継ぐ最有力候補です。

マーレに育まれた歪んだ「エルディア人」観が玉に瑕ですが、12歳の少女らしくおだてられやすかったり家族との会話やお祭りにはしゃいだりする様子や、従兄のライナーを心配する姿は可愛らしいです。

「戦士」としては非常に優秀にも関わらずファルコからの好意にはまったく気づいていないところも鈍感で良いですよね。

かつてのエレンのような危うさも持ち合わせており、色んな意味で目が離せないキャラクターです。

 

第16位 カルラ・イェーガー

エレンの母でありグリシャの妻、カルラ・イェーガー。

顔立ちはエレンにそっくりで、大きな瞳が印象的です。

若い頃は酒場のウェイトレスとして働いており、当時から調査兵団に対しては良くない印象を抱いていたようです。

エルヴィンの前の調査兵団団長であったキースから想いを寄せられていたことからも、魅力的な女性だったことがうかがえます。

疫病が流行した際に自身と両親をグリシャに救ってもらったことをきっかけに、グリシャと結婚しました。

エレンに対しては「偉大になんかならなくてもいい」と生まれてきてくれたこと自体を祝福しており、まさしく「母親の愛」を感じさせてくれます。

スポンサーリンク

第15位 ナナバ

  • 身長:172cm
  • 体重:59kg

ナナバは調査兵団のベテランで、女型の巨人捕獲作戦が遂行されている中、巨人の疑いがある調査兵団の104期新兵を見張っていた調査兵のひとりです。

金髪のショートカットに中性的な顔立ちのナナバは、長らく性別不明でしたが、アニメ版のキャラデザから女性だと考える人が多いです。

最終的にはウトガルド城跡で「獣の巨人」の予想外の行動によってガスを使い果たし、巨人に食われて死亡してしまいますが、頼りがいがあって格好良い女性でした。

 

第14位 ユミル

  • 身長:172cm
  • 体重:63kg
  • 誕生日:2月17日

ユミルは104期の調査兵で、その正体は壁外をさまよっていたところマーレの「戦士」を食べることで人間に戻った元巨人です。

60年ほど壁の外をさまよっていたというユミルは、人間に戻った後壁内へと侵入し、第二の人生を始めます。

しかし、妾の子として家を追い出されたというクリスタの話を聞き、訓練兵団へ。

ウトガルド城跡で巨人に囲まれた際、ユミルは彼女を守るため、マーレの「戦士」から奪った「顎の巨人」の力を使います。

ユミルはクリスタとの関係の中で特に魅力的に見えるキャラクターですよね。

最終的にライナー達を助けることを選んだ姿といい、最後まで最高の女性でした。

 

第13位:ヒッチ・ドリス

  • 身長:168cm
  • 体重:53kg

104期訓練兵団を卒業し、憲兵団へと入ったヒッチ。

エレン達とは別の訓練兵団ですが、10番以内に入った者しか憲兵団への入団許可は下りないため、見た目とは裏腹に優秀なようです。

登場初期はアニやマルロに対するいかにも「保身のために憲兵になった」感を醸し出していました。

しかし、アニが消えてから彼女を心配するような態度をとったり、調査兵団に入ろうとするマルロを必死に止めたり、マルロの死を悼んだりと、だんだんと魅力的な姿を見せています。

 

第12位 イザベル・マグノリア

かつて王都の地下街でリヴァイと共に過ごしていた少女・イザベル。

小柄な体型と可愛い顔立ちをしていますが、男言葉を使っています。

リヴァイによく懐いている様子や、お茶目なシーンにはほっこりとさせられました。

立体起動の扱いや戦闘力やかなりのもので、正規の調査兵からも興味を持たれるほどです。

最初は無理やりの入団でしたが、じきに命を懸けて戦う調査兵団の邪魔をしたくないと思うなど、素直なところが魅力的です。

リヴァイにも物怖じしない元気溌剌とした妹分だったので、スピンオフだけの出演なのが悔やまれるキャラクターですよね。

 

第11位 ピーク

https://twitter.com/yy_202/status/896251612334661633

ピークはマーレの「戦士」であり、「車力の巨人」を宿す少女です。

長い黒髪に伏し目がちの瞳が特徴的な彼女は、マーレが「車力の巨人」を任せるに足ると断じるほど利発的で判断力があります。

四つん這いになって移動する「車力の巨人」は持続力が高く用途に合わせた兵装が可能なことから戦争に利用されることが多いようで、長期間の巨人化のたびに彼女は「二足歩行を忘れてしまう」そうです。

その気怠げで物憂げな雰囲気は壁内の女性兵士にはあまり見られないもので、かえって魅力的にうつります。

スポンサーリンク

第10位 フリーダ・レイス

フリーダはヒストリアの異母姉であり、元「始祖の巨人」の継承者です。

104期の男性陣から「女神」と言われるほどの美少女、ヒストリアによく似た顔立ちと長い黒髪が特徴的な容姿をしています。

領地を歩き回って領民を明るく労っており、誰からも好かれていたフリーダは、誰からも疎まれていた使用人の子・ヒストリアのことも気にかけ、読み書きを教えたり遊んでいたりしていました。

妹であるヒストリアに「おねぇちゃんみたいになりたい」と言われ、嬉しさのあまり照れながらヒストリアを抱きしめる姿には飾らない可愛さがあります。

 

第9位 二ファ

二ファは調査兵団の兵士であり、分隊長であるハンジの部下です。

おかっぱにアルミンとよく似た顔立ちが特徴的です。

女装した姿でひとりの男を夢中にさせたアルミンに似ているということから、作中でもそこそこの美人に分類されると思われます。

性格がよく知られないままにケニーに殺されてしまったのですが、リヴァイとの会話で少し照れているような部分が見受けられ、顔立ちと合わせてそのシーンが可愛らしいことから第8位にランクインです。

 

第8位 サシャ・ブラウス

  • 身長:168cm
  • 体重:55kg
  • 誕生日:7月26日

サシャは訓練兵団入団式の最中、鬼教官の前にも関わらず芋を貪り食っていたという伝説を持つほど食べることが大好きな少女です。

空気を読まないことに定評のあるサシャですが、実は訓練兵になるまで故郷の外と関わったことがなく、「よそ者」と関わることに怯えていました。

そのため馬鹿にされることを恐れ、故郷の訛りのある言葉遣いではなく同期に対しても敬語を使っていたほどです。

無神経なときは限りなく無神経なのですが、繊細なところはかなり繊細というギャップが可愛らしいですね。

そんなサシャが殻を破り、臆病な自分を乗り越えたときにはグッときたものです。

 

第7位 ミーナ・カロライナ

ミーナは黒髪おさげの少女で、トロスト区で行われる訓練ではエレンと同じ班に所属していました。

調査兵団に入って巨人を駆逐するというエレンの熱意に感化され、調査兵団を志していました。

正直なところ、あまり性格は明らかになっていません。

というのも、ミーナはトロスト区防衛戦にて無知性巨人に食われ、かなり早い段階で物語から退場しているからです。

地味めとはいえ、それなりに可愛い容姿をしていただけに無念のキャラクターです。

ミーナについてはこちらに詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

【進撃の巨人】可愛いミーナについて詳しくまとめてみた!

2018.05.08

 

第6位 リコ・ブレツェンスカ

  • 身長:156cm
  • 体重:52kg

リコは駐屯兵団所属の兵士で、銀髪に眼鏡が特徴的な女性です。

班長という肩書きの通り駐屯兵団の中ではかなりの精鋭で、トロスト区奪還の際には作戦自体に否定的ながらもイアンの指示に従いエレンを守ることに尽力しました。

兵士らしく男性と対等に渡り合う強い女性なのですが、トロスト区奪還が生還した際には人類の初めての勝利と仲間の死が無駄にならなかったことに対して涙を流しており、そのシーンに心を掴まれた人も多いのではないでしょうか。

「進撃の巨人」では数少ない眼鏡っ娘ということもポイントが高いですね。

スポンサーリンク

第5位 ハンジ・ゾエ

  • 身長:170cm
  • 体重:60kg
  • 誕生日:9月5日

ハンジは調査兵団の兵士で、壁が壊される前から生き残っている猛者です。

性別不詳ということになっていますが、アニメ版でのキャラデザに胸の膨らみがあったり、実写版では女性が演じていたりと、女性の可能性が高いキャラクターです。

ハンジといえば特徴的なのは、巨人に対するあくなき興味ですよね。

部下に「死に急ぎすぎです」と慌てて止められるほど巨人の知識に対して貪欲でパワフルな姿が魅力的です。

一方で、壁の秘密を黙っていたニック司祭に本気の怒りを見せたり、大切な人の死を受け入れられないミカサの気持ちに寄り添ったりと、真剣な姿にも心を掴まれるキャラクターです。

 

第4位 アニ・レオンハート

  • 身長:153cm
  • 体重:54kg
  • 誕生日:3月22日

アニは104期訓練兵団を第4位の成績で卒業した優秀な兵士で、寡黙でぶっきらぼうな一匹狼です。

彫りの深い金髪美人なのですが、対人格闘では父に伝授された格闘術を駆使し無敵を誇ります。

アニはマーレの「戦士」であり、「女型巨人」をその身に宿しています。

「女型の巨人」として多くの人間を殺してはいますが人の心は失っておらず、秘密を知られたマルコを見殺しにしたときや、エレンを奪い損ねたときには涙を流していました。

特に父との約束を思い出しているときのアニは切なく、普段のクールな姿もいいですが、滅多に見せない人間的な一面には心惹かれるものがあります。

 

第3位 ペトラ・ラル

  • 身長:158cm
  • 体重:55kg
  • 誕生日:12月6日

ペトラはリヴァイ班に所属していた調査兵であり、普段は「優しいお姉さん」といった感じの可愛らしさを持ちます。

エレンのことも気にかけ優しくしている一方で、エレンが無許可で一部巨人化してしまった際には容赦なく刃を向けるなど、兵士としても優秀です。

リヴァイにとても憧れていたようで、リヴァイ直々にリヴァイ班として指名を受けたときから、リヴァイに全てを捧げる覚悟をしていました。

そういった優しく一途で可愛らしく、でも甘くはないという理想のお姉さん的可愛さの一方で、オルオに対しては若干引き気味の態度をしていたり、激昂した際には乱暴な口調になったりと、ギャップがあるのもペトラの魅力です。

ペトラの「可愛らしさ」はこちらに詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

【進撃の巨人】超可愛い!ペトラの「かわいらしさ」をまとめてみた!

2018.05.04

 

 

第2位 ミカサ・アッカーマン

  • 身長:170cm
  • 体重:68kg
  • 誕生日:2月10日

ミカサは100年に一度と呼ばれるほどの逸材であり、調査兵団でも精鋭に並ぶ実力を持ちます。

普段は冷静沈着なのですが、エレンに危険を及ぼすものには容赦をせず獰猛な態度をとる、作中屈指の恐ろしい少女です。

しかし、エレンが死亡したと聞かされたときには一度命を投げ出しかけたり、エレンが「女型の巨人」に攫われたときには精神が不安定になっていることが分かる揺らいだ表情をしたり、エレンがライナーとベルトルトに攫われたときには弱々しく蹲り弱音を吐いたりと、エレンに依存してるが故の精神的弱さも見せています。

https://twitter.com/narukami2/status/848093202116521985

特に、エレンと共に絶体絶命に陥り、ここが最期だと悟ったときには、涙ながらに笑顔で、エレンに過去自分を救ってくれたことに対してのお礼を言っており、そのときの表情やアニメ版の声には誰しも心を奪われるでしょう。

普段の頼もしさとそういった弱さのギャップが誰よりも大きく、そこが可愛いところでもあります。

「ミカサの可愛いシーン」をこちらにまとめていますので、あわせてご覧ください。

【進撃の巨人】ミカサの可愛いシーン17選

2018.01.17

 

第1位 ヒストリア・レイス

  • 身長:145cm
  • 体重:42kg
  • 誕生日:1月15日

ヒストリアは隠れた王家・レイス家の主人と使用人との間に生まれた子ですが、その不名誉からクリスタ・レンズとして104期訓練兵に入団しました。

クリスタとしての彼女は、異母姉であるフリーダの言った通りに優しく慈悲深い性格で、サシャやアルミン、ジャンには「女神様」と思われたり、ライナーに至っては「結婚しよ」と思われるほど人気でした。

容姿も可愛らしく、アルミンは彼女の特徴として「可愛い」を挙げていたほどです。

しかし、実は彼女は「優しくていい子のクリスタ」を演じていただけであり、ユミルの言葉でその殻を破り、素の「ヒストリア」として生きることになります。

女神様のような存在であったクリスタが消えてしまった「ヒストリア」も、十二分に魅力的で可愛い少女です。

確かに「クリスタ」のように模範的な「いい子」ではないのですが、自分は空っぽだと卑下する様や、それを素直に吐露する姿にはありのままの魅力があります。

そこからまた一つ殻を破り、最終的に彼女は「自分なんかいらないって泣いてる子に、そんなことはないと伝えに行きたい」と自分のしたいことを自覚します。

今まで成長を見守ってきたからこその可愛さ、魅力を感じることができるのです。

演技だったクリスタも、ありのままの姿もどちらも可愛いという素晴らしいキャラクターがヒストリアなのです。

スポンサーリンク

まとめ

以上「進撃の巨人可愛いキャラランキング」はいかがだったでしょうか?

「進撃の巨人」には他にもたくさんの魅力的な女性が登場します。

これからも戦場で生きる「進撃の巨人」の女性キャラの活躍に注目です!

スポンサーリンク

進撃の巨人season3を無料視聴!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)